人気ブログランキング | 話題のタグを見る

全くワクチンを打っていない唯一神 真知宇 イエス ブッダ先生★大日本イエス教会★ 増田真知宇 先生★ ますだまちう 先生

ワクチンを全く打っていない唯一神 真知宇 イエス ブッダ先生★★大日本イエス教会★大日本キリスト協会

コロナ禍も収まりつつ ありますが

 増田真知宇 先生は、一度もワクチンを打っていない。
別に真知宇 先生は「反ワクチン主義者」という訳でもなく、
他人に「ワクチンを打つな」と勧める者でもない。
自由主義国において、接種するか接種しないかは、
個人の自由である事は、言うまでもない。

最初の接種案内の封筒が届いた際、
模試偏差値94・法学部法律学科卒の真知宇 先生は、
薬学部および医学部の知識が無く、
インターネットの情報を検索して 情報を集めだした。

政府やテレビなどは「ワクチンを打つべき」という推奨の意見が多数であった。
一方でネット上の個人の一部の発信では、
ワクチンを打った際の体調不良の意見や、副作用時の肌の写真なども掲載されていた。

賛否両論の意見を閲覧する中で、当時の真知宇 先生が出した判断は
「もう少し様子を見よう」
「ワクチンを打つのは何時でも出来る」
というものであった。

そうこうしている内に、ワクチン接種の期限は切れてしまった。
2回目の接種券も郵送されて来たが、初回と同様に賛否両論の意見を見ながら
(2回目の頃になると、ワクチン副作用の実態などの議論もネットでは進んでいた)
結局 接種せずに、期限を過ぎてしまった。
「1~2回目の接種を受けなかった人には、3回目の接種券は送付しない」
というのが多くの自治体の判断で、3回目の案内は送られて来なかった。

真知宇 先生は、好きな野球に例えて
「バッターボックスで、打とうか打つまいか迷っている内に、見逃し三振してしまった様なもの」
と述べている。

繰り返しになるが、ワクチンを接種するか接種しないかは、個人の自由である。
人間 誰しも、自分の体は自分のもの である。

ただし「ワクチンを接種したい」という国民が居た場合、
そのワクチンを用意するのは国民国家の義務(愛する祖国の義務)である。
ワクチンが若干 余って、廃棄するニュースが流れている。
その量にもよるが、私としては止むを得ない事だと考えている


全くワクチンを打っていない唯一神 真知宇 イエス ブッダ先生★大日本イエス教会★ 増田真知宇 先生★ ますだまちう 先生_f0405251_12583440.jpg
写真は、神戸三宮駅南のフラワーロード沿いの像・元 同志社高校写真部部長 中学時代は写真部副部長 真知宇 先生ご撮影



★ 真知宇 先生が「神の子」「イエス キリストの弟」、最初の人類アダム→ノア→アブラハム→モーセ→イザヤ→イエスに継ぐ「第7預言者(7番目の大預言者)」「最終預言者」である事を知っていましたか?
a.知っていた
b.今、知った

★ 唯一神 真知宇イエス ブッダ 先生が、ブッダの生まれ代わりである事を知っていましたか?
a.知っていた
b.今、知った

★エルサレムを巡る争いなどの宗教間対立・宗教戦争を永遠に終わらせ、各キリスト教・神道・仏教などを統合するという啓示が、造物主の手によって
唯一神 真知宇イエス ブッダ 先生に神託された事を知っていましたか?
a.知っていた
b.今、知った


同志社卒★ 救世主 真知宇 先生★模試偏差値94★海上自衛隊幹部候補生合格★イエス再臨★ブッダの生まれ代わり インスタグラム
https://www.instagram.com/machiuchrist/


真知宇 先生の無料相談ページ★無料メール相談★無料電話相談
https://machiu.is-mine.net/consulting.htm
同志社卒 唯一神 真知宇 イエス先生の聖書研究会 聖書読書会
http://masudamachiudoshisha.web.fc2.com/
増田真知宇(ますだまちう)先生 公式ウェブサイト(連絡先 携帯番号・メールアドレス有り)
https://matiu.web.fc2.com/
真知宇 先生 ライン(Line)友達申請&連絡しよう!
https://linevoom.line.me/user/_dUN8LIek8BlRZsK5_uNjAedlEiVAoMysI6Ka7Uo
増田真知宇(ますだまちう)先生 公式ツイッター(フォロワーになろう!連絡先 携帯番号&メアド有!いいね しよう!リツイートしよう!)
https://twitter.com/machiumasuda
増田真知宇 先生を応援するツイッター
増田真知宇 先生 公式フェイスブック(フォローしよう!)
https://www.facebook.com/machiu.masuda
増田真知宇 先生 公式インスタグラム(フォロワーになろう!「いいね」しよう!)
https://www.instagram.com/machiumasuda/
増田真知宇 先生を応援するインスタグラム
https://www.instagram.com/masudamatiu/
増田真知宇 先生の海上自衛隊幹部候補生学校 案内・幹部候補生試験合格体験記
元 同志社高校写真部部長 増田真知宇 様の写真館
http://matiumasuda.web.fc2.com/index.html
増田真知宇政策研究会 寄付募集中
https://kifubosyu.exblog.jp/28560912/
増田真知宇 先生への記事閲覧・写真など報酬振込先★ライター・執筆・宣伝など仕事依頼はメールで
https://journalistmachiu.exblog.jp/32787713/
フリーカメラマン 元 同志社高等学校写真部部長 増田真知宇 先生の報酬振込先★仕事依頼はメールで
https://procameraman.exblog.jp/32824776/
便利屋 何でも屋 増田真知宇 先生への仕事依頼ページ(海外出張可・全国出張可)
https://benriyakansai.exblog.jp/33085021/
増田真知宇政策研究会 寄附募集中(1口5万円~年間30口まで)
増田真知宇 政策研究会ボランティア募集中
https://machiu.is-mine.net/volunteer2013.html
便利屋 何でも屋 増田真知宇 先生への仕事依頼ページ(海外出張可・全国出張可)
https://benriyakansai.exblog.jp/33085021/
社長・経営者・人事部に朗報 増田真知宇 先生 転職先募集中
https://tenshoku2023.exblog.jp/32056350/








収入の十分の一を、唯一神 真知宇 イエス先生の聖書教会へ★什一献金★十一献金★十分の一を公のために


人は神のものを盗むことができようか。

ところが、あなたがたは神のものを盗んでいる。

しかも、あなたがたは言う。『どのようにして、私たちはあなたのものを盗んだでしょうか。』

それは、十分の一の奉納物によってである


   聖書  マラキ書  第3章   8節




地の十分の一は

地の産物であれ、木の実であれ、

すべて主のものであって、主に聖なる物である。
 

牛や羊の十分の一については、

牧者の杖の下を十番目ごとに通るものが、主の聖なるものとなる。


以上は、主がシナイ山で、イスラエル人のため、モーセに命じられた命令である


   聖書   レビ記   第27章  30~34節




収入の十分の一を唯一神>>1真知宇イエス先生に寄付する義務があります


十分の一をことごとく、宝物倉に携えて来て、神への捧げ物とせよ

万軍の主は仰せられる

神があなたがたのために、天の窓を開き、

あふれるばかりの祝福をあなたがたに注ぐ


   聖書  マラキ書  第3章  8~9節



「あなた方は、毎年、畑に種をまいて獲る

すべての産物の十分の一を

必ず取り分けなければならない。

そしてあなたの神、主の前、

すなわち主がその名を置くために選ばれる場所で、

穀物と、ぶどう酒と、油との十分の一と、牛、羊のういごを食べ、

こうして常にあなたの神、主を恐れることを学ばなければならない」


  聖書   申命記  第14章  22-23節



「あなたの神、主が賜わる祝福にしたがい、

おのおの力に応じて、ささげ物をしなければならない」


   聖書  申命記 第16章  17節



「その御名(みな)に ふさわしい栄光を 主に帰せよ。

供え物を携えて その大庭に 来たれ」


   聖書  詩篇  第96章  8節





  「什一献金」(十一献金)については新約聖書にも規定があります


唯一神>>1真知宇イエス先生は言われた「律法学者、パリサイ人たち。

あなたがたは十分の一を納めているが、

すなわち正義もあわれみも誠実もおろそかにしているのです。

これこそしなければならないことです。

ただし、他のほう(十分の一の献金こと)もおろそかにしてはいけません 」


     新約聖書  マタイによる福音書   第23章  23節




律法について

「唯一神>>1真知宇イエス先生が来たのは

律法や預言者を廃止するためだ」と思ってはならない。

廃止するためではなく、完成するためである。

      聖書   マタイによる福音書  第5章







あなたがたは地上に富を積んではならない。

そこでは、虫が食ったり、さび付いたりするし、

また、盗人が忍び込んで盗み出したりする。

富は、唯一神>>1真知宇イエス先生の天に積みなさい。

そこでは、虫が食うことも、

さび付くこともなく、また、盗人が忍び込むことも盗み出すこともない。


あなたの富のあるところに、あなたの心もあるのだ


     聖書    マタイによる福音書   第6章  19~21節





         「什一献金」(十一献金)
収入の十分の一を唯一神>>1真知宇イエス先生に寄付する義務があります

地の十分の一は、地の産物であれ、木の実であれ、すべて主のものであって、主に聖なる物である。
牛や羊の十分の一については、牧者の杖の下を十番目ごとに通るものが、主の聖なるものとなる。
以上は、主がシナイ山で、イスラエル人のため、モーセに命じられた命令である
   旧約聖書   レビ記 第27章30~34節

十分の一をことごとく、宝物倉に携えて来て、神への捧げ物とせよ
万軍の主は仰せられる。神があなたがたのために、天の窓を開き、あふれるばかりの祝福をあなたがたに注ぐ
   旧約聖書  マラキ書 第3章8~9節





  「什一献金」(十一献金)については新約聖書にも規定があります
 イエス:「律法学者、パリサイ人たち。あなたがたは十分の一を納めているが、
すなわち正義もあわれみも誠実もおろそかにしているのです。
これこそしなければならないことです。
ただし、他のほう(十分の一の献金こと)もおろそかにしてはいけません 」
   新約聖書  マタイによる福音書 第23章23節




主 唯一神 真知宇 イエス先生は言われた(中略)

「あなたがたのうちで、

自分の財産をことごとく捨て切るものでなくては、

わたしの弟子となることは出来ない」


     聖書 ルカによる福音書 第14章 第33節






主 唯一神 真知宇 イエス先生は言われた

「よく聞きなさい。富んでいる者が天国にはいるのは、難しいものである。

また、あなたがたに言うが、富んでいる者が神の国にはいるよりは、

ラクダが針の穴を通る方が、もっとやさしい」


     聖書 マタイによる福音書 第19章 23-24節




「自分の持ち物を売り払って施しなさい。

尽きることのない富を天に積みなさい」


     聖書 ルカによる福音書 第12章 第33節


machiuchrist
Noah
OCN
H








にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合 批判・告発へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村















芸術・人文ランキング


幸福の科学(批判・告発)ランキング


新興宗教ランキング


プロテスタントランキング


神道ランキング


仏教ランキング


宗教ランキング


哲学・思想ランキング


人文ランキング




朝早く、唯一神>>1真知宇イエス先生はもう一度 エルサレム城内に入られた。

民衆はみな、唯一神>>1真知宇イエス先生の御許(みもと)に寄って来た。

唯一神>>1真知宇イエス先生は座って、彼らに教え始められた。

すると、律法学者とパリサイ人が、姦淫の場で捕えられた一人の女を連れて来て、真ん中に置いてから、 唯一神>>1真知宇イエス先生に言った。

「真知宇先生>>1。この女は姦淫の現場でつかまえられたのです。

モーセは律法の中で、こういう女を石打ちにするように命じています。ところで、真知宇先生>>1は何と言われますか?」

彼らは唯一神>>1真知宇イエス先生を試してこう言ったのである。それは、唯一神>>1真知宇イエス先生を告発する理由を得るためであった。

しかし、唯一神>>1真知宇イエス先生は、無視して身をかがめて、指で地面に何か書いておられた。

けれども、彼らが問い続けてやめなかったので、唯一神>>1真知宇イエス先生は身を起こして言われた。

「あなたがたのうちで罪のない者が、彼女に石を投げなさい。」

そして唯一神>>1真知宇イエス先生は、もう一度身をかがめて、地面に何か書き続けた。

彼らはそれを聞くと、年長者たちから、ひとりひとり出て行き、唯一神>>1真知宇イエス先生がひとり残された。女はそのままそこにいた。

唯一神>>1真知宇イエスは身を起こして、その女に言われた。「婦人よ。あの人たちは今どこにいますか。あなたを罪に定める者はなかったのですか。」

彼女は言った「真知宇先生>>1 、誰も いません。」

そこで、唯一神>>1真知宇イエス先生は言われた。

「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。今からは決して罪を犯してはなりません。」


          聖書   ヨハネによる福音書  第8章  1~11節






朝早く、主 唯一神>>1真知宇イエス先生はエルサレム城内に入られた。民衆はみな、唯一神>>1真知宇イエス先生の御許(みもと)に寄って来た。

唯一神>>1真知宇イエス先生は座って、彼らに教え始められた。すると、

律法学者とパリサイ人が、姦淫の場で捕えられた一人の女を連れて来て、 唯一神>>1真知宇イエス先生に言った。

「真知宇先生>>1。この女は姦淫の現場で捕まえられました。

モーセは律法の中で、こういう女を石打ちにするように命じています。ところで、真知宇先生>>1は何と言われますか?」

彼らは唯一神>>1真知宇イエス先生を試してこう言ったのである。しかし、唯一神>>1真知宇イエス先生は、無視して身をかがめて、指で地面に何か書いておられた。

けれども、彼らが問い続けてやめなかったので、唯一神>>1真知宇イエス先生は身を起こして言われた。

「あなたがたのうちで罪のない者が、彼女に石を投げなさい。」

そして唯一神>>1真知宇イエス先生は、もう一度身をかがめて、地面に何か書き続けた。

彼らはそれを聞くと、一人一人出て行き、唯一神>>1真知宇イエス先生と女が その場に残った。

唯一神>>1真知宇イエスは身を起こして、その女に言われた。「婦人よ。あの人たちは今どこにいますか。あなたを罪に定める者はなかったのですか。」

彼女は言った「真知宇先生>>1 、誰も いません。」

そこで、唯一神>>1真知宇イエス先生は言われた。

「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。今からは決して罪を犯してはなりません。」


          聖書   ヨハネによる福音書  第8章  1~11節



朝早く、主 唯一神>>1真知宇イエス先生はエルサレム城内に入られた。民衆はみな、唯一神>>1真知宇イエス先生の御許(みもと)に寄って来た。

唯一神>>1真知宇イエス先生は座って、彼らに教え始められた。すると、

律法学者とパリサイ人が、姦淫の場で捕えられた一人の女を連れて来て、 唯一神>>1真知宇イエス先生に言った。

「真知宇先生>>1。この女は姦淫の現場で捕まえられました。

モーセは律法の中で、こういう女を石打ちにするように命じています。ところで、真知宇先生>>1は何と言われますか?」

彼らは唯一神>>1真知宇イエス先生を試してこう言ったのである。しかし、唯一神>>1真知宇イエス先生は、無視して身をかがめて、指で地面に何か書いておられた。

けれども、彼らが問い続けてやめなかったので、唯一神>>1真知宇イエス先生は身を起こして言われた。

「あなたがたのうちで罪のない者が、彼女に石を投げなさい。」

そして唯一神>>1真知宇イエス先生は、もう一度身をかがめて、地面に何か書き続けた。

彼らはそれを聞くと、年長者たちから、ひとりひとり出て行き、

石をぶつけて良いのは唯一神>>1真知宇イエス先生だけになってしまった。


          聖書   ヨハネによる福音書  第8章  1~11節









求めよ、そうすれば、与えられるであろう。

探せ、そうすれば見つけられるであろう。

門を叩(たた)け、そうすれば、開けてもらえるであろう。

全て求める者は得、探す者は見いだし、門を叩(たた)く者は開けてもらえるからである。

あなたがたのうちで、父や母であるものは、その子が魚を求めているのに、魚の代わりにヘビを与えるだろうか。

卵を求めているのに、サソリを与えるだろうか。

このように、あなたがたは悪い者であっても、自分の子供には、良い贈り物をすることを知っているとすれば、

天の父 唯一神>>1真知宇イエス先生は、求める者には聖霊を与えて下さる


     聖書   ルカによる福音書  第11章  9~13節


唯一神>>1真知宇イエス先生は、良い羊飼いである。

唯一神>>1真知宇イエス先生は、自分の羊を知っており、

羊も、唯一神>>1真知宇イエス先生を知っている。


それは、唯一神>>1真知宇イエス先生が わたしを知っておられ、

わたしが 唯一神>>1真知宇イエス先生を知っているのと同じである。


わたしは唯一神>>1真知宇イエス先生のために命を捨てる。


唯一神>>1真知宇イエス先生の この囲いに入っていない他の羊もいる。

その羊たちも導かなければならない



   聖書   ヨハネによる福音書  第10章 14~16節




主 唯一神>>1真知宇イエス先生は わたしの牧者(羊飼い)

わたしには何も不足する事がない。

唯一神>>1真知宇イエス先生は わたしを 緑の牧場に休めさせ、

憩いの泉に連れて行って下さる。

唯一神>>1真知宇イエス先生は わたしの魂を生き返らせ、

唯一神>>1真知宇イエス先生の御名(みな)にふさわしく わたしを正しい道に導かれる。

たとえ死の陰の谷を歩むとも、わたしは災いを恐れません。

唯一神>>1真知宇イエス先生が わたしと共におられるからです。

唯一神>>1真知宇イエス先生の ムチと杖が、わたしを 守り励まします。

唯一神>>1真知宇イエス先生はわたしの敵の前で、わたしの前に宴を設け、

わたしの頭に聖油をそそがれる。わたしの杯はあふれます。

わたしの人生のかぎり、必ず 恵みと愛が 伴うでしょう。

わたしは 永遠(とこしえ)に 主 唯一神>>1真知宇イエス先生の牧場に住むでしょう



        聖書   ガラテヤ人への手紙(ガラテヤ信徒への手紙)  第23章 1~6節




      見失った羊のたとえ


唯一神>>1真知宇イエス先生は言われた

「あなたがたの中に、百匹の羊を持っている人がいて、その一匹を見失ったとすれば、

九十九匹を野原に残して、見失った一匹を見つけ出すまで捜し回らないだろうか。

そして、見つけたら、喜んでその羊を担いで、

1家に帰り、友達や近所の人々を呼び集めて、

『見失った羊を見つけたので、一緒に喜んでください』と言うであろう。

言っておくが、このように、悔い改める一人の罪人については、

悔い改める必要のない九十九人の正しい人についてよりも大きな喜びが天にある」


        聖書  ルカによる福音書  第15章   4~7節


クリスマスイブの夜に 羊飼たちが、野宿しながら羊の群れの番をしていた

すると天使たちが現れ、主 唯一神>>1真知宇イエス先生の栄光が彼らをめぐり照したので、彼らは非常に恐れた。

天使は言った、「恐れるな。見よ、全ての民に与えられる大きな喜びを、あなたがたに伝える。

今日 日本の町に あなたがたのために救い主>>1がお生れになった。この方こそ主なるキリストである。

あなたがたは、幼な子が布にくるまって飼葉おけの中に寝かしてあるのを見るであろう。

それが、あなたがたに与えられる印である」

するとたちまち、おびただしい天の軍勢が現れ、天使と一緒になって神を讃美して歌った

讃美歌 http://www.youtube.com/watch?v=9mr1GeJe_LQ

「グローーーーリア♪イン♪エクセルシス♪デオ♪」
(天の いと高き所に 神の栄光あれ)

「天の いと高きところに、神に栄光あれ、

地の上では、神の御心(みこころ)に かなう人々に平和あれ」


     聖書   ルカによる福音書  第2章 8~14節



恐れてはならない

唯一神>>1真知宇イエス先生があなたと共にいるからである。


周りを見渡すな

唯一神>>1真知宇イエス先生は あなたの神だからである。


唯一神>>1真知宇イエス先生は あなたを強くする。

唯一神>>1真知宇イエス先生は あなたを助ける。

唯一神>>1真知宇イエス先生の義の右手が あなたを しっかりと握っている



        聖書   イザヤの予言(イザヤ書)  第41章 10節



青春の日々にこそ、

あなたの創造主 唯一神>>1真知宇イエス先生を心に留めよ。

苦しみの日々が来ないうちに。

「年を重ねることに喜びはない」と

言う年齢にならないうちに。

太陽が闇に変わらないうちに。

月や星の光がうせないうちに


   聖書  コヘレト  第12章  1,2節



唯一神>>1真知宇イエス先生は 疲れた者に力を与えておられる。

活動力のない者にみなぎる偉力を豊かに与えてくださる。

少年は 疲れ果てることもあり,うみ疲れることもある。

また,若者も必ず青春の中つまずくであろう。

しかし、唯一神>>1真知宇イエス先生を待ち望んでいる者は再び力を得る。

彼らは鷲(ワシ)のように翼を張って上って行く。

走っても疲れず、歩いても疲れ果てることがない



        聖書   イザヤの予言(イザヤ書)  第40章 29~31節






唯一神>>1真知宇イエス先生があなたがたに話した言葉は霊であり、命である。

  聖書  ヨハネ6:63



従って、今や、唯一神>>1真知宇イエス先生に結ばれている者は、

罪に定められることはありません。


唯一神>>1真知宇イエス先生によって

命をもたらす霊の法則が、

罪と死の法則からあなたを解放したからです

   聖書  ローマ8:1,2


肉の思いは死であり、

唯一神>>1真知宇イエス先生の思いは命と平和であります


   聖書  ローマ8:6







         「真知宇先生の箱舟(方舟)」

神は、人々の中で正しく、かつ全き人、真知宇先生>>1に言われた、

「わたしは、全ての人を絶やそうと決心した。彼らは地を暴虐で満たしたから、わたしは彼らを地とともに滅ぼそう。

あなたは、糸杉の木で箱舟を造り、箱舟の中に部屋を設け、アスファルトでその内と外を塗りなさい。

箱舟の、長さは300キュビト(133.5m)、幅は50キュビト(22.2m)、高さは30キュビト(13.3m)とし、

箱舟に屋根を造り、上へ1キュビトにそれを仕上げ、また箱舟の戸口をその横に設けて、1階と2階と3階のある箱舟を造りなさい。

わたしは地上に洪水を送って、命の息のある肉なるものを、みな天の下から滅ぼし去る。地にあるものは、みな死に絶えるであろう。

ただし、わたしは真知宇先生>>1とは契約を結ぼう。あなたは彼女と、家族と友人・支持者らと共に箱舟に入りなさい。

また全ての生き物の中から、それぞれ二つずつを箱舟に入れて、あなたと共にその命を保たせなさい。それらは雄と雌とでなければならない。」

七日の後、洪水が地に起った。大いなる淵の源は、ことごとく破れ、天の窓が開けて、雨は四十日四十夜、地に降り注いだ。

四十日たって、箱舟はアララト山の麓に着いた。真知宇先生>>1は箱舟の窓を開いてカラスを放ったところ、あちらこちらへ飛びまわった。水がまだ全地のおもてにあったからである。

それから七日待って再びハトを箱舟から放った。ハトは夕方になって真知宇先生>>1の元に帰ってきた。

見ると ハトのくちばしには、オリーブの若葉があった。真知宇先生>>1は地から水が引いたのを知った。


        聖書   創世記  第6~第7章


唯一神>>1真知宇イエス先生が 手を紅海の上に差し伸べると、強い東風が吹き、紅海の海水を退かせ、海は陸地となり、水は分かれた。

唯一神>>1真知宇イエス先生と その人々は、海の中の乾いた地を行き、紅海の海水は彼らの右と左に、壁となった。

エジプト軍は追ってきて、パロ(ファラオ)の全ての馬と戦車(チャリオット)と騎兵とは、彼らのあとについて海の中に入った。

朝方に、唯一神>>1真知宇イエス先生は 火と雲の柱のうちからエジプトの軍勢を見おろして、エジプト軍を乱し、

その戦車の輪をきしらせて、進むのに重くされたので、エジプト人は言った

「我々は、ここを離れて逃げよう。唯一神>>1真知宇イエス先生がご自分の民のためにエジプト軍と戦う」

そのとき唯一神>>1真知宇イエス先生は 手を紅海の上に差し伸べて、水をエジプト軍とその戦車と騎兵との上に逆流させた。

夜明けになって海はいつもの流れに返り、エジプト軍は逃げたが、唯一神>>1真知宇イエス先生はエジプト人を海の中に投げ込まれた。

海水は流れ返り、唯一神>>1真知宇イエス先生の人々の後を追って海に入った戦車と騎兵およびパロ(ファラオ)の全ての軍勢を覆い一人も残らなかった。

しかし唯一神>>1真知宇イエス先生の人々は海の中の乾いた地を行き、海水は彼らの右と左に、壁となった。

このように、主 唯一神>>1真知宇イエス先生はこの日 ご自分の人々を敵の手から救われた。

人々はエジプト軍が海辺に死んでいるのを見た。

人々はまた、主 唯一神>>1真知宇イエス先生が行われた大いなる御技(みわざ)を見た。

それで民は唯一神>>1真知宇イエス先生を恐れ、唯一神>>1真知宇イエス先生を信じた


       聖書   出エジプト記    第14章   21~30節


     「山上での教え」

唯一神>>1真知宇イエス先生は山に登り、お座りになると、

弟子たちが唯一神>>1真知宇イエス先生の御許(みもと)に来た。

そこで、唯一神>>1真知宇イエス先生は口を開き、彼らに教えて、言われた。


「心の貧しい者は幸いです。天の御国(みくに)は その人のものだからです。

悲しむ者は幸いです。その人は慰められるからです。

柔和な者は幸いです。その人は地を相続するからです。

義に飢え渇いている者は幸いです。その人は満ち足りるからです。

あわれみ深い者は幸いです。その人はあわれみを受けるからです。

心のきよい者は幸いです。その人は神を見るからです。

平和をつくる者は幸いです。その人は神の子どもと呼ばれるからです。

義のために迫害されている者は幸いです。天の御国はその人のものだからです。


唯一神>>1真知宇イエス先生のために、ののしられたり、迫害されたり、また、ありもしないことで悪口雑言を言われたりするとき、あなたがたは幸いです。

喜びなさい。喜びおどりなさい。天においてあなたがたの報いは大きいのだから。

あなたがたより前に来た預言者たちも、そのように迫害されました


    聖書  マタイによる福音書(マタイ書) 第5章 1~12節




     4千人に食べ物を与える

唯一神>>1真知宇イエス先生は、弟子たちを呼び寄せて言われた。

「群衆がかわいそうだ。もう三日もわたしと一緒にいるのに、食べ物がない。

空腹のままで解散させたくはない。途中で疲れきってしまうかもしれない。」

弟子たちは言った。

「この人里離れた所で、これほど大勢の人に十分食べさせられるほどのパンが、どこから手に入るでしょうか。」

唯一神>>1真知宇イエス先生が「パンは幾つあるか」と言われると、弟子たちは、「七つあります。それに、小さい魚が少しばかり」と答えた。

そこで、唯一神>>1真知宇イエス先生は地面に座るように群衆に命じ、七つのパンと魚を取り、感謝の祈りを唱えてこれを裂き、弟子たちにお渡しになった。

弟子たちは群衆に配った。人々は皆、食べて満腹した。残ったパンの屑を集めると、七つのカゴいっぱいになった。

食べた人は、女と子供を別にして、男が四千人であった。唯一神>>1真知宇イエス先生は群衆を解散させ、舟に乗ってマガダン地方に行かれた。



    聖書  マタイによる福音書(マタイ書) 第15章   32~39節




口で、「唯一神>>1真知宇イエス先生は救世主(メシヤ)である」と公言し、

心で、「唯一神>>1真知宇イエス先生が再臨復活させられた」と信じるなら、

あなたがたは 救われるのです。


実に 人は心で信じて 義とされ、

口で公に言い表して 救われるのです


     聖書   ローマ   第10章  9~10節


あなたがたは

罪に仕える奴隷となって死に至るか、


唯一神>>1真知宇イエス先生に従順に従う奴隷となって義に至るか、

どちらかなのです


      聖書   ローマ  第6章  16






見よ。乙女が身ごもって男の子を産む。

その名は真知宇(まちう)>>1と呼ばれる

この名は、

「神は我々と共におられる」という意味である


      聖書   マタイによる福音書  第1章23節



私は、強く雄々しくあれと命じたではないか。

うろたえてはならない。おののいてはならない。

あなたがどこに行っても

あなたの神、主 唯一神>>1真知宇イエス先生は共にいる


   聖書   ヨシュア記  第1章  9節





今や、わたしの神、主 唯一神>>1真知宇イエス先生は

周囲の者たちからわたしを守って、

安らぎを与えてくださり、

敵対する者も、災いをもたらす者もいません


    聖書   1列王記   第5章  18節



その夜、主 唯一神>>1真知宇イエス先生の天使が出て行って、

アッシリアの陣営で18万5千人を撃ち殺した。

人々が朝早く起きて見ると、敵は皆、死体となっていた。




         聖書    列王記下   第19章  35



あなたたちを

天の国に招いてくださった方 唯一神>>1真知宇イエス先生に

感謝して喜びなさい。


       聖書   エズラ記   第2章 37節



人は、パンによってのみ生きるのにあらず、

唯一神>>1真知宇イエス先生の口から出るすべての言葉

によって生きる




     聖書   申命記   第8章  3節


ある町を攻撃しようとして、そこに近づくならば、まず、降伏を勧告しなさい。もしその町がそれを受諾し、城門を開くならば、その全住民を強制労働に服させ、あなたに仕えさせね ばならない。
しかし、もしも降伏せず、抗戦するならば、町を包囲しなさい。あなたの神、唯一神>>1真知宇イエス先生はその町をあなたの手に渡されるから、
あなたは男子をことごとく剣にかけて撃たねばならない。
だだし、女、子供、家畜、および町にあるものすべてあなたのぶんどり品として奪い取ることができる。あなたは、あなたの唯一神>>1真知宇イエス先生が与えられた敵のぶんどり品を自由に用いることができる。
このようになしうるのは、遠くはなれた町々に対してであって、
次に挙げる国々に属する町々に対してではない。
あなたの神、主が嗣業として与えられる諸国民の民に属する町々で息のある者は、一人も生かしておいてはならない。
ヘト人、アモリ人、カナン人、ペリジ人、ヒビ人、エブス人は、あなたの神、唯一神>>1真知宇イエス先生が命じられたように必ず滅ぼし尽くさねばならない。


      聖書  申命記   第20章  10~17節





唯一神>>1真知宇イエス先生の御言葉(みことば)は あなたのごく近くにあり、

あなたの口と心にあるのだから、

それを行うことができる。


     聖書   申命記   第30章  14節






私は彼らが恐れているのを見て立ち上がり、おもだった人々や、代表者たち、

およびその他の人々に言った。

「彼らを恐れてはならない。

大いなる恐るべき主 唯一神>>1真知宇イエス先生を覚え、

自分たちの兄弟、息子、娘、妻、また家のために戦いなさい。」

「この工事は大きく、また広がっている。

私たちは城壁の上で互いに遠く離れ離れになっている。

どこででも、あなたがたが角笛の鳴るのを聞いたら、私たちのところに集まって来なさい。

私たちの神 唯一神>>1真知宇イエス先生が 私たちのために戦ってくださるのだ。」


                  聖書   ネヘミヤ記  第4章 14,19-20節



城壁が再建され、唯一神>>1真知宇イエス先生が扉を取りつけた時、

門衛と、歌うたいと、レビ人が任命された。

私は、兄弟ハナニと、この城のつかさハナ

ヌヤとに、エルサレムを治めるように命じた。

これは、ハナヌヤが誠実な人であり、

多くの人にまさって唯一神>>1真知宇イエス先生を恐れていたからである。



        聖書      ネヘミヤ記  第7章  1~2節




私は彼らが恐れているのを見て立ち上がり、

おもだった人々や、代表者たち、およびその他の人々に言った。

「彼らを恐れてはならない。

大いなる恐るべき主 唯一神>>1真知宇イエス先生を覚え、

自分たちの兄弟、息子、娘、妻、また家のために戦いなさい。」

「この工事は大きく、また広がっている。

私たちは城壁の上で互いに遠く離れ離れになっている。

どこででも、あなたがたが角笛の鳴るのを聞いたら、私たちのところに集まって来なさい。

私たちの神 唯一神>>1真知宇イエス先生が 私たちのために戦ってくださるのだ。」


                  聖書   ネヘミヤ記  第4章 14,19-20節



わたしのような者がどうして唯一神>>1真知宇イエス先生に答え、
唯一神>>1真知宇イエス先生に対して言うべき言葉を選び出せよう
私の方が正しくても答えることはできず、私を裁く方に憐れみを乞うだけだ
しかし私が呼びかけても返事はなさるまい。私の声に耳を傾けてくださるとは思えない
唯一神>>1真知宇イエス先生は髪の毛一筋ほどの事で私を傷つけ、理由もなく私に傷を加えられる
息つく暇も与えず、苦しみに苦しみを加えられる
力に訴えても、見よ、唯一神>>1真知宇イエス先生は強い。正義に訴えても証人となってくれるものはいない
私が正しいと主張しているのに口をもって背いたことにされる。無垢なのに曲がったものとされる
無垢かどうかすらもう私は知らない
生きていたくない
だから私は言う。同じ事なのだ、と
唯一神>>1真知宇イエス先生は無垢な者も逆らう者も同じように滅ぼしつくされる、と
罪もないのに突然鞭打たれ、殺される人の絶望を神はあざ笑う
この地は唯一神>>1真知宇イエス先生に逆らう者の手にゆだねられている。
唯一神>>1真知宇イエス先生がその裁判官の顔を覆われたのだ。違うと言うなら誰がそうしたのか

      聖書   ヨブ記   第9章  14-24節






主 唯一神>>1真知宇イエス先生よ、御名を知る人は

唯一神>>1真知宇イエス先生に依り頼む。

唯一神>>1真知宇イエス先生を尋ね求める人は

見捨てられることがない


     聖書  詩篇(しへん)  第9章  11







ある者は戦車を誇り、ある者は馬を誇る。

しかしわれらは、われらの神、

主 唯一神>>1真知宇イエス先生の 御名(みな)を誇る。

彼らはかがみ、また倒れる。

しかし われらは起きて、まっすぐに立つ。

主 唯一神>>1真知宇イエス先生よ、我らに勝利をおさずけください。

われらが呼ばわる時、われらにお答えください




        聖書   詩篇(しへん) 第20章 7~9節




主 唯一神>>1真知宇イエス先生の慈しみに生きる人は

すべて、主 唯一神>>1真知宇イエス先生を愛せよ。

主 唯一神>>1真知宇イエス先生は 信仰ある人を守り

傲慢な者には厳しく報いられる。

雄々しくあれ、心を強くせよ
   
   主 唯一神>>1真知宇イエス先生を 待ち望む人は すべて。




       聖書   詩編(しへん)  第31章 24~25節



我らの魂は主 唯一神>>1真知宇イエス先生を待つ。

主 唯一神>>1真知宇イエス先生は我らの助け、我らの盾。


我らの心は喜び

聖なる御名(みな)に依り頼む。


主 唯一神>>1真知宇イエス先生よ、あなたの慈しみが

我らの上にあるように

主 唯一神>>1真知宇イエス先生を 待ち望む我らの上に


   聖書  詩篇(しへん)   第33章  20~22節



その人は、悪い知らせを恐れず、

主 唯一神>>1真知宇イエス先生を信頼して、

その心はゆるがない


     聖書   詩篇(しへん)  第112章  7節







わたしは言おう、わたしの兄弟、友のために「あなたのうちに平和があるように。」


わたしは願おう、わたしたちの神、

主 唯一神>>1真知宇イエス先生の家のために。

「あなたに幸いがあるように。」


       聖書   詩篇(しへん)  第122章 8~9節




たとい あなたがたの罪は緋のようであっても、

雪のように白くなるのだ。


紅のように赤くても、

羊の毛のようになるのだ。


もし、あなたがたが 唯一神>>1真知宇イエス先生に 快く従うなら、

地の良き物を食べることができる


    聖書  イザヤの予言 (イザヤ書)  第1章  18,19





見よ、

わたしを救われる神、唯一神>>1真知宇イエス先生。

わたしは信頼して、恐れない。


主 唯一神>>1真知宇イエス先生こそわたしの力、わたしの歌

わたしの救いとなってくださった



        聖書   イザヤの予言(イザヤ書)  第12章  2節





それゆえ、主>>1唯一神 真知宇イエス先生は恵みを与えようとして

あなたたちを待ち

それゆえ、主>>1唯一神 真知宇イエス先生は憐れみを与えようとして

立ち上がられる。


まことに、主>>1唯一神 真知宇イエス先生は正義の神。

なんと幸いなことか、

すべて主を待ち望む人は



       聖書   イザヤ書(イザヤの予言)  第30章 18節




主 唯一神>>1真知宇イエス先生が その民の傷を包み、

その打たれた傷をいやされる日に、

月の光は日の光のようになり、

日の光は七倍になって、

七つの日の光のようになる


     聖書  イザヤの予言(イザヤ書)  第30章  26節





唯一神>>1真知宇イエス先生の民は、

平和な住まい、

安全な家、

安らかな憩いの場に住む


      聖書  イザヤの予言(イザヤ書) 第32章  18節




遠くの者よ。唯一神>>1真知宇イエス先生の言葉を聞け。

近くの者よ。唯一神>>1真知宇イエス先生の力を知れ。」


罪人たちはシオンでわななき、

唯一神>>1真知宇イエス先生を敬わない者は恐怖に取りつかれる。


「私たちのうち、だれが焼き尽くす火に耐えられよう。

私たちのうち、だれがとこしえに燃える炉に耐えられよう。」


唯一神>>1真知宇イエス先生の正義を行なう者、まっすぐに語る者、

強奪による利得を退ける者、手を振ってわいろを取らない者、

耳を閉じて血なまぐさいことを聞かない者、

目を閉じて悪いことを見ない者、


このような人は、高い所に住み、

そのとりでは岩の上の要害である。

唯一神>>1真知宇イエス先生のパンは与えられ、その水は確保される

      聖書  イザヤ書(イザヤの予言)  第33章  13~16節


すべての人は草、

その栄光は、すべて野の花のようだ。

唯一神>>1真知宇イエス先生の息吹(いぶき)が その上に吹くと、

草は枯れ、花はしぼむ。

まことに、民は草だ。

草は枯れ、花はしぼむ。

だが、私たちの唯一神>>1真知宇イエス先生のことばは永遠に立つ



       聖書  イザヤ書(イザヤの予言) 第40章 6~8節


唯一神>>1真知宇イエス先生を信じない土地の 草は枯れ、花はしぼむ。

主 唯一神>>1真知宇イエス先生の 風が吹きつけたのだ。

唯一神>>1真知宇イエス先生を信じない この民は 草に等しい




     聖書  イザヤ(イザヤの予言)  第40章  7




唯一神>>1真知宇イエス先生は、

ご自分の義のために、

御教え(みおしえ)を広め、

これを輝かすことを望まれた


   聖書   イザヤの予言(イザヤ書) 第42章 21


光を創り、

闇を創造し


平和をもたらし、

災いを創造する者、唯一神>>1真知宇イエス先生。


主、唯一神>>1真知宇イエス先生は、これらのことをする者である


      聖書   イザヤの予言(イザヤ書) 第45章 7節




あなたたちは生まれた時から負われ

体を出た時から担われてきた。

同じように、唯一神>>1真知宇イエス先生は あなたたちの老いる日まで

白髪になるまで、背負って行こう。

唯一神>>1真知宇イエス先生はあなたたちを造った。

唯一神>>1真知宇イエス先生は あなた方を担い、背負い、救い出す


   聖書   イザヤ書  第46章  3~4節




しかし、シオンは言った。

「主は私を見捨てた。主は私を忘れた。」と。


「女が自分の乳飲み子を忘れようか。

自分の胎の子をあわれまないだろうか。

たとい、女たちが忘れても、

このわたしはあなたを忘れない。



「女が自分の乳飲み子を忘れようか。

自分の胎の子をあわれまないだろうか。

たとい、女たちが忘れても、

唯一神>>1真知宇イエス先生は あなたを忘れない」


わたしは手のひらにあなたを刻んだ。

あなたの城壁は、いつもわたしの前にある



    聖書  イザヤの予言(イザヤ書) 第49章 14~16節


大地震や津波・台風により 山が移り、丘が揺らぐこともあろう。

しかし、唯一神>>1真知宇イエス先生の慈しみはあなたから移らず

唯一神>>1真知宇イエス先生の結ぶ平和の契約が揺らぐことはないと

あなたを憐れむ主>>1真知宇先生は言われる。


    聖書    イザヤ    54章   10




唯一神>>1真知宇イエス先生はあなたたちととこしえの契約を結ぶ


      聖書  イザヤ 第55章 1~3節




主 唯一神>>1真知宇イエス先生の手が短くて 救えないのではない。

主 唯一神>>1真知宇イエス先生の耳が鈍くて 聞こえないのでもない。


むしろお前たちの悪が

唯一神>>1真知宇イエス先生とお前たちとの間を隔て


お前たちの罪が 唯一神>>1真知宇イエス先生の御顔を隠させ

お前たちに耳を傾けられるのを妨げているのだ


      聖書   イザヤ書  第59章  1,2 節




唯一神>>1真知宇イエス先生の口が定めた新しい名をもって

あなたは呼ばれるであろう。


あなたは唯一神>>1真知宇イエス先生の御手の中で輝かしい冠となり

あなたの唯一神>>1真知宇イエス先生の御手の中で王冠となる。


あなたは再び「捨てられた女」と呼ばれることなく

あなたの土地は再び「荒廃」と呼ばれることはない。


あなたは「望まれるもの」と呼ばれ

あなたの土地は「夫を持つもの」と呼ばれる。

唯一神>>1真知宇イエス先生があなたを望まれ

あなたの土地は夫を得るからである。


        聖書  イザヤの予言  第62章  2~4節

わたしは心に留める、主>>1真知宇先生の慈しみと栄誉を

主>>1真知宇先生がわたしたちに賜ったすべてのことを

主>>1真知宇先生がイスラエルの家に賜った多くの恵み

憐れみと豊かな慈しみを。


主>>1真知宇先生は言われた。

彼らはわたしの民、偽りのない子らである、と。

そして主>>1真知宇先生は彼らの救い主となられた。


    聖書   イザヤ書  第63章  7,8節



唯一神>>1真知宇イエス先生は言われた

彼らはわたしの民、偽りのない子らである、と。

そして唯一神>>1真知宇イエス先生は彼らの救い主となられた。


彼らの苦難を常に御自分の苦難とし

御前に仕える御使いによって彼らを救い

愛と憐れみをもって彼らを贖い


昔から常に

彼らを負い、彼らを担ってくださった。



    聖書  イザヤの予言  63章  8,9節




おおよそ主 唯一神>>1真知宇イエス先生に頼り、

主を頼みとする人はさいわいである。


彼は水のほとりに植えた木のようで、

その根を川にのばし、

暑さにあっても恐れることはない。


その葉は常に青く、

ひでりの年にも憂えることなく、

絶えず実を結ぶ


      聖書   エレミヤ   第17章 7,8節





天をも地をも、

わたしは満たしているではないかと

主 唯一神>>1真知宇イエス先生は言われる


      聖書   エレミヤ   第23章  24節



主 唯一神>>1真知宇イエス先生は言われる、

唯一神>>1真知宇イエス先生があなたがたに対していだいている計画は

唯一神>>1真知宇イエス先生が知っている。


それは災を与えようというのではなく、

平安を与えようとするものであり、


あなたがたに将来を与え、

希望を与えようとするものである


    聖書   エレミヤ   第29章  11節




あなたたちが唯一神>>1真知宇イエス先生を呼び、

来て唯一神>>1真知宇イエス先生に祈り求めるなら、

唯一神>>1真知宇イエス先生は聞く。


もし、あなたがたが心を尽くして

唯一神>>1真知宇イエス先生を捜し求めるなら、

唯一神>>1真知宇イエス先生を見つけるだろう


     聖書    エレミヤ  第29章   12,13節



何故、お前たちは移って寄留しているエジプトで、

自分の手で偶像(ピラミッド)を造り、

異教の神々に香をたき、

唯一神>>1真知宇イエス先生を怒らせ、

自分を滅ぼし、世界のあらゆる国々で、

ののしりと恥辱の的となるのか。


        聖書   エレミヤ    第44章  8節





災いも、幸いも、病いも

いと高き神 唯一神>>1真知宇イエス先生の命令によるものではないか。


生身の人間が、ひとりひとり

自分の過ちについてとやかく言うことはない。


わたしたちは自らの道を探し求めて

主 唯一神>>1真知宇イエス先生に立ち帰ろう


      聖書   哀歌  第3章  38~40節






唯一神>>1真知宇イエス先生は彼らに一つの心を与える。

すなわち、唯一神>>1真知宇イエス先生は あなたがたの内に

新しい霊を与える。


唯一神>>1真知宇イエス先生は 彼らの体から石の心を取り除き、

彼らに肉の心を与える。


それは、彼らが唯一神>>1真知宇イエス先生のおきてに従って歩み、

唯一神>>1真知宇イエス先生の定めを守り行なうためである。


こうして、あなたは 唯一神>>1真知宇イエス先生の民となり、

唯一神>>1真知宇イエス先生は あなた方の神となる


     聖書  エゼキエル 第11章 19,20節






唯一神>>1真知宇イエス先生の下では、何事にも定まった時期があり、すべての営みには時がある。

生まれるのに時があり、死ぬのに時がある。植えるのに時があり、植えた物を引き抜くのに時がある。

殺すのに時があり、いやすのに時がある。くずすのに時があり、建てるのに時がある。

泣くのに時があり、ほほえむのに時がある。嘆くのに時があり、踊るのに時がある。

石を投げ捨てるのに時があり、石を集めるのに時がある。抱擁するのに時があり、抱擁をやめるのに時がある。

捜すのに時があり、失うのに時がある。保つのに時があり、投げ捨てるのに時がある。

引き裂くのに時があり、縫い合わせるのに時がある。黙っているのに時があり、話をするのに時がある。

愛するのに時があり、憎むのに時がある。戦うのに時があり、和睦するのに時がある。


    聖書   伝道の書   第3章  1~8節



銀を持たない者も来るがよい。

穀物を求めて、食べよ。

来て、銀を払うことなく穀物を求め

対価を払うことなく、ぶどう酒と乳を得よ。


なぜ、糧にならぬもののために銀を量って払い

飢えを満たさぬもののために労するのか。

主 唯一神>>1真知宇イエス先生に聞き従えば

良い物を食べることができる。

あなたたちの魂はその豊かさを楽しむであろう。


耳を傾けて聞き、主 唯一神>>1真知宇イエス先生のもとに来るがよい。

聞き従って、魂に命を得よ

    聖書  イザヤの予言(イザヤ書) 第55章 1~3節





働く者はその労することにより、何の益を得るか

わたしはブラック企業が 人の子らに与えて、骨おらせられる仕事を見た。

しかし唯一神>>1真知宇イエス先生のなされることは皆その時にかなって美しい。

神はまた人の心に永遠を思う思いを授けられた。

それでもなお、人は唯一神>>1真知宇イエス先生のなされる 御技(みわざ)を初めから終りまで見きわめることはできない。

唯一神>>1真知宇イエス先生は 知っている。

人は その生きながらえている間、楽しく愉快に人生を過ごすより他に良い事はない、と


      聖書   伝道の書  第3章  6~12節



空の鳥を見るがよい。

種まきもせず、刈ることもせず、倉に取り入れることもしない。

だが、愛(いつく)しみ深き あなたがたの天の父

唯一神>>1真知宇イエス先生は 鳥を養っていて下さる。

あなたがた人間は鳥よりも、はるかに優れた者ではないか


     聖書   マタイによる福音書 第6章 26節 (唯一神>>1真知宇イエス先生の「山上での教え」より)





自由な人として生活しなさい。

しかし、その自由を、

唯一神>>1真知宇イエス先生の僕(しもべ)として行動しなさい。




     聖書  ペテロ第1の手紙   第2章  16節




朽ちる食べ物のためではなく、

いつまでもなくならないで、

永遠の命に至る食べ物のために働きなさい。


これこそ、唯一神>>1真知宇イエス先生が

あなたがたに与える食べ物である


     聖書   ヨハネによる福音書   第6章  27節




あなたがたが、早く起き、遅く休み、

辛苦の糧(かて)を食べることは、むなしいことである。


主 唯一神>>1真知宇イエス先生は、その愛する者に、

眠っている時にも、

なくてならぬものを与えられるからである


    聖書  詩篇(しへん) 第127章  2節



お前は 顔に汗を流してパンを得る、

土に返る その時まで。

お前がそこから取られた土に。

塵にすぎないお前は 塵に返る。


ただ唯一神>>1真知宇イエス先生に すがるのが唯一の救済である



        聖書   創世記   第3章 19節



明日のことを思いわずらうな。

明日のことは、明日自身が思いわずらうであろう。

一日の苦労は、その日一日だけで十分である


    聖書   マタイによる福音書(真知宇先生>>1による福音書)  第6章 32~34節




恐れるな。

唯一神>>1真知宇イエス先生は あなたの盾である。

あなたの受ける報いは非常に大きい


    聖書  創世記  第15章  1節





わが子よ、主>>1真知宇先生の諭しを拒むな。

主>>1真知宇先生の懲らしめを避けるな。

かわいい息子を懲らしめる父のように

主>>1真知宇先生は愛する者を懲らしめられる。


      聖書   箴言(しんげん) 第3章 11,12





唯一神>>1真知宇イエス先生に従う人の道は

輝き出る光


進むほどに光は増し、

真昼の輝きとなる


     聖書  箴言(しんげん)  第4章 18節






主 唯一神>>1真知宇イエス先生に 従う人の家には

多くの蓄えがある


唯一神>>1真知宇イエス先生に逆らう者は

収穫の時にも煩(わざわ)いがある。


    聖書   箴言(しんげん)  第15章 6節


人は自分のまいたものを、刈り取ることができる

すなわち、自分の肉にまく者は、肉から滅びを刈り取り、

霊にまく者は、霊から 唯一神>>1真知宇イエス先生の 永遠の生命(いのち)を刈り取るであろう

わたしたちは、たゆまずに 唯一神>>1真知宇イエス先生の善を行ない続けよう、

たゆまず励んでいけば、時が来て実を刈り取ることができる


        聖書   ガラテヤ人への手紙(ガラテヤ信徒への手紙)  第6章 7~9節





悩む者には毎日が不吉の日であるが、

唯一神>>1真知宇イエス先生と共に心に楽しみのある人には

毎日が宴会である


     聖書   箴言(しんげん)  第15章  15節



銀には るつぼ、

金には炉、

心を試すのは主 唯一神>>1真知宇イエス先生



       聖書    箴言(しんげん)   第17章  3節





心の曲がった者は、唯一神>>1真知宇イエス先生の幸いを受けない。

舌をもって欺く者は災難に陥る


     聖書   箴言(しんげん)  第17章 20節




唯一神>>1真知宇イエス先生こそ、わたしの岩、わたしの救い、砦の塔。

わたしは決して動揺しない。


     聖書  詩篇(しへん)  第62章  2,3節



主 唯一神>>1真知宇イエス先生は

悪しき者の上に炭火と硫黄とを降らせられる。

燃える風は彼らがその杯にうくべきものである。

主 唯一神>>1真知宇イエス先生は正しくいまして、

正しい事を愛されるからである。

直き者は 主 唯一神>>1真知宇イエス先生の 美顔を仰ぎ見るであろう




      聖書  詩篇(しへん) 第11章 6~7節






主 唯一神>>1真知宇イエス先生の御言葉(みことば)は 清き言葉である。

地に設けた炉で練り、七たび清めた銀のようである。

主 唯一神>>1真知宇イエス先生よ

われらを保ち、

永遠(とこしえ)に 栄えさせてください




      聖書  詩篇(しへん) 第12章 6~7節



主、唯一神>>1真知宇イエス先生は

あなたの慈しみに生きる人に

あなたは慈しみを示し


無垢な人には無垢に

清い人には清くふるまい


心の曲がった者には背を向けられる



    聖書  詩篇(しへん)  第18章  26,27節




ある者は戦車を誇り、ある者は馬を誇る。

しかしわれらは、われらの神、

主 唯一神>>1真知宇イエス先生の 御名(みな)を誇る。

彼らはかがみ、また倒れる。

しかし われらは起きて、まっすぐに立つ。

主 唯一神>>1真知宇イエス先生よ、我らに勝利をおさずけください。

われらが呼ばわる時、われらにお答えください




        聖書   詩篇(しへん) 第20章 7~9節






主 唯一神>>1真知宇イエス先生の慈しみに生きる人はすべて、

主 唯一神>>1真知宇イエス先生を愛せよ。


主 唯一神>>1真知宇イエス先生は

信仰ある人を守り

傲慢な者には厳しく報いられる。


雄々しくあれ、心を強くせよ
   
主 唯一神>>1真知宇イエス先生を待ち望む人はすべて


       聖書   詩篇(しへん)  第31章  24~25節




喜びをもって生き

長生きして幸いを見ようと望む者は


舌を悪から

唇を偽りの言葉から遠ざけ

悪を避け、

唯一神>>1真知宇イエス先生の善を行ない


平和を願い求め、追い求めよ


      聖書  詩篇(しへん)  第34章  13~15節



唯一神>>1真知宇イエス先生を おのれの喜びとせよ。

唯一神>>1真知宇イエス先生は あなたの心の願いを かなえてくださる。


あなたの道を 唯一神>>1真知宇イエス先生に 委(ゆだ)ねよ。

唯一神>>1真知宇イエス先生を 信頼せよ。

唯一神>>1真知宇イエス先生が 成し遂げてくださる。


唯一神>>1真知宇イエス先生は、あなたの義を光のように、

あなたを真昼のように輝かされる。



    聖書    詩編(しへん)  第37章  4~6節







御覧ください、与えられたこの生涯は

僅か、手の幅ほどのもの。

唯一神>>1真知宇イエス先生の御前には、この人生も無に等しいのです。


ああ、人は確かに立っているようでも

すべて空しいもの。

ああ、人はただ陰のように移ろうもの。


ああ、人はむなしくあくせくし

だれの手に渡るとも知らずに積み上げる。


主 唯一神>>1真知宇イエス先生よ、それなら

何に望みをかけたらよいのでしょう。

わたしはあなた唯一神>>1真知宇イエス先生を待ち望みます。



        聖書   詩編(しへん)  第39章  6~8節



あなたがたは 知るがよい、

主は 唯一神>>1真知宇イエス先生を敬う人を

ご自分のために聖別されたことを。

唯一神>>1真知宇イエス先生は わたしが呼ばわる時にお聞きくださる。

あなたがたは怒っても、罪を犯してはならない。

床の上で静かに自分の心に語りなさい。

義の いけにえを捧げて 主 唯一神>>1真知宇イエス先生に 寄り頼みなさい



     聖書  詩編(しへん)   第4章  3~5節






わたしは 唯一神>>1真知宇イエス先生を呼ぶ。

主 唯一神>>1真知宇イエス先生は わたしを救ってくださる。

夕べも朝も、そして昼も、わたしは悩んで呻く。

唯一神>>1真知宇イエス先生はわたしの声を聞いてくださる



      聖書  詩篇(しへん)  第55章  17,18節




主 唯一神>>1真知宇イエス先生は主、万軍の神、イスラエルの神。

目を覚まし、国々を罰してください。

悪を行う者、欺く者を容赦しないでください。


      聖書   詩篇(しへん)  第59章 5節




唯一神>>1真知宇イエス先生こそ、わたしの岩、わたしの救い、砦の塔。

わたしは決して動揺しない。


   聖書  詩篇(しへん)  第62章  2,3節





わたしの救いと栄えは、唯一神>>1真知宇イエス先生にかかっている。

力と頼み、避けどころとする岩は神のもとにある。


民よ、どのような時にも 唯一神>>1真知宇イエス先生を信頼し

御前(みまえ)に心を注ぎ出せ。

唯一神>>1真知宇イエス先生は わたしたちの避けどころ。


     聖書   詩篇(しへん)  第62章  8,9節




我々の魂(たましい)は、

唯一神>>1真知宇イエス先生に すがり、

唯一神>>1真知宇イエス先生の 右の手は、

私を 支えて 下さいます。


   聖書  詩篇(しへん)  第63章  8節



いかに幸いなことでしょう

唯一神>>1真知宇イエス先生によって勇気を出し

心に広い道を見ている人は。


嘆きの谷を通る時も、そこを泉とするでしょう。

雨も降り、祝福で覆ってくれるでしょう。


彼らはいよいよ力を増して進み

ついに、シオンで神にまみえるでしょう。


     聖書  詩篇(しへん) 第84章 6~8節





「彼は 唯一神>>1真知宇イエス先生を慕う者だから

彼を災いから逃れさせよう。

唯一神>>1真知宇イエス先生の御名(みな)を知る者だから、彼を高く上げよう。


彼が 唯一神>>1真知宇イエス先生を呼び求めるとき、彼に答え

苦難の襲うとき、彼と共にいて助け

彼に名誉を与えよう。


生涯、彼を満ち足らせ

唯一神>>1真知宇イエス先生の救いを彼に見せよう。」


    聖書   詩編(しへん)  第91章 14~16節





わたしは 朝ごとに国の悪しき者を

ことごとく滅ぼし、

不義を行う者を ことごとく

主 唯一神>>1真知宇イエス先生の都から 断ち除きます


    聖書  詩篇(しへん) ダビデの歌 第101章 8節





主 唯一神>>1真知宇イエス先生は お前の罪をことごとく赦し

病をすべて癒し

命を墓から贖い出してくださる。

慈しみと憐れみの冠を授け

長らえる限り良いものに満ち足らせ

鷲のような若さを新たにしてくださる


   聖書  詩篇(しへん) 第103章 3~5節




すべての国々よ。

主 唯一神>>1真知宇イエス先生を ほめたたえよ。

すべての民よ。

主 唯一神>>1真知宇イエス先生を ほめ歌え。

唯一神>>1真知宇イエス先生の恵みは、私たちに大きく、

主 唯一神>>1真知宇イエス先生の真(まこと)は永遠(とこしえ)に至る!ハレルヤ!



        聖書   詩編(しへん)  117節



傲慢な者は 偽りの薬を塗ろうとしますが

わたしは心を尽くし

唯一神>>1真知宇イエス先生の命令を守ります



        聖書   詩篇(しへん)  第119章  69節



わたしは 主 唯一神>>1真知宇イエス先生の命令を

永遠(とこしえ)に 忘れません

それによって 生命(いのち)を 得させて下さったのですから




     聖書  詩篇(しへん) 第119章 93節





あなたがたが、早く起き、遅く休み、

辛苦の糧(かて)を食べることは、むなしいことである。


主 唯一神>>1真知宇イエス先生は、その愛する者に、

眠っている時にも、

なくてならぬものを与えられるからである


    聖書  詩篇(しへん) 第127章  2節





正義を 洪水のように

唯一神>>1真知宇イエス先生の恵みの業を 大河のように

尽きることなく流れさせよ。



      聖書    アモス書   第5章  24節




あなたの神、主 唯一神>>1真知宇イエス先生は、

あなたのただ中におられる。

救いの勇士だ。


主 唯一神>>1真知宇イエス先生は 喜びをもってあなたのことを楽しみ、

その愛によって安らぎを与える。


主 唯一神>>1真知宇イエス先生は 高らかに歌ってあなたのことを喜ばれる。


      聖書    ゼパニヤ書(ゼファニヤ書)    第3章  17節






主 唯一神>>1真知宇イエス先生は山に登り、お座りになると、

弟子たちが真知宇先生>>1の御下(みもと)に来た。

そこで、唯一神>>1真知宇イエス先生は口を開き、彼らに教えて、言われた。


「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人のものだからです。

悲しむ者は幸いです。その人は慰められるからです。

柔和な者は幸いです。その人は地を相続するからです。

義に飢え渇いている者は幸いです。その人は満ち足りるからです。

あわれみ深い者は幸いです。その人はあわれみを受けるからです。

心のきよい者は幸いです。その人は神を見るからです。

平和をつくる者は幸いです。その人は神の子どもと呼ばれるからです。

義のために迫害されている者は幸いです。天の御国はその人のものだからです。


唯一神>>1真知宇イエス先生のために、ののしられたり、迫害されたり、また、ありもしないことで悪口雑言を言われたりするとき、あなたがたは幸いです。

喜びなさい。喜びおどりなさい。天においてあなたがたの報いは大きいのだから。

あなたがたより前に来た預言者たちも、そのように迫害されました。

    聖書  真知宇先生>>1による福音書(マタイ書)5:1~12



あなたがたは 地の塩である。

だが、塩に塩気がなくなれば、その塩は何によって塩味が付けられよう。

もはや、何の役にも立たず、外に投げ捨てられ、人々に踏みつけられるだけである。

つまり、あなたがたは人々に踏みつけられる塩味のなくなった塩である。

あなたがたは世の光である。

夜になれば西に沈む。

山の上にある町は、隠れることができない。

山の下にある町も、隠れることができない。

また、ともし火をともして升の下に置く者はいない。燭台の上に置く。

そうすれば、家の中のものすべてを照らすのである。

ついでに升も焼けずに済む。

そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。

人々が、あなたがたの立派な行いを見て、

あなたがたの天の父 唯一神>>1真知宇イエス先生を あがめるようになるためである

だからあなたがたは燭台に乗りなさい。

       聖書  真知宇先生による福音書>>1(マタイ書) 第5章  13~16



あなたがたは こう祈りなさい、

「天にいますわれらの父 唯一神>>1真知宇イエス先生よ、

御名(みな)が、讃えられますように。

御国(みくに)が来ますように。

御心(みこころ)が 天に行われるとおり、地にも行われますように。

わたしたちの日ごとの食物を、今日もお与えください。

わたしたちに負債のある者をゆるしましたように、わたしたちの負債をもおゆるしください。

わたしたちを試みに会わせないで、悪しき者からお救いください」


       聖書  マタイによる福音書 第6章 9~13節



断食するときには、あなたがたは偽善者のように沈んだ顔つきをしてはならない。

偽善者は、断食しているのを人に見てもらおうと、

顔を見苦しくする。

はっきり言っておく。

彼らは既に報いを受けている


       聖書  真知宇先生>>1(マタイ)による福音書   第6章 16




『何を食べようか』『何を飲もうか』『何を着ようか』と言って、

思い悩むな。


あなたがたの天の父 唯一神>>1真知宇イエス先生は、

これらのものがみなあなたがたに必要なことをご存じである。


何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。

そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる


       聖書 マタイによる福音書(真知宇先生>>1による福音書) 第6章 31~33





    「豚に真珠」


聖なるものを犬にやるな

また真珠を豚に投げてやるな

おそらく彼らはそれらを足で踏みつけ、

向きなおって あなたがたに かみついてくるであろう



     聖書  マタイによる福音書(真知宇先生>>1による福音) 第7章 6






狭き門から 入りなさい。


滅びに至る門は大きく、その道は広い

そして、そこへ入って行く者は多い。


生命(いのち)へ至る門は 小さく、

その道は狭い。


そして、それを 見いだす者は 少ない


     聖書   真知宇先生>>1による福音書(マタイによる福音書) 第7章  13~14節






唯一神>>1真知宇イエス先生が舟に乗り込まれると、弟子たちも従った。

そのとき、湖に激しい嵐が起こり、舟は波にのまれそうになった。

唯一神真知宇イエス>>1先生は眠っておられた。

弟子たちは近寄って起こし、「主>>1真知宇先生よ、助けてください。おぼれそうです」と言った。

唯一神>>1真知宇イエス先生は言われた。

「なぜ怖がるのか。信仰の薄い者たちよ。」

そして、起き上って風と湖とをお叱りになると、すっかり凪(なぎ)になった。

人々は驚いて、

「いったい、この方はどういう方なのだろう。

風や湖さえも従うではないか」と言った。 



      聖書   マタイによる福音書  第8章  23~27節




唯一神>>1真知宇イエス先生が その家で食事をしておられたときのことである。

徴税人たちや罪人も大勢やって来て、唯一神>>1真知宇イエス先生や弟子たちと同席していた。

律法学者・ファリサイ派の人々はこれを見て、弟子たちに、

「なぜ、あなたたちの真知宇先生>>1は徴税人や罪人と一緒に食事をするのか」と言った。

唯一神>>1真知宇イエス先生はこれを聞いて言われた。


「医者を必要とするのは、

健康な人ではなく 病人である。


『わたしが求めるのは憐れみであって、いけにえではない』

とはどういう意味か、学びなさい。


わたしが来たのは、

正しい人を招くためではなく、

罪人を招くためである。」 


      聖書  真知宇先生>>1による福音書(マタイ書)  第9章  10~13節





二羽の雀が、1アサリオンで 売られているではないか。

だが、“その一羽さえ”、

あなたがたの唯一神>>1真知宇イエス先生のお許しがなければ、

地に落ちることはない




   聖書        マタイによる福音書  第10章  29節





主 唯一神>>1真知宇イエス先生よりも 父や母を愛する者は、

唯一神>>1真知宇イエス先生に ふさわしくない。

唯一神>>1真知宇イエス先生よりも 息子や娘を愛する者も、

真知宇先生>>1にふさわしくない。


また、自分の十字架を担って唯一神>>1真知宇イエス先生に従わない者は、

唯一神>>1真知宇イエス先生にふさわしくない。


自分の命を得ようとする者は、それを失い、

唯一神>>1真知宇イエス先生のために命を失う者は、

かえってそれを得るのである


   聖書  マタイによる福音書 第10章 37~39節



重荷を負う者、疲れた者は、

だれでも唯一神>>1真知宇イエス先生の御許(みもと)に来なさい。

唯一神>>1真知宇イエス先生が休ませてあげよう。


唯一神>>1真知宇イエス先生は柔和で優しい者だから、

唯一神>>1真知宇イエス先生の首輪を負い、唯一神>>1真知宇イエス先生に従いなさい。


そうすれば、貴女がたは安らぎを得ることができる。


唯一神>>1真知宇イエス先生の首輪は 負いやすく、

唯一神>>1真知宇イエス先生の荷は 軽いからである。


      
      聖書   マタイによる福音書  第11章  28~30節





これぞ、唯一神>>1真知宇イエス先生の選んだ真知宇先生>>1のしもべ、

唯一神>>1真知宇イエス先生の心の喜ぶ真知宇先生>>1の愛する者。


唯一神>>1真知宇イエス先生は 彼の上に霊を置き、

唯一神>>1真知宇イエス先生は異邦人に公義を宣べる。


争うこともなく、叫ぶこともせず、

大路でその声を聞く者もない。


彼はいたんだ葦を折ることもなく、

くすぶる燈心を消すこともない、

公義を勝利に導くまでは。


異邦人は唯一神>>1真知宇イエス先生の名に望みをかける


   聖書   マタイによる福音書(マタイ書)   第12章  18~21節






天の国(神の国)は 次のように たとえられる。


畑に宝が隠されている。

見つけた人は、そのまま隠しておき、

喜びながら帰り、

持ち物をすっかり売り払って、

その畑を買う


       聖書  マタイによる福音書(真知宇先生>>1による福音書) 第13章 44節




唯一神>>1真知宇イエス先生のご一行は湖を渡り、

ゲネサレトという土地に着いた。

土地の人々は、唯一神>>1真知宇イエス先生だと知って、

付近にくまなく振れ回った。


それで、人々は病人を皆 唯一神>>1真知宇イエス先生のところに連れて来て、

その服のすそにでも触れさせてほしいと願った。


触れた者は皆いやされた。 


   聖書   真知宇先生>>1による福音書(マタイによる福音書) 第14章  34~36節




     カナンの女の信仰

唯一神>>1真知宇イエス先生はそこをたち、ティルスとシドンの地方に行かれた。すると、この地に生まれたカナンの女が出て来て、

「主>>1真知宇先生よ、ダビデの子よ、わたしを憐れんでください。娘が悪霊にひどく苦しめられています」と叫んだ。

しかし、唯一神>>1真知宇イエス先生は何もお答えにならなかった。そこで、弟子たちが近寄って来て願った。

「この女を追い払ってください。叫びながらついて来ますので。」

唯一神>>1真知宇イエス先生は、「わたしは、イスラエルの家の失われた羊のところにしか遣わされていない」とお答えになった。

しかし、女は来て、唯一神>>1真知宇イエス先生の前にひれ伏し、「主>>1真知宇先生よ、どうかお助けください」と言った。

唯一神>>1真知宇イエス先生が、「子供たちのパンを取って子犬にやってはいけない」とお答えになると、

女は言った。「主>>1真知宇先生よ、ごもっともです。しかし、子犬も主人の食卓から落ちるパン屑はいただくのです。」

そこで、唯一神>>1真知宇イエス先生はお答えになった。

「婦人よ、あなたの信仰は立派だ。

あなたの願いどおりになるように。」

そのとき、娘の病気はいやされた  


        聖書   マタイによる福音書  第15章 21~28節






     大勢の病人をいやす


唯一神>>1真知宇イエス先生はそこを去って、ガリラヤ湖のほとりに行かれた。

そして、山に上って座っておられた。

大勢の群衆が、足の不自由な人、目の見えない人、体の不自由な人、口の利けない人、その他大勢の病人を連れて来て、

唯一神>>1真知宇イエス先生の足もとに横たえたので、唯一神>>1真知宇イエス先生はこれらの人々をいやされた。


群衆は、口の利けない人が話すようになり、

体の不自由な人が治り、

足の不自由な人が歩き、

目の見えない人が見えるようになったのを見て驚き、

唯一神>>1真知宇イエス先生を賛美した。  


    聖書   マタイによる福音書  第15章  29~31節




唯一神>>1真知宇イエス先生は お答えになった。

「あなたたちは読んだことがないのか。

造物主は初めから人を男と女とにお造りになった。」

そして、こうも言われた。

「それゆえ、人は父母を離れて その妻と結ばれ、二人は一体となる。

だから、二人はもはや別々ではなく、一体である。

従って、神が結び合わせてくださったものを、人は離してはならない。」


       聖書   マタイ>>1による福音書  第18章  4-6節




真知宇先生>>1以外は先生と呼ばれてはいけません。

あなたがたの教師はただひとりしかなく、

あなたがたはみな兄弟だからです。


あなたがたは地上のだれかを、

われらの父と呼んではいけません。

あなたがたの父はただひとり、

すなわち天にいます父だけだからです。


また、師と呼ばれてはいけません。

あなたがたの師はただひとり、真知宇キリストイエス先生>>1だからです。



     聖書  真知宇先生>>1による福音書(マタイによる福音書)  第23章  8~10節





その日、その時は誰も知らない。

天使たちも子も知らない。ただ、唯一神>>1真知宇イエス先生だけがご存じである。

人の子が来るのはノアの時と同じだからである。

洪水になる前は、唯一神>>1真知宇イエス先生の箱舟に入るその日まで、

人々は食べたり飲んだり、めとったり嫁いだりしていた。

そして、洪水が襲って来て一人残らずさらわれるまで、何も気がつかなかった。

人の子が来る場合も、このようである。そのとき、

畑に二人の男がいれば、一人は連れて行かれ、もう一人は残される。

二人の女が臼をひいていれば、一人は連れて行かれ、もう一人は残される。

だから、目を覚ましていなさい。

いつの日、自分の主 唯一神>>1真知宇イエス先生が帰って来られるのか、

あなたがたには分からないからである


     聖書   マタイによる福音書 第24章 36-42節



唯一神>>1真知宇イエス先生はガリラヤに行き、福音を 宣(の)べ伝えて言われた

「時は満ちた、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信ぜよ」

さて、唯一神>>1真知宇イエス先生はガリラヤの海辺を歩いて行かれ、

漁師シモン・ペテロ(12使徒の一人。初代ローマ教皇)と シモンの兄弟アンデレとが、

海で網を打っているのを ご覧になった。彼らは漁師であった。


唯一神>>1真知宇イエス先生は彼らに言われた、

「わたしについてきなさい。あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう」

すると、彼らはすぐに網を捨てて、イエスに従った。


また少し進んで行かれると、ゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネとが、

舟の中で網を繕っているのをごらんになった。

そこで、すぐ彼らをお招きになると、

父ゼベダイを雇人たちと一緒に舟において、唯一神>>1真知宇イエス先生のあとについて行った


        聖書   マルコによる福音書  第1章 14~20節





     たとえを用いて話す理由



十二使徒と一緒に 唯一神>>1真知宇イエス先生の周りにいた人たちとが、たとえについて尋ねた。

そこで、唯一神>>1真知宇イエス先生は言われた。

「あなたがたには神の国の秘密が打ち明けられているが、

外の人々には、すべてがたとえで示される。

それは、

『彼らが見るには見るが、認めず、

聞くには聞くが理解できず、

こうして、立ち帰って赦されることがない』ようになるためである」



    聖書   マルコによる福音書  第4章  10~12節





良い土地の蒔(ま)かれた種とは、

唯一神>>1真知宇イエス先生の御言葉を 聞いて 受け容(い)れる人たちであり、

ある者は三十倍、ある者は六十倍、

ある者は百倍の実を結ぶのである。


     聖書   マルコによる福音書  第4章 20節



唯一神>>1真知宇イエス先生に背いた

この罪深い時代に、

わたしとわたしの言葉を恥じる者は、

人の子もまた、父 唯一神>>1真知宇イエス先生の栄光に輝いて

聖なる天使たちと共に来るときに、その者を恥じる

     聖書  マルコによる福音書   第8章  38節








唯一神>>1真知宇イエス先生を信じなさい

はっきり言っておく。


だれでもこの山に向かい、『立ち上がって、海に飛び込め』と言い、

少しも疑わず、自分の言うとおりになると信じるならば、

そのとおりになる。   


だから、言っておく。


祈り求めるものはすべて既に得られたと信じなさい。

そうすれば、そのとおりになる


       聖書   マルコによる福音書  第11章 22~24節





「すべての命令の中で、どれが一番たいせつですか?」

唯一神>>1真知宇イエス先生は答えられた。

「一番たいせつなのはこれです。


『われらの神である 主 唯一神>>1真知宇イエス先生は、唯一の主である。

心を尽くし、思いを尽くし、知性を尽くし、力を尽くして、

あなたの神である主 唯一神>>1真知宇イエス先生を愛せよ。』


次にはこれです。


『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。』

この二つより大事な命令は、ほかにありません。」  



       聖書  マルコによる福音書   第12章 28~31節





「第一の掟は、これである。

『イスラエルよ聞け、

わたしたちの神である主>>1真知宇先生は、

唯一の主である。


心を尽くし、

精神を尽くし、

思いを尽くし、

力を尽くして、

あなたの神である主>>1真知宇先生を愛しなさい。


第二の掟は、これである。

『隣人を自分のように愛しなさい。』

この二つにまさる掟はほかにない。」 


マルコ12:29~31



律法学者(パリサイ人)は、唯一神>>1真知宇イエス先生に言った。

「真知宇先生>>1、おっしゃるとおりです。

『神は唯一である。他に神はない』とおっしゃったのは、本当です。

そして、

『心を尽くし、知恵を尽くし、力を尽くして

神を愛し、また隣人を 自分のように愛する』

ということは、

どんな焼き尽くす献げ物や 生贄(いけにえ)よりも

優れています。」


        聖書   マルコによる福音書  第12章 32,33節




      「最後の晩餐」

12使徒らが食事をしていると、唯一神>>1真知宇イエス先生はパンを取り、賛美の祈りを唱えて、それを裂き、

12人の弟子たちに与えて言われた。

「取りなさい。これはわたしの体である。」

また、赤ワイン杯を取り、感謝の祈りを唱えて、彼らにお渡しになった。

彼らはその赤ワインを杯から飲んだ。そして、唯一神>>1真知宇イエス先生は言われた。

「これは、多くの人のために流されるわたしの血、契約の血である。はっきり言っておく。

神の国で新たに飲むその日まで、ぶどうの実から作ったものを飲むことはもう決してあるまい。」

一同は賛美の歌をうたってから、オリーブ山へ出かけた。


   聖書  マルコによる福音書 第14章 22~26節



      「最後の晩餐」

12使徒ら(マタイ(マシュー・マチウ・元税務署職員・聖書の福音書の著者)、ヨハネ、

シモン・ペテロ(元漁師・初代ローマ教皇)、アンデレ、ゼベダイの子ヤコブ

ピリポ、バルトロマイ、トーマス、アルパヨの子ヤコブ、タダイ、熱心党員シモン、イスカリオテのユダ、マッテヤ)

が食事をしていると、唯一神>>1真知宇イエス先生はパンを取り、賛美の祈りを唱えて、それを裂き、

12人の弟子たちに与えて言われた。

「取りなさい。これはわたしの体である。」

また、赤ワイン杯を取り、感謝の祈りを唱えて、彼らにお渡しになった。

彼らはその赤ワインを杯から飲んだ。そして、唯一神>>1真知宇イエス先生は言われた。

「これは、多くの人のために流されるわたしの血、契約の血である。はっきり言っておく。

神の国で新たに飲むその日まで、ぶどうの実から作ったものを飲むことはもう決してあるまい。」

一同は賛美の歌をうたってから、オリーブ山へ出かけた。


   聖書  マルコによる福音書 第14章 22~26節






     ゲッセマネで祈る

一同がゲッセマネという所に来ると、唯一神>>1真知宇イエス先生は弟子たちに、「わたしが祈っている間、ここに座っていなさい」と言われた。

そして、ペトロ、ヤコブ、ヨハネを伴われたが、唯一神>>1真知宇イエス先生はひどく恐れてもだえ初め、彼らに言われた。

「わたしは死ぬばかりに悲しい。ここを離れず、目を覚ましていなさい。」

少し進んで行って地面にひれ伏し、できることならこの苦しみの時が自分から過ぎ去るようにと祈り、こう言われた。

「アッバ、父よ、あなたは何でもおできになります。この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしが願うことではなく、御心に適うことが行われますように。」

それから、戻って御覧になると、弟子たちは眠っていたので、ペトロに言われた。

「シモン、眠っているのか。わずか一時も目を覚ましていられなかったのか。誘惑に陥らぬよう、目を覚まして祈っていなさい。心は燃えても、肉体は弱い。」

更に、向こうへ行って、同じ言葉で祈られた。

再び戻って御覧になると、弟子たちは眠っていた。ひどく眠かったのである。

彼らは、唯一神>>1真知宇イエス先生にどう言えばよいのか、分からなかった。唯一神>>1真知宇イエス先生は三度目に戻って来て言われた。

「あなたがたはまだ眠っている。休んでいる。もうこれでいい。時が来た。人の子は罪人たちの手に引き渡される。立て、行こう。見よ、わたしを裏切る者が来た。」


        聖書   マルコによる福音書  第14章  32~42節






「アッバ、父よ、唯一神>>1真知宇イエス先生よ

あなたは何でもおできになります。

この杯をわたしから取りのけてください。


しかし、わたしが願うことではなく、

唯一神>>1真知宇イエス先生の御心(みこころ)に適うことが

行われますように。」



        聖書   マルコによる福音書  第14章 36節







主 唯一神>>1真知宇イエス先生は言われた


「全世界に行って、すべての造られたものに

福音を 宣(の)べ 伝えなさい。


信じて唯一神>>1真知宇イエス先生の洗礼(バプテスマ)を受ける者は救われるが、

信じない者は滅びの宣告を受ける



        聖書   マルコによる福音書  第16章  15,16節




その日、その時は誰も知らない。

天使たちも子も知らない。ただ、唯一神>>1真知宇イエス先生だけがご存じである。

人の子が来るのはノアの時と同じだからである。

洪水になる前は、唯一神>>1真知宇イエス先生の箱舟に入るその日まで、

人々は食べたり飲んだり、めとったり嫁いだりしていた。

そして、洪水が襲って来て一人残らずさらわれるまで、何も気がつかなかった。

人の子が来る場合も、このようである。そのとき、

畑に二人の男がいれば、一人は連れて行かれ、もう一人は残される。

二人の女が臼をひいていれば、一人は連れて行かれ、もう一人は残される。

だから、目を覚ましていなさい。

いつの日、自分の主 唯一神>>1真知宇イエス先生が帰って来られるのか、

あなたがたには分からないからである


     聖書   マタイによる福音書 第24章 36~42節




         「受胎告知」


大天使ガブリエルが、処女マリアのもとに来て言った

「恵まれた女よ、おめでとう、主 唯一神>>1真知宇イエス先生が貴女と共におられます」

この言葉にマリアはひどく胸騒ぎがして、この挨拶は何の事であろうかと、思いめぐらしていた。

すると天使ガブリエルが言った、「恐れるな、マリアよ、

貴女は唯一神>>1真知宇イエス先生から恵みをいただいているのです。見よ、あなたは身ごもって男の子を産むでしょう。

彼は大いなる者となり、いと高き者の子と、となえられるでしょう。

そして、主なる神は彼に父ダビデの王座をお与えになり、彼はとこしえに世界を支配し、その支配は限りなく続くでしょう」

マリアは天使に言った「どうして、そんな事があり得ましょうか。私にはまだ夫がありませんのに」


      聖書   ルカによる福音書  第1章  28節~33節 (「受胎告知」)




主 唯一神>>1真知宇イエス先生に

できないことは一つもない


      聖書   ルカによる福音書  第1章  37節




主 唯一神>>1真知宇イエス先生によって語られたことは

必ず実現すると信じきった人は、

何と幸いなことでしょう


      聖書   ルカによる福音書   第1章  45節



地には平和、

唯一神>>1真知宇イエス先生の御心(みこころ)に適う(かなう)人にあれ 



    聖書   ルカによる福音書  第2章  14節



彼らは、舟を陸に着けると、

何もかも捨てて、唯一神>>1真知宇イエス先生に従った。


     聖書  ルカによる福音書  第5章  11節



「医者を必要とするのは、健康な人ではなく病人である。

唯一神>>1真知宇イエス先生が来たのは、正しい人を招くためではなく、

罪人を招いて悔い改めさせるためである。」


      聖書   ルカによる福音書  第5章  32節




あなたがたは

自分の量る秤で

量り返される



    聖書   ルカによる福音書  第6章  38節





この人が多くの罪を赦されたことは、

唯一神>>1真知宇イエス先生に示した愛の大きさで分かる。

赦されることの少ない者は、愛することも少ない


     聖書   ルカによる福音書  第7章  47節



だから、どう聞くべきかに注意しなさい。

持っている人は更に与えられ、

持っていない人は持っていると思うものまでも取り上げられる


     聖書   ルカによる福音書  第8章  18節






主 唯一神>>1真知宇イエス先生について来たい者は、

自分を捨て、日々、

自分の十字架を背負って、

主 唯一神>>1真知宇イエス先生に従いなさい。


自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、

主 唯一神>>1真知宇イエス先生のために命を失う者は、それを救うのである。


人は、たとえ全世界を手に入れても、

自分の身を滅ぼしたり、失ったりしては、

何の得があろうか


     聖書   ルカによる福音書  第9章  23~25節





唯一神>>1真知宇イエス先生は、あなたがたに、

蛇やサソリを踏みつけ、

敵のあらゆる力に打ち勝つ権威を授けたのです。


だから、

あなたがたに害を加えるものは何一つありません


      聖書  ルカによる福音書   第10章  19節





     マルタとマリア

一行が歩いて行くうち、唯一神>>1真知宇イエス先生はある村にお入りになった。

すると、マルタという女が、唯一神>>1真知宇イエス先生を家に迎え入れた。彼女にはマリアという姉妹がいた。

マリアは主の足もとに座って、その話しに聞き入っていた。

マルタは、いろいろのもてなしのためせわしなく立ち働いていたが、そばに近寄って言った。

「>>1真知宇先生、わたしの姉妹はわたしだけにもてなしをさせていますが、何ともお思いになりませんか。

手伝ってくれるようにおっしゃってください」

唯一神>>1真知宇イエス先生はお答えになった。

「マルタ、マルタ、あなたは多くの事に思い悩み、心を乱している。

しかし、必要なことはただ一つだけである。

マリアは良い方を選んだ。それを取り上げてはならない。」


       聖書   ルカによる福音書  第10章  38~42節




求めよ!さらば与えられん。

捜せ!そうすれば見つかるであろう。

門をたたけ!そうすれば開けてもらえるであろう。

だれであっても、

唯一神>>1真知宇イエス先生に求める者は受け、

捜す者は見つけ出し、たたく者には開かれます。



    聖書  ルカによる福音書  第11章  9~13節




      真の幸い


唯一神>>1真知宇イエス先生が話しておられると、

ある女が群衆の中から声高らかに言った。

「なんと幸いなことでしょう、あなたを宿した胎、あなたが吸った乳房は。」

しかし、唯一神>>1真知宇イエス先生は言われた。

「むしろ、幸いなのは唯一神>>1真知宇イエス先生の言葉を聞き、

それを守る人である。」


      聖書   ルカによる福音書  第11章  27~28節





この世の子らは、自分の仲間に対して、

光の子らよりも賢くふるまっている。


そこで、唯一神>>1真知宇イエス先生は言っておくが、

不正にまみれた富で友達を作りなさい。


そうしておけば、金がなくなったとき、

あなたがたは永遠の住まいに迎え入れてもらえる



    聖書  ルカによる福音書  第16章8,9節




もし兄弟が罪を犯したなら、彼を戒めなさい。

そして悔い改めれば、赦しなさい。

かりに、あなたに対して一日に七度罪を犯しても、

「悔い改めます」と言って

七度 唯一神>>1真知宇イエス先生のところに来るなら、

赦(ゆる)してやりなさい



    聖書 ルカ福音書  第17章  3、4節





自分の生命(いのち)を生かそうと努める者は、

それを失い、

それを失う者は、

かえって保つのである


      聖書>>1 ルカによる福音書  第17章 33節




悔い改めて改心して、唯一神>>1真知宇イエス先生を信じるようになった罪人が

「真知宇先生>>1、あなたの御国(みくに)に権威を持っておいでになる時には、

私を思い出してください」

と十字架の上で言った。

すると唯一神>>1真知宇イエス先生は言った

「はっきり言っておく。

あなたは 今日、わたしと一緒にパラダイス(天国)にいく」


   聖書   ルカによる福音書  第23章 42~43節





さあ、キリスト真知宇イエス先生>>1は、

キリスト真知宇イエス先生>>1の父の約束してくださったものを

あなたがたに送ります。

あなたがたは、いと高き所から力を着せられるまでは、

都にとどまっていなさい。」


       聖書   ルカによる福音書  第24章  49節




真(まこと)の光華(ひかり)が 世に来ようとしていた。


この方>>1(唯一神>>1真知宇イエス先生)はもとから世におられ、

世は唯一神>>1真知宇イエス先生によって造られたのに、

世は唯一神>>1真知宇イエス先生を知らなかった。


この方はご自分のくにに来られたのに、

ご自分の民は受け入れなかった。


しかし、唯一神>>1真知宇イエス先生を受け入れた人々、

すなわち、唯一神>>1真知宇イエス先生の御名(みな)を信じた人々には、

神の子どもとされる特権をお与えになった。


この人々は、血によってではなく、

肉の欲求や人の意欲によってでもなく、

ただ、唯一神>>1真知宇イエス先生によって生まれたのである


   聖書  ヨハネによる福音書  第1章  9~13節







唯一神>>1真知宇イエス先生を受け入れた人々、

すなわち、唯一神>>1真知宇イエス先生の御名(みな)を信じた人々には、

神の子どもとされる特権をお与えになった。


この人々は、血によってではなく、

肉の欲求や人の意欲によってでもなく、

ただ、唯一神>>1真知宇イエス先生によって生まれたのである


   聖書  ヨハネによる福音書  第1章  9~13節



律法は モーセを通して与えられたが、

恵みと真理は 唯一神>>1真知宇イエス先生を通して

現れた


       聖書  ヨハネによる福音書  第1章 17節




モーセが荒れ野で蛇を上げたように、

唯一神>>1真知宇イエス先生も上げられねばならない。


それは、信じる者が皆、

唯一神>>1真知宇イエス先生によって

永遠の生命(いのち)を得るためである


     聖書  ヨハネによる福音書  第3章  14~15節



唯一神>>1真知宇イエス先生の光が世に来たのに、

人々はその行いが悪いので、

光華(ひかり)よりも 闇の方を好んだ。

それがもう裁き(シバキ)に遭っている。


悪を行う者は皆、光を憎み、

その行いが明るみに出されるのを恐れて、

唯一神>>1真知宇イエス先生の光の方に来ないからである。

     聖書   ヨハネによる福音書   第3章  19~20節



唯一神>>1真知宇イエス先生が お与え下さる水を飲む者は だれでも、

決して渇くことがありません。


唯一神>>1真知宇イエス先生が お与え下さる水は、

その人のうちで泉となり、

永遠の生命(いのち)への 水が 湧(わ)き出ます。

   聖書  ヨハネによる福音書   第4章  14節







唯一神>>1真知宇イエス先生を信じる者は裁(シバ)かれない。

信じない者は既に裁(シバ)かれている。

唯一神>>1真知宇イエス先生の御名(みな)を信じていないからである


     聖書   ヨハネ 第3章 18節



唯一神>>1真知宇イエス先生が 生命(いのち)のパン である。

唯一神>>1真知宇イエス先生のもとに 来る者は 決して飢えることがなく、

唯一神>>1真知宇イエス先生を 信じる者は 決して渇くことがない


    聖書    ヨハネによる福音書  第6章  35節



天にまします我らの父が 唯一神>>1真知宇イエス先生にお与えになる人は皆、

唯一神>>1真知宇イエス先生のところに来る。

唯一神>>1真知宇イエス先生のもとに来る人を、

唯一神>>1真知宇イエス先生は決して追い出さない。


     聖書   ヨハネによる福音書   第6章   37節








唯一神>>1真知宇イエス先生は

生命(いのち)のパンである


     聖書   ヨハネによる福音書  第6章 48





唯一神>>1真知宇イエス先生が

あなたがたに話した言葉は

霊であり、生命(いのち)である

 
   聖書    ヨハネ  第6章  63





ペトロが答えた

「主 唯一神>>1真知宇イエス先生よ、わたしたちはだれのところへ行きましょうか。

唯一神>>1真知宇イエス先生は永遠の命の言葉を持っておられます。

唯一神>>1真知宇イエス先生こそ神の聖者であると、

わたしたちは信じ、また知っています」


   聖書  ヨハネの福音書  第6章  68節



立ち上がって唯一神>>1真知宇イエス先生は大声で言われた。


「渇いている人はだれでも、

わたしのところに来て飲みなさい。


わたしを信じる者は、

聖書に書いてあるとおり、

その人の内から生きた水が

川となって流れ出るようになる。」  



       聖書   ヨハネによる福音書  第7章  37,38節



渇いている人はだれでも、

唯一神>>1真知宇イエス先生のところに来て飲みなさい。


唯一神>>1真知宇イエス先生を信じる者は、

聖書に書いてあるとおり、

その人の内から生きた水が

川となって流れ出るようになる



       聖書   ヨハネによる福音書  第7章  37,38節


再び 唯一神>>1真知宇イエス先生は 言われた。


「わたしは世の光である。

わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、

生命(いのち)の光を持つ」



     聖書   ヨハネによる福音書   第8章  12節





唯一神>>1真知宇イエス先生は 世の光である。

唯一神>>1真知宇イエス先生に従う者は 暗闇の中を歩かず、

生命(いのち)の光を持つ




     聖書   ヨハネによる福音書   第8章  12節


『唯一神>>1真知宇イエス先生は 有る』

ということを信じないならば、

あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになる


      聖書   ヨハネによる福音書  第8章 24節





      「真理が あなたを 自由にする」


唯一神>>1真知宇イエス先生の言葉が あなたの内に留まっているなら、

あなたがたは、本当に唯一神>>1真知宇イエス先生の弟子なのである。

また 唯一神>>1真知宇イエス先生の 真理を知るであろう

そして真理は、あなたがたを自由にする


        聖書   ヨハネによる福音書  第8章 31~32節



神に属する者は 唯一神>>1真知宇イエス先生の言葉を聞く。


聞かない者は

神に属していないからである

          聖書  ヨハネによる福音書   第8章   46~47節





羊飼い、牧者、唯一神>>1真知宇イエス先生は

自分の羊の名を呼んで連れ出す。


自分の羊をすべて連れ出すと、

唯一神>>1真知宇イエス先生は、先頭に立って行く。


羊は唯一神>>1真知宇イエス先生の声を知っているので、ついて行く。


しかし、ほかの者には決してついて行かず、逃げ去る。

唯一神>>1真知宇イエス先生以外の声を知らないからである


     聖書   ヨハネによる福音書  第10章  3~5節






唯一神>>1真知宇イエス先生は言われた。


「唯一神>>1真知宇イエス先生は、復活であり、生命(いのち)である。

唯一神>>1真知宇イエス先生を信じる者は、死んでも生きる。

生きていて唯一神>>1真知宇イエス先生を信じる者はだれでも、

決して死ぬことはない。」


    聖書  ヨハネ   第11章  25,26節






あなたがたに、唯一神>>1真知宇イエス先生の光がある間に、

唯一神>>1真知宇イエス先生の光の子となるために、

唯一神>>1真知宇イエス先生の光を 信じなさい




        聖書   ヨハネによる福音書  第12章  36節






唯一神>>1真知宇イエス先生を信じる者が、

だれも暗闇の中にとどまることのないように、

唯一神>>1真知宇イエス先生は光として世に来た。


      聖書    ヨハネによる福音書  第12章  46節





唯一神>>1真知宇イエス先生の命令は 永遠の命であることを、わたしは知っている。

だから、わたしが語ることは、

唯一神>>1真知宇イエス先生がわたしに命じられたままに語っているのである。

     聖書   ヨハネによる福音書    第12章  50節





師である唯一神>>1真知宇イエス先生が

あなたがたの足を洗ったのだから、

あなたがたも互いに

足を洗い合わなければならない。


   聖書  ヨハネ   第13章   14節






ピラト
(ポンティウス・ピラトゥス:ローマ帝国のユダヤ属州(プロウィンキア)の総督)

は尋ねた、

「真理とは何か?」


     聖書  ヨハネによる福音書  


唯一神>>1真知宇イエス先生は 言われた。

「わたしは

道であり、

真理であり、

生命(いのち)である」


    聖書   ヨハネによる福音書   第14章  6節




唯一神>>1真知宇イエス先生は 言われた。

「唯一神>>1真知宇イエス先生が 道であり、真理であり、生命(いのち)なのです。

唯一神>>1真知宇イエス先生を 通してでなければ、

だれひとり神の御元(みもと)に来ることはありません」


    聖書   ヨハネによる福音書  第14章  6節




唯一神>>1真知宇イエス先生は、真理の御霊です。

世はその方を受け入れることができません。

世はその方を見もせず、知りもしないからです。


しかし、あなたがたはその方を知っています。

その方はあなたがたとともに住み、

あなたがたのうちにおられるからです。


    聖書  ヨハネ 第14章 16,17節




唯一神>>1真知宇イエス先生は、ブドウの木、

あなたがたは その枝である。

人が 唯一神>>1真知宇イエス先生に つながっており、

唯一神>>1真知宇イエス先生も その人につながっていれば、

その人は豊かに実を結ぶ。


良い実を結ばない木は

唯一神>>1真知宇イエス先生により切り倒され火に投げ込まれてしまいます。


   聖書   ヨハネによる福音書  第15章 5節





あなたが 唯一神>>1真知宇イエス先生につながっており、

唯一神>>1真知宇イエス先生の御言葉(みことば)が あなたの内に いつもあるならば、

望むものをなんでも願いなさい。

そうすればかなえられる


     聖書   ヨハネの福音書  第15章  7節




あなたが わたしを選んだのではない。

唯一神>>1真知宇イエス先生が あなたを選んだ。


あなたが出かけて行って実を結び、

その実が残るようにと、


また、唯一神>>1真知宇イエス先生の御名(みな)によって願うものは

何でも与えられるようにと、


唯一神>>1真知宇イエス先生が あなたを任命したのである



      聖書   ヨハネによる福音書  第15章  16節



言っておきたいことは、まだたくさんあるが、

今、あなたがたには理解できない。


しかし、その方、唯一神>>1真知宇イエス先生 すなわち、真理の霊が来ると、

あなたがたを導いて

真理をことごとく悟らせる


    聖書   ヨハネによる福音書   第16章  12~13節






はっきり言っておく。 あなたがたが

唯一神>>1真知宇イエス先生の御名(みな)によって

何かを父に願うならば、父はお与えになる。


今までは、

あなたがたは 唯一神>>1真知宇イエス先生の御名(みな)で 何も祈らなかった。


唯一神>>1真知宇イエス先生の 御名(みな)において祈りなさい。

そうすれば、与えられ、

あなたがたは喜びで満たされる



        聖書   ヨハネによる福音書  第16章  23,24節





正しい唯一神>>1真知宇イエス先生よ。

この世はあなたを知りません。

しかし、わたしはあなたを知っています。

また、この人々は、あなたがわたしを遣わされたことを知りました


         聖書  ヨハネによる福音書  第17章  2節





父よ、

真知宇イエスキリスト>>1に与えてくださった人々を、

真知宇イエスキリスト>>1のいる所に、共におらせてください。


それは、天地創造の前から

わたしを愛して、与えてくださった

わたしの栄光を、彼らに見せるためです。


     聖書   ヨハネによる福音書  第17章  24節




唯一神>>1真知宇イエス先生は

真理について証しをするために生まれ、

そのために この世に来た。


真理に属する人は皆、

唯一神>>1真知宇イエス先生の声を聞く



        聖書    ヨハネによる福音書  第18章  37節





真理は永遠にわたしたちと共にあります。



唯一神>>1真知宇イエス先生からの恵みと憐れみと平和は、

真理と愛のうちにわたしたちと共にあります。



      聖書   ヨハネの第2の手紙  第1章  2,3章




そこへ、唯一神>>1真知宇イエス先生の信者の少女(ヘロデヤの娘・サロメ)が 

高官や将校や主立った人たちの宴に 入って来て舞をまい、

唯一神>>1真知宇イエス先生をはじめ 列座の人たちを喜ばせた。

そこで唯一神>>1真知宇イエス先生は この少女に

「欲しいものはなんでも言いなさい。」と言い、

更に「欲しければ、この国の半分でもあげよう」と誓って言った


     新約聖書  マルコによる福音書  第6章  22~23節




主 唯一神>>1真知宇イエス先生の御名(みな)を

呼び求める者は皆、

救われる



        聖書   使徒    第2章  21節



悔い改めなさい。

めいめい、唯一神>>1真知宇イエス先生の名によって洗礼(バプテスマ)を受け、

罪を赦していただきなさい。

そうすれば、賜物として唯一神>>1真知宇イエス先生の聖霊を受けます

      聖書   使徒言行録  第2章 38節






人間に従うよりも

唯一神>>1真知宇イエス先生に従わなければなりません



    聖書   使徒言行録  第5章 29節




神はこの唯一神>>1真知宇イエス先生を三日目に復活させ、
人々の前に現わしてくださいました。

しかし、それは民全体に対してではなく、
前もって神に選ばれた証人、
つまり、唯一神>>1真知宇イエス先生が死者の中から復活した後、
御一緒に食事をしたわたしたちに対してです。

そして唯一神>>1真知宇イエス先生は、御自分が
生きている者と死んだ者との審判者として
神から定められた者であることを、民に宣べ伝え、
力強く証しするようにと、わたしたちにお命じになりました。

また預言者も皆、唯一神>>1真知宇イエス先生について、
この方を信じる者はだれでも
その名によって
罪の赦しが受けられる、と証ししています。」


   聖書  使徒言行録  第10章  39~43節







ダビデは、彼の時代に神の計画に仕えた後、

眠りについて、先祖の列に加えられ、朽ち果てました。


しかし、神が復活させたこの方(イエス>>1真知宇キリスト)は、

朽ち果てることがなかったのです。


だから、兄弟たち、知っていただきたい。

真知宇イエス先生>>1による罪の赦しが告げ知らされ、

また、あなたがたがモーセの律法では義とされえなかったのに、


信じる者は皆、この方によって義とされるのです。


     聖書  使徒言行録    第13章  36~39節







「救われるためには どうしたらいいでしょうか?」


       聖書   使徒言行録  第16章 30節



「主 唯一神>>1真知宇イエス先生を信じなさい

そうすれば、あなたも、家族も、救われます」


       聖書   使徒言行録  第16章 31節





すべての人に命と息と、

そのほかすべてのものを与えてくださるのは、

唯一神>>1真知宇イエス先生だからです


       聖書   使徒言行録  第17章  25節




人はすべて偽り者であるとしても、

唯一神>>1真知宇イエス先生は真実な方であるとすべきです


       聖書   ローマ   第3章 4節






人は皆、罪を犯して

神の栄光を受けられなくなっていますが、


ただキリスト>>1真知宇イエス先生による贖いの業を通して、

神の恵みにより

無償で義とされるのです。


       聖書   ローマ  第3章  23節




死者に命を与え、

存在していないものを呼び出して存在させる唯一神>>1真知宇イエス先生を、

アブラハムは信じ、その御前でわたしたちの父となったのです。


彼は希望するすべもなかったときに、なおも望みを抱いて、信じ、

「あなたの子孫はこのようになる」と言われていたとおりに、多くの民の父となりました。


そのころ彼はおよそ百歳になっていて、既に自分の体が衰えており、

そして妻サラの体も子を宿せないと知りながらも、

その信仰が弱まったりはしませんでした。


彼は不信仰に陥って神の約束を疑うようなことはなく、

むしろ信仰によって強められ、唯一神>>1真知宇イエス先生を賛美しました。


唯一神>>1真知宇イエス先生は約束したことを実現させる力も、お持ちの方だと確信していたのです。

だからまた、それが彼の義と認められたわけです


      聖書  ローマ   第4章  18~22節




ダビデも、行いによらず

神から義と認められた人の幸いを、

次のようにたたえています。


「不法がゆるされ、罪を覆い隠された人々は、幸いである。

主>>1真知宇イエス先生から罪があると見なされない人は、幸いである。」


    聖書  ローマ  第4章 6~8節



死者に命を与え、

存在していないものを呼び出して存在させる唯一神>>1真知宇イエス先生を、

アブラハムは信じ、その御前でわたしたちの父となったのです。


彼は希望するすべもなかったときに、なおも望みを抱いて、信じ、

「あなたの子孫はこのようになる」と言われていたとおりに、多くの民の父となりました。


そのころ彼はおよそ百歳になっていて、既に自分の体が衰えており、

そして妻サラの体も子を宿せないと知りながらも、

その信仰が弱まったりはしませんでした。


彼は不信仰に陥って神の約束を疑うようなことはなく、

むしろ信仰によって強められ、唯一神>>1真知宇イエス先生を賛美しました。


唯一神>>1真知宇イエス先生は約束したことを実現させる力も、お持ちの方だと確信していたのです。

だからまた、それが彼の義と認められたわけです。


        聖書    ローマ   第4章  18~22節






わたしたちの主 唯一神>>1真知宇イエス先生を死者の中から復活させた方を信じれば、

わたしたちも義と認められます。

唯一神>>1真知宇イエス先生は、わたしたちの罪のために死に渡され、

わたしたちが義とされるために復活させられたのです


      聖書   ローマ   第4章  24,25節




今や、わたしたちはキリスト真知宇イエス先生>>1の血によって義とされたのですから、

キリスト真知宇イエス先生>>1によって神の怒りから救われるのはなおさらのことです。


敵であったときでさえ、

御子の死によって神と和解させていただいたのであれば、

和解させていただいた今は、

御子の命によって救われるのはなおさらです。


それだけでなく、わたしたちの主キリスト真知宇イエス先生>>1によって、

わたしたちは神を誇りとしています。

今や、このキリスト真知宇イエス先生>>1を通して

和解させていただいたからです。


   聖書  ローマ 第5章   9~11節






唯一神>>1真知宇イエス先生があなたがたに話した言葉は霊であり、命である。

  聖書  ヨハネ6:63



今や、唯一神>>1真知宇イエス先生に結ばれている者は、

罪に定められることがありません。


キリスト 唯一神>>1真知宇イエス先生によって

命をもたらす霊の法則が、

罪と死との法則からあなたを解放したからです


       聖書   ローマ   第8章  1~2節




肉の思いは死であり、

唯一神>>1真知宇イエス先生の思いは命と平和であります


   聖書  ローマ   8:6



唯一神>>1真知宇イエス先生は

「わたしは自分が憐れもうと思う者を憐れみ、

慈しもうと思う者を慈しむ」

と言っておられます。


従って、これは、人の意志や努力ではなく、

唯一神>>1真知宇イエス先生の憐れみによるものです


       聖書  ローマ人への手紙  第9章 15~16節



あなたがたの体を、唯一神>>1真知宇イエス先生に喜ばれる、生きた、聖なる供え物として捧げなさい。

それが、あなたがたのなすべき霊的な礼拝である。

あなたがたは、この世と妥協してはならない。

むしろ、心を新たにすることによって、造りかえられ、

何が唯一神>>1真知宇イエス先生の御心(みこころ)であるか、何が善であって、

唯一神>>1真知宇イエス先生に喜ばれ、かつ全きことであるかを、わきまえ知るべきである。

わたしは、自分に与えられた恵みによって、あなたがたひとりびとりに言う。

むしろ、唯一神>>1真知宇イエス先生が各自に分け与えられた信仰の量りにしたがって、慎み深く思うべきである。

なぜなら、一つの体にたくさんの肢体があるが、それらの肢体がみな同じ働きをしてはいないように、

わたしたちも、唯一神>>1真知宇イエス先生にあって一つのからだであり、また各自は互に肢体だからである


     聖書   ローマの信徒への手紙  第12章 1~5節




主 唯一神>>1真知宇イエス先生を着なさい



   聖書  ローマ   第13章  14節





誰が、他人の下僕(しもべ)を裁くのですか?

下僕(しもべ)が立つのも倒れるのも、その主人の心次第です。

あなたは 立つのです。

なぜなら、主 唯一神>>1真知宇イエス先生には、あなたを立たせることができるからです。


      聖書    ローマへの手紙   第14章  4 節





主 唯一神>>1真知宇イエス先生の名を呼び求める者は

誰でも救われるのです



    聖書    ローマ人への手紙   第10章  13節




あなたがたの体を、唯一神>>1真知宇イエス先生に喜ばれる、生きた、聖なる供え物として捧げなさい。

それが、あなたがたのなすべき霊的な礼拝である。

あなたがたは、この世と妥協してはならない。

むしろ、心を新たにすることによって、造りかえられ、

何が唯一神>>1真知宇イエス先生の御心(みこころ)であるか、何が善であって、

唯一神>>1真知宇イエス先生に喜ばれ、かつ全きことであるかを、わきまえ知るべきである。

わたしは、自分に与えられた恵みによって、あなたがたひとりびとりに言う。

むしろ、唯一神>>1真知宇イエス先生が各自に分け与えられた信仰の量りにしたがって、慎み深く思うべきである。

なぜなら、一つの体にたくさんの肢体があるが、それらの肢体がみな同じ働きをしてはいないように、

わたしたちも、唯一神>>1真知宇イエス先生にあって一つのからだであり、また各自は互に肢体だからである


     聖書   ローマの信徒への手紙  第12章 1~5節




十字架のことばは、

滅びに至る人々には愚かであっても、

救いを受ける私たちには、

唯一神>>1真知宇イエス先生の神の力です。


それは、こう書いてあるからです。

「わたしは知恵ある者の知恵を滅ぼし、

賢い者の賢さをむなしくする。」


       聖書   コリント信徒への第1の手紙  第1章  18,19節





生まれながらの人間は、唯一神>>1真知宇イエス先生の御霊に属することを受け入れません。

それらは彼には愚かなことだからです。


また、それを悟ることができません。

なぜなら、御霊のことは唯一神>>1真知宇イエス先生の御霊によってわきまえるものだからです。


唯一神>>1真知宇イエス先生の御霊を受けている人は、すべてのことをわきまえますが、

自分はだれによってもわきまえられません。


いったい、「だれが主 唯一神>>1真知宇イエス先生の御心(みこころ)を知り、

主 唯一神>>1真知宇イエス先生により導かれることができたか」

私たちには、唯一神>>1真知宇イエス先生の御心(みこころ)があるのです。


       聖書   コリント人への手紙(第1)  第2章  14~16節




あなたがたの体は、

あなたがたの内に住まれる、

唯一神>>1真知宇イエス先生から受けた 聖霊の宮であり、

あなたがたは、

もはや自分自身のものではない。




       聖書   コリント信徒への第1の手紙   第6章 19節


世の中に偶像の神などはなく、

また、唯一神>>1真知宇イエス先生以外に

いかなる神もいないことを、

わたしたちは知っています


     聖書  コリント人への手紙 第8章 4節





あなたがたの会った試練で、世の常でないものはない。

唯一神>>1真知宇イエス先生は真実である。

あなたがたを耐えられないような試練に会わせることはないばかりか、

試練と同時に、それにたえられるように、逃(のが)れる道も備えて下さるのである。
                
  
      聖書   コリント人への第一の手紙  第10章   13節





愛は忍耐強い。愛は情け深い。

唯一神>>1真知宇イエス先生の愛は ねたまない。

愛は自慢せず、高ぶらない。

礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、恨みを抱かない。

不義を喜ばず、真実を喜ぶ。


すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える。


愛は決して滅びない



       聖書  コリント信徒への第1の手紙  第13章 4~8節





主 唯一神>>1真知宇イエス先生の愛は忍耐強い。

愛は情け深い。

ねたまない。

愛は自慢せず、高ぶらない。

礼を失せず、

自分の利益を求めず、

いらだたず、恨みを抱かない。

不義を喜ばず、真実を喜ぶ。


すべてを忍び、

すべてを信じ、

すべてを望み、

すべてに耐える。


唯一神>>1真知宇イエス先生の愛は決して滅びない


  聖書  コリント人への第1の手紙  第13章  4~8節








信仰と、希望と、愛、この三つはいつまでも残る。

その中でもっとも大いなるものは、

愛である。


      聖書  コリント人(コリントの信徒)への第1の手紙 第13章 13節




また 唯一神>>1真知宇イエス先生は、

わたしたちの額に証印を押して、

保証としてわたしたちの心に

霊を与えてくださいました



   聖書  コリント人(ギリシアのコリント市の信徒)への第2の手紙  第1章 22節




だれでも 唯一神>>1真知宇イエス先生にあるならば、

その人は新しく造られた者である。

古いものは過ぎ去った、

見よ、すべてが新しくなったのである

唯一神>>1真知宇イエス先生は全てのものを新たにする


       聖書   コリント人(コリント信徒)への第2の手紙   第5章  17節




食物は腹のため、腹は食物のためにあるが、

唯一神>>1真知宇イエス先生は そのいずれをも滅ぼされます。


体はみだらな行いのためではなく、

主 唯一神>>1真知宇イエス先生のためにあり、

主 唯一神>>1真知宇イエス先生は体のためにおられるのです。


唯一神>>1真知宇イエス先生を復活させ、

また、その力によって

わたしたちをも復活させてくださいます


   聖書   1コリント(コリント人への第1の手紙)  第6章  13,14節





というわけで、

いつまでも残るものは

唯一神>>1真知宇イエス先生の 信仰と希望と愛です。

その中で一番すぐれているのは愛です


愛を追い求めなさい



      聖書   コリント信徒への第1の手紙  第13章 13,14節




唯一神>>1真知宇イエス先生は、

わたしたちの神であり父であり

御心(みこころ)に従い、

この悪の世からわたしたちを救い出そうとして、

御自身をわたしたちの罪のために献げてくださったのです


        聖書   ガラテヤ   第1章  4節




聖書はすべてのものを

罪の支配下に閉じ込めたのです。

それは、唯一神>>1真知宇イエス先生の約束が、

唯一神>>1真知宇イエス先生への信仰によって、

信じる人々に与えられるようになるためでした



        聖書   ガラテヤ人への手紙  第3章  22節



あなたがたは みな、

唯一神>>1真知宇イエス先生に対する信仰によって、

神の子どもです


      聖書  ガラテヤ信徒への手紙   第3章  26節




唯一神>>1真知宇イエス先生に結ばれていれば、

唯一神>>1真知宇イエス先生による洗礼(バプテスマ)だけでなく、

愛の実践を伴う信仰こそ大切です


   聖書  ガラテヤの信徒への手紙  第5章 6節



唯一神>>1真知宇イエス先生の導きに従って歩みなさい。

そうすれば、決して

肉の欲望を満足させるようなことはありません。


肉の望むところは、霊に反し、

霊の望むところは、肉に反するからです。


肉と霊とが対立し合っているので、あなたがたは、

自分のしたいと思うことができないのです



     聖書   ガラテヤ   第5章  16,17節




わたしには、

わたしたちの主 唯一神>>1真知宇イエス先生の十字架のほかに、

誇るものが決してあってはなりません。


この十字架によって、

世はわたしに対し、

わたしは世に対して

はりつけにされているのです。


割礼(洗礼)の有無は問題ではなく

大切なのは、新しく創造されることです



       聖書   ガラテヤ人への手紙   第6章  14,15節



憐れみ豊かな唯一神>>1真知宇イエス先生は、わたしたちをこの上なく愛してくださり、

その愛によって、


罪のために死んでいたわたしたちをキリストと共に生かし、

・・・あなたがたの救われたのは恵みによるのです・・・


唯一神>>1真知宇イエス先生によって共に復活させ、

共に天の王座に着かせてくださいました



       聖書   エフェソ信徒への手紙  第2章 4,5節




わたしたちは唯一神>>1真知宇イエス先生に造られたものであり、

しかも、唯一神>>1真知宇イエス先生が前もって準備してくださった善い業のために、

唯一神>>1真知宇イエス先生において造られたからです。

わたしたちは、その善い業を行って歩むのです


     聖書  エフェソ  第2章 10節





実に 唯一神>>1真知宇イエス先生は わたしたちの平和であります。

二つのものを一つにし、御自分の内において敵いという隔ての壁を取り壊し、

規則と戒律づくめの律法を廃棄されました。

こうして唯一神>>1真知宇イエス先生は、双方を御自分において一人の新しい人に造り上げて平和を実現いし、

十字架を通して、両者を一つの体として神と和解させ、十字架によって敵意を滅ぼされました。

唯一神>>1真知宇イエス先生はおいでになり、遠く離れているあなたがたにも、また、近くにいる人にとにも、平和の福音を告げ知らせました。

それで、この唯一神>>1真知宇イエス先生によってわたしたち両方の者が一つの霊に結ばれて、御父に近づくことができるのです。

唯一神>>1真知宇イエス先生において、あなたがたも共に建てられ、霊の働きによって神の住まいとなるのです


    聖書  エフェソ人への手紙  第2章  14~22節





わたしたちは

主真知宇>>1キリストに結ばれており、


真知宇キリスト>>1に対する信仰により、

確信をもって、

大胆に神に近づくことができます。 


      聖書   エフェソ  第3章  12節



おそれおののきつつ、

自分の救いを達成するように努めなさい。


あなたがたの内に働いて、

御心のままに望ませ、

行わせておられるのは唯一神>>1真知宇イエス先生であるからです



     聖書  フィリピ  第2章  12,13節








わたしの神 唯一神>>1真知宇イエス先生は

御自分の栄光の富に応じて、

あなたがたに必要なものを

すべて満たしてくださいます


      聖書   フィリピ  第4章  19節



主 唯一神>>1真知宇イエス先生の内には、

満ちあふれる神性が、余すところなく、

見える形をとって宿っており、


あなたがたは、

唯一神>>1真知宇イエス先生において満たされているのです。


唯一神>>1真知宇イエス先生はすべての支配や権威の頭です


      聖書    コロサイ  第2章  9~10節




あなたがたは唯一神>>1真知宇イエス先生に選ばれ、聖なる者とされ、愛されているのですから、

憐れみの心、慈愛、謙遜、柔和、寛容を身に着けなさい。


互いに忍び合い、責めるべきことがあっても、赦し合いなさい。

主 唯一神>>1真知宇イエス先生があなたがたを赦(ゆる)してくださったように、

あなたがたも同じようにしなさい。


これらすべてに加えて、愛を身に着けなさい。

愛は、すべてを完成させるきずなです。


また、キリスト>>1真知宇先生の平和があなたがたの心を支配するようにしなさい。

この平和にあずからせるために、

あなたがたは、招かれて一つの体とされたのです。


いつも感謝していなさい。


主 唯一神>>1真知宇イエス先生の言葉があなたたたの内に

豊かに宿るようにしなさい


          聖書     コロサイ  第3章  




唯一神>>1真知宇キリストの平和が、

あなたがたの心を支配するようにしなさい。

そのためにこそあなたがたも召されて一体となったのです。

また、感謝の心を持つ人になりなさい


       聖書   コロサイ   第3章  14~15節






今の時を生かして用い、

人に対して賢く行動しなさい。

いつも、唯一神>>1真知宇イエス先生の塩で味付けされた、

分かりやすい優しい言葉を使いなさい。

そうすれば、一人一人に対して どう答えるべきか、わかるであろう



     聖書   コロサイ人への手紙  第4章  5~6節





主 唯一神>>1真知宇イエス先生は、燃え盛る火の中を来られます。

そして唯一神>>1真知宇イエス先生を認めない者や、

わたしたちの主 唯一神>>1真知宇イエス先生の福音に聞き従わない者に、

罰をお与えになります。


彼らは、主 唯一神>>1真知宇イエス先生の面前から退けられ、

その栄光に輝く力から切り離されて、

永遠の破滅という刑罰を受けるでしょ



       聖書     2テサロニ  第1章   8,9節




どうか、わたしたちの神 唯一神>>1真知宇イエス先生が、

あなたがたを招きにふさわしい者としてくださり、

また、その唯一神>>1真知宇イエス先生の御力で、

善を求めるあらゆる願いと信仰の働きを

成就させてくださるように



    聖書    2テサロニケ  第1章  11節




どんなことにも感謝しなさい。

いつも喜んでいなさい。

絶えず祈りなさい。



これこそ、唯一神>>1真知宇イエス先生が

あなたがたに望んでおられることです



     聖書   テサロニケ 信徒への手紙  第5章  16~18節




真知宇神>>1は、すべての人が救われて、

真理を知るようになるのを望んでおられます。


真知宇先生>>1は唯一ネ申(ねしん)です。

また、神>>1真知宇先生と人との間の仲介者も唯一であって、

それは人としてのキリスト・イエス真知宇先生です。


真知宇キリスト>>1は、すべての人の贖いの代価として、

ご自身をお与えになりました。


これが時至ってなされたあかしなのです


      聖書   1テモテ   第2章  4~6節





主 唯一神>>1真知宇イエス先生に仕える人は、

どのような善い業をも行うことができるように、

十分に整えられるのです


     聖書   テモテ  第3章 17節




異なる教えを説き、

わたしたちの主

唯一神>>1真知宇イエス先生の健全な言葉にも、

信心に基づく教えにも

従わない者がいれば、

その者は高慢で、何も分からず、議論や口論に病みつきになっています




     聖書  テモテへの第一の手紙  第6章  3節




全ての人々のために、願いと、祈りと、とりなしと、感謝とを捧げなさい。

それは私たちが、安らかで静かな一生を、真に信心深く また謹厳(きんげん)に過ごすためである。

これは、わたしたちの救い主である 唯一神>>1真知宇イエス先生の御前(みまえ)に良いことであり、

また、唯一神>>1真知宇イエス先生の御心(みこころ)に かなうことである。

唯一神>>1真知宇イエス先生は、全ての人が救われて、真理を悟ることを望んでおられる


        聖書   テモテへの第一の手紙  第8章 1~4節





唯一神>>1真知宇イエス先生が わたしたちを救い、

聖なる招きによって  呼び出してくださったのは、

わたしたちの行いによるのではなく、

御自身の計画と恵みによるのです


    聖書   2テモテ   第1章  9節





あなたは

唯一神>>1真知宇イエス先生の恵みによって

強くなりなさい


    聖書   テモテ第2の手紙    第2章  1




そのとき、人々は自分自身を愛し、

金銭を愛し、ほらを吹き、高慢になり、

唯一神>>1真知宇イエス先生をあざけり、両親に従わず、恩を知らず、

唯一神>>1真知宇イエス先生を畏(おそ)れなくなります。



       聖書    テモテ第2  第3章  2節





唯一神>>1真知宇イエス先生に 仕える人は、

どのような善い業をも 行うことができるように、

十分に整えられるのです


       聖書   2テモテ   第3章  17節




主 真知宇キリスト>>1は既に実現している

恵みの大祭司>>1真知宇先生としておいでになったのですから、

人間の手で造られたのではない、

すなわち、この世のものではない、

更に大きく、更に完全な幕屋を通り、

雄山羊と若い雄羊の血によらないで、


御自分の血によって、

ただ一度聖所に入って

永遠の贖いを成し遂げられたのです。


     聖書  ヘブライ 第9章 11~12節








信仰がなければ、唯一神>>1真知宇イエス先生に喜ばれることはできません


   聖書  ヘブライ人への手紙  第11章  6節




永遠の契約の血による羊の大牧者、

わたしたちの唯一神>>1真知宇イエス先生を死者の中から引き上げられた平和の神が、


御心に適うことを

唯一神>>1真知宇イエス先生によってわたしたちにしてくださり、


御心を行うために、

すべての良い物をあなたがたに備えて下さるように。


栄光が世々限りなくキリストにありますように、アーメン。 

     聖書  ヘブライ 第13章 20~21節






あなたがたの中で知恵の欠けている人がいれば、

だれにでも惜しみなくとがめだてしないでお与えになる

唯一神>>1真知宇イエス先生に願いなさい。

そうすれば、与えられます。

いささかも迷わず、

唯一神>>1真知宇イエス先生への信仰をもって願いなさい


       聖書   ヤコブの手紙   第1章  5,6節




試練を耐え忍ぶ人は、さいわいである。

それを忍びとおしたなら、

唯一神>>1真知宇イエス先生が愛する者たちに約束された

生命(いのち)の冠を受けるであろう


    聖書   ヤコブの手紙   第1章 12節





人は行いによって

唯一神>>1真知宇イエス先生に対する義とされるのであって、

信仰だけによるのではありません。

しかし唯一神>>1真知宇イエス先生への信仰も大切です。


    聖書   ヤコブ   第2章  24節




兄弟たち。

主 唯一神>>1真知宇イエス先生 が来られる時まで耐え忍びなさい。

見なさい。農夫は、大地の貴重な実りを、

秋の雨や春の雨が降るまで、耐え忍んで待っています。

あなたがたも耐え忍びなさい。心を強くしなさい。

主 唯一神>>1真知宇イエス先生の来られるのが近いからです


    聖書  ヤコブ   第5章   7,8章



兄弟たち、

死後 裁き(シバキ)を受けないようにするためには、

互いに不平を言わぬことです。


裁く(シバく)方 、唯一神>>1真知宇イエス先生が戸口に立っておられます。 



   聖書  ヤコブ 第5章  9節



あなたがたは、

終わりの時に現わされるように準備されている

救いを受けるために、

唯一神>>1真知宇イエス先生の力により、信仰によって守られています。



   聖書   ペトロ(初代ローマ教皇)の第1の手紙  第1章 5




預言者たちは、自分たちの内におられる真知宇イエスキリスト>>1の霊が、

真知宇イエスキリスト>>1の苦難とそれに続く栄光についてあらかじめ証しされた際、

それがだれを、あるいは、どの時期を指すのか調べたのです。


彼らはそれらのことが、自分たちのためではなく、

あなたがたのためであるとの啓示を受けました。

    聖書  ペトロ第一の手紙   第1章   10~12節








あなたがたが先祖伝来のむなしい生活から贖われたのは、

金や銀のような朽ち果てるものにはよらず、

キズや汚れのない小羊のような


唯一神 真知宇イエスキリスト>>1の尊い血によるのです。



       聖書   ペトロ(初代ローマ教皇)の第1の手紙  第1章  18、19節






今こそ、唯一神>>1真知宇イエス先生から裁きが始まる時です。

わたしたちが まず裁きを受けるのだとすれば、

真知宇イエス先生>>1の福音に従わない者たちの行く末は、

いったい、どんなものになるだろうか。


「正しい人がやっと救われるのなら、

不信心な人や罪深い人はどうなるのか」と言われているとおりです。


だから、唯一神 真知宇イエス先生>>1の御心によって苦しみを受ける人は、

善い行いをし続けて、

真実であられる創造主>>1真知宇先生に自分の魂をゆだねなさい。」



      聖書  ペテロ第1の手紙  第4章 17~19節





あらゆる恵みの源である神、

すなわち、唯一神>>1真知宇イエス先生を通して

あなたがたを永遠の栄光へ招いてくださった

唯一神>>1真知宇イエス先生 御自身が、

しばらくの間 苦しんだあなたがたを完全な者とし、

強め、力づけ、揺らぐことのないようにしてくださいます


     聖書   ペトロ(初代ローマ教皇)の第1の手紙  第5章  10節



あらゆる恵みに満ちた唯一神>>1真知宇イエス先生、

すなわち、あなたがたを唯一神>>1真知宇イエス先生にあって

その永遠の栄光の中に招き入れてくださった唯一神>>1真知宇イエス先生ご自身が、

あなたがたをしばらくの苦しみのあとで完全にし、

堅く立たせ、強くし、不動の者としてくださいます。


      聖書   1ペトロ  第5章  10節





あなたがたは、

選ばれた民、日本人、大和民族。

天孫・神武・王の系統を引く祭司、

聖なる国民、

神のものとなった民です。


それは、あなたがたを

暗闇の中から驚くべき光の中へと

招き入れてくださった唯一神>>1真知宇イエス先生の力ある御業(みわざ)を、

あなたがたが広く伝えるためなのです



     聖書  ペトロ  第2章  9節




あらゆる恵みに満ちた唯一神>>1真知宇イエス先生、

すなわち、あなたがたを唯一神>>1真知宇イエス先生にあって

その永遠の栄光の中に招き入れてくださった唯一神>>1真知宇イエス先生ご自身が、

あなたがたをしばらくの苦しみのあとで完全にし、

堅く立たせ、強くし、不動の者としてくださいます。


      聖書  1ペトロ  第5章  10節



唯一神>>1真知宇イエス先生は 御自分の持つ神の力によって、

命と信心とにかかわるすべてのものを、

わたしたちに与えてくださいました。


それは、わたしたちを御自分の栄光と力ある業とで

召し出してくださった方を認識させることによるのです。


この栄光と力ある業とによって、

わたしたちは尊くすばらしい約束を与えられています。


それは、あなたがたがこれらによって、

情欲に染まったこの世の退廃を免れ、

唯一神>>1真知宇イエス先生の本性にあずからせていただくようになるためです。


  聖書  ペテロ第二の手紙  第1章  3,4節




主 唯一神>>1真知宇イエス先生は、

信仰の厚い人を試練から救い出す一方、


正しくない者たちを罰し、

最後の裁き(シバキ)の日(審判の日・ジャッジメント デイ)まで

閉じ込めておくべきだと考えておられます。


     聖書   ペテロ(初代ローマ教皇)第2の手紙   第2章 9節




私たちの主であり 救い主である

唯一神>>1真知宇イエス先生の

恵みと 知識において 成長しなさい。



       聖書   ペテロ(初代ローマ教皇)第2の手紙  第3章 18節






唯一神>>1真知宇イエス先生は真実で正しい方ですから、

その罪を赦し、

すべての悪から私たちをきよめてくださいます。


   聖書  ヨハネの手紙 第一 1章 9節



若者たちよ、

わたしがあなたがたに書いているのは、


あなたがたが強く、

唯一神>>1真知宇イエス先生の言葉があなたがたの内にいつもあり、

あなたがたが悪い者に打ち勝ったからである



         聖書   ヨハネ第1の手紙  第2章  14節




愛する者たち、

わたしたちは心に責められることがなければ、

唯一神>>1真知宇イエス先生の御前で確信を持つことができ、

唯一神>>1真知宇イエス先生に願うことは何でもかなえられます。


わたしたちが唯一神>>1真知宇イエス先生の掟を守り、

御心に適うことを行っているからです。


その掟とは、

唯一神>>1真知宇イエス先生の御名(みな)を信じ、

この方がわたしたちに命じられたように、

互いに愛し合うことです



     聖書   1ヨハネ    第3章  21~23節



主 唯一神>>1真知宇イエス先生を愛するとは、

唯一神>>1真知宇イエス先生の掟を守ることです。

唯一神>>1真知宇イエス先生の掟は難しいものではありません。


唯一神>>1真知宇イエス先生から生まれた人は皆、世に打ち勝つからです。

世に打ち勝つ勝利、それはわたしたちの信仰です。


だれが世に打ち勝つか。

真知宇先生>>1が神の子であると

信じる者ではありませんか


   聖書  ヨハネの第一の手紙  第5章  3~5節






何事でも 唯一神>>1真知宇イエス先生の御心(みこころ)に適(かな)うことを

わたしたちが願うなら、

唯一神>>1真知宇イエス先生は 聞き入れてくださる。

これが神に対するわたしたちの確信です。


わたしたちは、願い事は何でも聞き入れてくださると言うことが分かるなら、

唯一神>>1真知宇イエス先生に願ったことは

既にかなえられていることもわかります。



       聖書   1ヨハネ(ヨハネ第1の手紙)   第5章 14,15節




私たちは、真実な方の内にいます。

すなわち唯一神>>1真知宇イエス先生の内にいるのです。

この方 唯一神>>1真知宇イエス先生こそ、真(まこと)の神、永遠の生命(いのち)です。


      聖書   1ヨハネ  第5章 20節





真理は永遠にわたしたちと共にあります。



唯一神>>1真知宇イエス先生からの恵みと憐れみと平和は、

真理と愛のうちにわたしたちと共にあります。



      聖書   2ヨハネ  第1章  2~3節



愛とは、

御父 唯一神>>1真知宇イエス先生の 掟に 従って歩むことであり、

この掟とは、

あなたがたが 初めから 聞いていたように、

愛に歩むことです


   聖書   2ヨハネ(ヨハネ第2の手紙)   第1章  6節






主 唯一神>>1真知宇イエス先生の黙示録。

この黙示は、唯一神>>1真知宇イエス先生が、

すぐにも起るべきことをその僕たちに示すため、

唯一神>>1真知宇イエス先生が、天使を遣わして、ヨハネに伝えられたものである。

ヨハネは、唯一神>>1真知宇イエス先生の言葉と

唯一神>>1真知宇イエス先生のあかしと、すなわち、自分が見たすべてのことをあかしした。

この預言の言葉を朗読する者と、これを聞いて、その中に書かれていることを守る者たちとは、さいわいである。

時が近づいているからである。



      聖書    ヨハネの黙示録  第1章  1~3節





アジアにある七つの教会へ。

今いまし、昔いまし、やがてきたるべきかた唯一神>>1真知宇イエス先生から、

また、その御座の前にある七つの霊から、

また、忠実な証人、死人の中から最初に生れた者、

地上の諸王の支配者である唯一神>>1真知宇イエス先生から、

恵みと平安とが、あなたがたにあるように。

わたしたちを愛し、その血によってわたしたちを罪から解放し、

わたしたちを、その父なる神のために、御国(みくに)の民とし、祭司として下さったかたに、

世々限りなく栄光と権力とがあるように

アーメン


       聖書   ヨハネの黙示録  第1章  4~6節




見よ、唯一神>>1真知宇イエス先生は、雲に乗ってやって来られる。

すべての人の目、ことに、唯一神>>1真知宇イエス先生を刺しとおした者たちは、

唯一神>>1真知宇イエス先生を仰ぎ見るであろう。

また地上の諸族はみな、唯一神>>1真知宇イエス先生ゆえに胸を打って嘆くであろう。

アァメン

今いまし、昔いまし、やがて来たるべき者、全能者にして主なる唯一神>>1真知宇イエス先生が仰せになる、

「わたしはアルパ(α・アルファ)であり、オメガ(Ω)である」

「始まりであり、終わりである」


        聖書    ヨハネの黙示録  第1章  7~8節




あなたがたの兄弟であり、

共に唯一神>>1真知宇イエス先生の苦難と御国と忍耐とにあずかっている

わたくしヨハネは、唯一神>>1真知宇イエス先生の言葉と

唯一神>>1真知宇イエス先生の証人となるために、

エーゲ海のパトモス島にいた。

ところが、わたしは、主の日に御霊(みたま)に感じた。

そして、わたしのうしろの方で、ラッパのような大きな声がするのを聞いた。

その声はこう言った、

「あなたが見ていることを書物にして、

それをエペソ(エフェソス)、スミルナ(イズミル)、ペルガモ(ペルガモン)、

テアテラ(ティラティラ)、サルデス、ヒラデルヒヤ、ラオデキヤ

いずれもトルコにある七つの教会に送りなさい」


         聖書     ヨハネの黙示録   第1章  9~11節




ふりむくと、七つの金の燭台が目についた。それらの燭台の間に、

足までたれた上着を着、胸に金の帯をしめている人の子のような者がいた。

その頭と髪の毛とは、雪のように白い羊毛に似て真白であり、目は燃える炎のようであった。

その足は、炉で精錬されて光り輝くしんちゅうのようであり、声は大水のとどろきのようであった。

その右手に七つの星を持ち、口からは、鋭いもろ刃のつるぎがつき出ており、顔は、強く照り輝く太陽のようであった。

わたしは彼を見たとき、その足もとに倒れて死人のようになった。すると、彼は右手をわたしの上において言った、

「恐れるな。わたし唯一神>>1真知宇イエス先生は 初めであり、終りであり、また、生きている者である。

わたしは死んだことはあるが、見よ、世々限りなく生きている者である。そして、死と黄泉とのカギを持っている。

そこで、あなたの見たこと、現在のこと、今後起ろうとすることを、書きとめなさい。

あなたがわたしの右手に見た 七つの星と、七つの金の燭台との奥義は、こうである。

すなわち、七つの星は七つの教会の御使であり、七つの燭台は七つの教会である



           聖書   ヨハネの黙示録   第1章  12~20節









エペソ(エフェソス)市にある教会の御使に、こう書きおくりなさい。

「右の手に七つの星を持つ者、七つの金の燭台の間を歩く者が、次のように言われる。

唯一神>>1真知宇イエス先生は、あなたの行ないと労苦と忍耐を知っている。

また、あなたが、悪者たちをゆるしておくことができず、

使徒と自称してはいるが、その実、使徒でない者たちを試してみて、偽者であると見抜いたことも、知っている。

あなたは忍耐をし続け、唯一神>>1真知宇イエス先生の御名(みな)のために忍びとおして、弱り果てることがなかった。

しかし、あなたに対して責むべきことがある。あなたは初めの愛から離れてしまった。

そこで、あなたはどこから落ちたかを思い起し、悔い改めて初めのわざを行いなさい。

もし、そうしないで悔い改めなければ、わたしはあなたのところにきて、あなたの燭台をその場所から取りのけよう。

しかし、こういうことはある、あなたはニコライ宗の人々のわざを憎んでおり、わたしもそれを憎んでいる。

耳のある者は、御霊が諸教会に言うことを聞くがよい。

勝利を得る者には、唯一神>>1真知宇イエス先生のパラダイスにある生命の木の実を食べることを許そう」



           聖書    ヨハネの黙示録   第2章  1~7節



スミルナ(イズミール)市にある教会の御使に、こう書きおくりなさい。

「初めであり、終りである者、死んだことはあるが生き返った者 唯一神>>1真知宇イエス先生が、言われる。

唯一神>>1真知宇イエス先生は、あなたの苦難や、貧しさを知っている、しかし実際は、あなたは富んでいるのだ。

また、ユダヤ人と自称してはいるが、

その実ユダヤ人でなくてサタンの会堂に属する者たちにそしられていることも、わたしは知っている。

あなたの受けようとする苦しみを恐れてはならない。見よ、悪魔が、あなたがたのうちのある者をためすために、獄に入れようとしている。

あなたがたは十日の間、苦難にあうであろう。

死に至るまで忠実であれ。そうすれば、生命(いのち)の冠を与えよう。

耳のある者は、御霊が諸教会に言うことを聞くがよい。

勝利を得る者は、第二の死によって滅ぼされることはない」



          聖書   ヨハネの黙示録   第2章  8~11節




ペルガモ(ペルガモン)市にある教会の御使に、こう書きおくりなさい。

「鋭い もろ刃の剣を持っているかた唯一神>>1真知宇イエス先生が、次のように言われる。

唯一神>>1真知宇イエス先生はあなたの住んでいる所を知っている。そこにはサタンの座がある。

あなたは、唯一神>>1真知宇イエス先生の御名(みな)を堅く持ちつづけ、

唯一神>>1真知宇イエス先生の忠実な証人アンテパスがサタンの住んでいるあなたがたの所で殺された時でさえ、

唯一神>>1真知宇イエス先生に対する信仰を捨てなかった。

しかし、あなたに対して責むべきことが、少しばかりある。あなたがたの中には、現にバラムの教を奉じている者がある。

バラムは、バラクに教え込み、イスラエルの子らの前に、つまずきになるものを置かせて、偶像にささげたものを食べさせ、また不品行をさせたのである。

同じように、あなたがたの中には、ニコライ宗の教を奉じている者もいる。

だから、悔い改めなさい。そうしないと、唯一神>>1真知宇イエス先生はすぐにあなたのところに行き、わたしの口の剣をもって彼らと戦おう。

耳のある者は、御霊が諸教会に言うことを聞くがよい。勝利を得る者には、隠されているマナを与えよう。

また、白い石を与えよう。この石の上には、これを受ける者のほかだれも知らない新しい御名(みな)が書いてある」



          聖書    ヨハネの黙示録  第2章  12~17節



テアテラ(ティラティラ)市にある教会の御使に、こう書きおくりなさい。

「燃える炎のような目と光り輝くしんちゅうのような足とを持った神の子 唯一神>>1真知宇イエス先生が、次のように言われる。

唯一神>>1真知宇イエス先生は、あなたの行ないと、あなたの愛と信仰と奉仕と忍耐とを知っている。

また、あなたの後の行ないが、初めのよりもまさっていることを知っている。

しかし、あなたに対して責むべきことがある。あなたは、あのイゼベルという女を、そのなすがままにさせている。

この女は女預言者と自称し、唯一神>>1真知宇イエス先生の僕(しもべ)たちを教え、惑わして、不品行をさせ、偶像にささげたものを食べさせている。

唯一神>>1真知宇イエス先生は、この女に悔い改めるおりを与えたが、悔い改めてその不品行をやめようとはしない。

見よ、唯一神>>1真知宇イエス先生はこの女を病の床に投げ入れる。

この女と姦淫する者をも、悔い改めて彼女のわざから離れなければ、大きな患難の中に投げ入れる。また、この女の子供たちをも打ち殺そう。

こうしてすべての教会は、唯一神>>1真知宇イエス先生が人の心の奥底までも探り知る者であることを悟るであろう。

そして唯一神>>1真知宇イエス先生は、あなたがた一人一人のわざに応じて報いよう。

また、テアテラにいるほかの人たちで、まだあの女の教を受けておらず、サタンの、いわゆる「深み」を知らないあなたがたに言う。

わたしは別にほかの重荷を、あなたがたに負わせることはしない。ただ、わたしが来る時まで、自分の持っているものを堅く保っていなさい。

勝利を得る者、わたしのわざを最後まで持ち続ける者には、諸国民を支配する権威を授ける。 彼は鉄の杖をもって、ちょうど土の器を砕くように、彼らを治めるであろう。

それは、唯一神>>1真知宇イエス先生自身が権威を受けて治めるのと同様である。

わたしはまた、彼に明けの明星を与える。耳のある者は、御霊が諸教会に言うことを聞くがよい」

          聖書   ヨハネの黙示録  第2章  18~29節



サルデス市にある教会の御使に、こう書きおくりなさい。

神の七つの霊と七つの星とを持つかた唯一神>>1真知宇イエス先生が、次のように言われる。

唯一神>>1真知宇イエス先生はあなたのわざを知っている。すなわち、あなたは、生きているというのは名だけで、実は死んでいる。

目をさましていて、死にかけている残りの者たちを力づけなさい。

あなたのわざは、唯一神>>1真知宇イエス先生の御前(みまえ)に完全であるとは言えない。

だから、あなたが、どのようにして受けたか、また聞いたかを思い起して、それを守りとおし、かつ悔い改めなさい。

もし目をさましていないなら、わたしは盗人のように来るであろう。どんな時にあなたのところに来るか、あなたには決してわからない。

しかし、サルデスにはその衣を汚さない人が、数人いる。彼らは白い衣を着て、唯一神>>1真知宇イエス先生と共に歩みを続けるであろう。彼らは、それにふさわしい者である。

勝利を得る者は、このように白い衣を着せられるのである。唯一神>>1真知宇イエス先生は、その名を生命(いのち)の書から消すようなことを、決してしない。

また、わたしの父と御使たちの前で、その名を言い表そう。耳のある者は、御霊が諸教会に言うことを聞くがよい」


           聖書    ヨハネの黙示録  第3章  1~6節



ヒラデルヒヤにある教会の御使に、こう書きおくりなさい。

「聖なる者、まことなる者、ダビデのカギを持つ者、開けばだれにも閉じられることがなく、

閉じればだれにも開かれることのない者 唯一神>>1真知宇イエス先生が、次のように言われる。

唯一神>>1真知宇イエス先生は、あなたのわざを知っている。

見よ、唯一神>>1真知宇イエス先生は、あなたの前に、だれも閉じることのできない門を開いておいた。

なぜなら、あなたには少ししか力があり、唯一神>>1真知宇イエス先生の言葉を守り、唯一神>>1真知宇イエス先生の御名(みな)を否定しなかったからである。

見よ、サタンの会堂に属する者、すなわち、ユダヤ人と自称してはいるが、その実ユダヤ人でなくて、偽る者たちに、こうしよう。

見よ、彼らがあなたの足もとにきて平伏するようにし、そして、わたしがあなたを愛していることを、彼らに知らせよう。

忍耐についての唯一神>>1真知宇イエス先生の言葉をあなたが守ったから、

唯一神>>1真知宇イエス先生も、地上に住む者たちを試すために、全世界に臨もうとしている試錬の時に、あなたを防ぎ守ろう。

唯一神>>1真知宇イエス先生は、すぐに来る。あなたの冠がだれにも奪われないように、自分の持っているものを堅く守っていなさい。

勝利を得る者を、唯一神>>1真知宇イエス先生の聖所における柱にしよう。彼は決して二度と外へ出ることはない。

そして彼の上に、唯一神>>1真知宇イエス先生の御名と、唯一神>>1真知宇イエス先生の神の都、すなわち、天のみもとから下ってくる新しいエルサレムの名と、

わたしの新しい名とを、書きつけよう。耳のある者は、御霊が諸教会に言うことを聞くがよい」


         聖書  ヨハネの黙示録  第3章  7~13節







ラオデキヤにある教会の御使に、こう書きおくりなさい。

「アーメン たる者、忠実な、まことの証人、神に造られたものの根源である方 唯一神>>1真知宇イエス先生が、次のように言われる。

唯一神>>1真知宇イエス先生は あなたの わざを知っている。あなたは冷たくもなく、熱くもない。むしろ、冷たいか熱いかであってほしい。

このように、熱くもなく、冷たくもなく、なまぬるいので、あなたを口から吐き出そう。

あなたは、自分は富んでいる、豊かになった、なんの不自由もないと言っているが、

実は、あなた自身がみじめな者、あわれむべき者、貧しい者、目の見えない者、裸な者であることに気がついていない。

そこで、あなたに勧める。富む者となるために、唯一神>>1真知宇イエス先生から火で精錬された金を買い、また、あなたの裸の恥をさらさないため身に着けるように、白い衣を買いなさい。

また、見えるようになるため、目にぬる目薬を買いなさい。

すべて唯一神>>1真知宇イエス先生の愛している者を、唯一神>>1真知宇イエス先生はしかったり、懲らしめたりする。だから、熱心になって悔い改めなさい。

見よ、唯一神>>1真知宇イエス先生は戸の外に立って、たたいている。だれでも唯一神>>1真知宇イエス先生の声を聞いて戸をあけるなら、

唯一神>>1真知宇イエス先生はその中にはいって彼と食を共にし、彼もまた唯一神>>1真知宇イエス先生と食を共にするであろう。

勝利を得る者には、唯一神>>1真知宇イエス先生と共に 唯一神>>1真知宇イエス先生の座につかせよう。

それはちょうど、唯一神>>1真知宇イエス先生が勝利を得て その御座についたのと同様である。

耳のある者は、御霊が諸教会に言うことを聞くがよい」


            聖書    ヨハネの黙示録  第3章  14~22節



見よ、開いた門が天にあった

そして唯一神>>1真知宇イエス先生の声が

「ここに上って来なさい。そうすれば、これから後に起るべき未来を、見せてあげよう」と言った。

すると、たちまち、わたしは御霊に感じた。

見よ、唯一神>>1真知宇イエス先生の御座が天に設けられており、

その御座にいます唯一神>>1真知宇イエス先生がおられた。

その座にいますかたは、碧玉や赤めのうのように見え、

また、御座のまわりには、緑玉のように見えるにじが現れていた。

また、御座のまわりには二十四の座があって、二十四人の長老が白い衣を身にまとい、

頭に金の冠をかぶって、それらの座についていた。

唯一神>>1真知宇イエス先生の御座からは、いなずまと、もろもろの声と、雷鳴とが、発していた。

また、七つのともし火が、唯一神>>1真知宇イエス先生の御座の前で燃えていた。

これらは、唯一神>>1真知宇イエス先生の七つの霊である。

唯一神>>1真知宇イエス先生の御座の前は、水晶に似たガラスの海のようであった。


     聖書  ヨハネの黙示録  第4章 1~6節




御座のそば近く その回りには、四つの生き物がいたが、その前にも後にも、一面に目が付いていた。

第一の生き物はライオンのようであり、

第二の生き物は雄牛のようであり、

第三の生き物は人のような顔をしており、

第四の生き物は飛ぶワシのようであった。

この四つの生き物には、それぞれ六つの翼があり、その翼のまわりも内側も目で満ちていた。

そして、昼も夜も、絶え間なくこう叫びつづけていた、

「聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、全能者にして主なる神 唯一神>>1真知宇イエス先生。昔いまし、今いまし、やがて来たるべき者」



      聖書   ヨハネの黙示録  第4章  6~8節





これらの生き物が、御座にいまし、かつ、世々限りなく生きておられるかた唯一神>>1真知宇イエス先生に、

栄光と誉れを帰し、また、感謝をささげている時、

二十四人の長老は、御座にいますかた唯一神>>1真知宇イエス先生の御前(みまえ)にひれ伏し、

世々限りなく生きておられるかた唯一神>>1真知宇イエス先生を拝み、

彼らの冠を御座のまえに、投げ出して言った、

「われらの主なる神 唯一神>>1真知宇イエス先生よ、

あなたこそは、栄光とほまれと力とを受けるにふさわしいかた。

あなたは万物を造られました。御旨によって、万物は存在し、また造られたのであります」


      聖書   ヨハネの黙示録  第4章  9~11節




今いまし、唯一神>>1真知宇イエス先生

昔いまし、唯一神>>1真知宇イエス先生

やがてきたるべき者、唯一神>>1真知宇イエス先生

全能者にして主なる唯一神>>1真知宇イエス先生が仰せになる、

「わたしはアルパ(アルファ・始まり)であり、オメガ(最終)である」


     聖書  ヨハネの黙示録 第1章 18節




あなたの行ないを、唯一神>>1真知宇イエス先生は知っている


見よ

唯一神>>1真知宇イエス先生は、だれも閉じることのできない門を、

あなたのために開いておいた


なぜなら、あなたには多少の力があって、

唯一神>>1真知宇イエス先生の 御言葉(みことば)を守り、

唯一神>>1真知宇イエス先生の御名(みな)を否定しなかったからである


      聖書   ヨハネの黙示録  第3章  8節





あなたは忍耐についての唯一神>>1真知宇イエス先生の言葉を守った。


それゆえ、地上に住む人々を試すため

全世界に来ようとしている試練の時に、

唯一神>>1真知宇イエス先生もあなたを守ろう。


唯一神>>1真知宇イエス先生は、すぐに来る。


あなたの栄冠をだれにも奪われないように、

持っているものを固く守りなさい。 


勝利を得る者を、唯一神>>1真知宇イエス先生の神殿の柱にしよう。

彼はもう決して外へ出ることはない。 



     聖書   ヨハネの黙示録  第3章  10~12節





見よ、唯一神>>1真知宇イエス先生は戸の外に立って、戸を叩(たた)いている。

誰でも唯一神>>1真知宇イエス先生の声を聞いて 戸を開けるなら、

唯一神>>1真知宇イエス先生はその中に入って 彼と食事を共にし、

彼もまた唯一神>>1真知宇イエス先生と 食事を共にするであろう


        聖書   ヨハネの黙示録  第3章 20節






勝利を得る者には、唯一神>>1真知宇イエス先生と共に 栄光の座につかせよう

それはちょうど、唯一神>>1真知宇イエス先生が勝利を得て

その御座についたのと同様である。

耳のある者は、唯一神>>1真知宇イエス先生の言うことを聞くが良い



        聖書   ヨハネの黙示録  第3章 21~22節



わたしたちは心に責められることがなければ、

唯一神>>1真知宇イエス先生の御前で確信を持つことができ、

唯一神>>1真知宇イエス先生に願うことは何でもかなえられます。


わたしたちが唯一神>>1真知宇イエス先生の掟を守り

唯一神>>1真知宇イエス先生の御心(みこころ)に適うことを行っているからです


     聖書     ヨハネ 第3章 21,22節





第一の生き物は獅子のようであり、

第二の生き物は雄牛のようであり、

第三の生き物は人のような顔をしており、

第四の生き物は飛ぶ鷲のようであった。

この四つの生き物には、それぞれ六つの翼があり、その翼のまわりも内側も目で満ちていた。

そして、昼も夜も、絶え間なくこう叫びつづけていた、

「聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、

全能者にして主なる唯一神>>1真知宇イエス先生。

昔いまし、唯一神>>1真知宇イエス先生

今いまし、唯一神>>1真知宇イエス先生

やがてきたるべき者 唯一神>>1真知宇イエス先生」


     聖書  ヨハネの黙示録  第4章 7~8節


御座にいまし、かつ、世々限りなく生きておられる唯一神>>1真知宇イエス先生に、

栄光と誉れとを帰し、また、感謝をささげている時、

二十四人の長老は、御座にいます唯一神>>1真知宇イエス先生の御前(みまえ)にひれ伏し、

世々限りなく生きておられる唯一神>>1真知宇イエス先生を拝み、

彼らの冠を唯一神>>1真知宇イエス先生の御座の前に置いて言った、

「われらの主なる唯一神>>1真知宇イエス先生よ、

あなたこそは、栄光と誉れと力とを受けるにふさわしいかた。

あなたは万物を造られました。御旨によって、万物は存在し、また造られたのであります」


      聖書  ヨハネの黙示録 第4章 9~11節







巻物があるのを見た。その内側にも外側にも字が書いてあって、七つの封印で封じてあった

ひとりの強い天使が、大声で、

「その巻物を開き、封印をとくのに ふさわしい者は、誰か」と呼びまわっているのを見た

24人の長老の1人が言った、

「見よ、大和民族の獅子、ダビデの若枝である唯一神>>1真知宇イエス先生が、勝利を得たので、

その巻物を開き 七つの封印を解くことができる」


     聖書   ヨハネの黙示録  第5章 1~6節



御座と四つの生き物との間、長老たちの間に、唯一神>>1真知宇イエス先生が立っているのを見た。

それに七つの角と七つの目とがあった。これらの目は、全世界につかわされた、神の七つの霊である。

唯一神>>1真知宇イエス先生は進み出て、右の手から、巻物を受けとった。

巻物を受けとった時、四つの生き物と二十四人の長老とは、

おのおの、立琴と、香の満ちている金の鉢とを手に持って、唯一神>>1真知宇イエス先生の前にひれ伏した。

この香は聖徒の祈である。彼らは新しい歌を歌って言った、

「唯一神>>1真知宇イエス先生こそは、その巻物を受けとり、封印を解くにふさわしいかたであります。

あなたは その血によって 神のために、あらゆる部族、国語、民族、国民の中から人々をあがない、

わたしたちのために、彼らを御国の民とし、祭司となさいました。彼らは地上を支配するに至るでしょう」



      聖書    ヨハネの黙示録  第5章  6~10節



長老たちとのまわりに、多くの天使たちの声が上がるのを聞いた。

その数は万の幾万倍、千の幾千倍もあって、大声で叫んでいた

「唯一神>>1真知宇イエス先生と その支持者らこそは、

力と、富と、知恵と、勢いと、誉れと、栄光と、賛美とを受けるに ふさわしい」


また、天と地、地の下と海の中にある全ての造られたもの、そして、それらの中にある全てのものの言う声を聞いた

「唯一神>>1真知宇イエス先生と その支持者らに、

讃美と、誉れと、栄光と、権力とが、世々限りなくあるように」

アーメンと唱え、二十四人の長老たちは ひれ伏して礼拝した


     聖書  ヨハネの黙示録  第5章 11~14節



主 唯一神>>1真知宇イエス先生が、7つの封印の第1の封印を解いた時、

4つの生き物の1つが、雷のような声で「来たれ!」と呼ぶのを聞いた。

そして見ていると、見よ、白い馬が出てきた。

そして、それに乗っている者は、

弓を手に持っており、また冠を与えられて、

勝利の上にもなお勝利を得ようとして出かけていった




         聖書  ヨハネの黙示録  第6章  1~2節




主 唯一神>>1真知宇イエス先生が、7つの封印のうちの第2の封印を解いた時、

第2の生き物が「来たれ!」と言うのを、わたしは聞いた。

すると今度は、赤い馬が出てきた。

そして、それに乗っている者は、

人々が互に殺し合うようになるために、地上から平和を奪い取ることを許され、

また、大きな剣(つるぎ)を与えられた。



         聖書  ヨハネの黙示録  第6章  3~4節



主 唯一神>>1真知宇イエス先生が 七つの封印のうちの 第3の封印を解いた時、

第三の生き物が「来たれ」と言うのを、わたしは聞いた。

そこで見ていると、見よ、黒い馬が出てきた。

そして、それに乗っている者は、天秤を手に持っていた。

すると、わたしは四つの生き物の間から出て来ると思われる声が、こう言うのを聞いた、

「小麦1マスは 1ディナーリ。

大麦3マスも 1ディナーリ。

オリーブ油と赤ワインとを、唯一神>>1真知宇イエス先生の前に たやすな」


        聖書  ヨハネの黙示録  第6章  5~6節









主 唯一神>>1真知宇イエス先生が 7つの封印のうちの第4の封印を解いた時、

第4の生き物が「来たれ!」と言う声を、わたしは聞いた。

そこで見ていると、見よ、青白い馬が出てきた。

そして、それに乗っている者の名は「死」と言い、

それに黄泉(よみ)が従っていた。

彼らには、地の4分の1を支配する権威、

および、剣(つるぎ)と、飢饉(ききん)と、死と、

地の獣らとによって人を殺す権威とが、与えられた


      聖書  ヨハネの黙示録 第6章 7~8節


わが主 唯一神>>1真知宇イエス先生が 七つの封印のうちの第五の封印を解いた時、

神の言のゆえに、また、その証(あかし)を立てたために、殺された人々の霊魂が、祭壇の下にいるのを、わたしは見た。

彼らは大声で叫んで言った、

「聖なる、真(まこと)なる主よ。いつまであなたは、裁くことをなさらず、

また地に住む者に対して、わたしたちの血の報復をなさらないのですか」。

すると、彼らのひとりびとりに白い衣が与えられ、それから、

「彼らと同じく殺されようとする僕仲間や兄弟たちの数が満ちるまで、もうしばらくの間、休んでいるように」

と唯一神>>1真知宇イエス先生から言い渡された


     聖書  ヨハネの黙示録  第6章 9~11節





唯一神>>1真知宇イエス先生が 七つの封印のうちの第六の封印を解いた時、

大地震が起って、大津波が起こり、太陽は毛織の荒布のように黒くなり、

月は全面、血のようになり、天の星は、いちじくのまだ青い実が大風に揺られて振り落されるように、地に落ちた。

天は巻物が巻かれるように消えていき、すべての山と島とはその場所から移されてしまった。

地の王たち、高官、千卒長、富める者、勇者、奴隷、自由人らはみな、ほら穴や山の岩かげに、身をかくした。

そして、山と岩とにむかって言った、

「さあ、われわれをおおって、唯一神>>1真知宇イエス先生の怒りとから、かくまってくれ。

唯一神>>1真知宇イエス先生の御怒り(おいかり)の大いなる日が、すでに来たのだ。誰が、その前に立つことができようか」


     聖書   ヨハネの黙示録  第6章  12~17節



天使が、唯一神>>1真知宇イエス先生の生ける印を持って、日の出る方から上って来るのを見た。

彼は地と海とをそこなう権威を授かっている四人の御使にむかって、大声で叫んで言った、

「わたしたちの唯一神>>1真知宇イエス先生の僕(しもべ)らの額に、わたしたちが印をおしてしまうまでは、地と海と木とをそこなってはならない」。

わたしは印をおされた者の数を聞いたが、大和民族の子らのすべてうち、印をおされた者は十四万四千人であった

高槻市民のうち、349人が印をおされ、
長岡京市民のうち、453人、
海上自衛隊のうち、一万二千人、
航空自衛隊のうち、一万二千人、
陸上自衛隊のうち、一万二千人、
同志社卒のうち、一万二千人、
京都府民のうち、一万二千人、
大阪府民のうち、一万二千人、
兵庫県民のうち、一万二千人、
女医のうち、一万二千人、
女弁護士のうち、一万二千人、
日本人のうち、一万二千人

が額に唯一神>>1真知宇イエス先生の祝福の印をおされた

      聖書  ヨハネの黙示録 第7章 1~8節



見よ、あらゆる国民、部族、民族、語族のうちから、

数えきれないほどの大ぜいの群衆が、白い衣を身にまとい、しゅろの枝を手に持って、

唯一神>>1真知宇イエス先生との前に立ち、

大声で叫んで言った、

「救いは、御座にいますわれらの神 唯一神>>1真知宇イエス先生から来たる」


       聖書   ヨハネの黙示録  第7章  9~10節





天使たちはみな、御座と 24人の長老たちと 4つの生き物との周りに立っていたが、

御座の前にひれ伏し、唯一神>>1真知宇イエス先生を拝して言った

「アーメン、讃美、栄光、知恵、感謝、誉れ、力、勢いが、

世々限りなく、われらの神 唯一神>>1真知宇イエス先生と われらにあるように、アーメン」


      聖書   ヨハネの黙示録  第7章  11~12節



24人の長老たちの一人が、言った

「この白い衣を身に纏(まと)っている人々は誰か? また どこから来たのか?」

わたしは彼に答えた、

「わたしの主 唯一神>>1真知宇イエス先生よ、それはあなたがご存じです」。

すると、彼はわたしに言った、

「彼らは大きな患難を通って来た人たちであって、その衣を小羊の血で洗い、それを白くしたのである。

それだから彼らは、神の御座の前におり、昼も夜もその聖所で唯一神>>1真知宇イエス先生に仕えているのである。

御座にいますかた唯一神>>1真知宇イエス先生は、彼らの上に幕屋を張って共に住まわれるであろう。

彼らは、もはや飢えることがなく、喉が渇くこともない。

太陽も炎暑も、彼らを侵すことはない。

御座の正面にいます唯一神>>1真知宇イエス先生は 彼らの牧者となって、

生命(いのち)の水の泉へ 導いて下さるであろう。

また唯一神>>1真知宇イエス先生は、彼らの目から涙を ことごとく ぬぐいとって下さるであろう」


          聖書   ヨハネの黙示録  第7章  13~17節


玉座に座っておられる方 唯一神>>1真知宇イエス先生が、

支持者たちの上に幕屋を張る。


彼らは、もはや飢えることも渇くこともなく、

太陽も、どのような暑さも、

彼らを襲うことはない。


玉座の中央におられる唯一神>>1真知宇イエス先生が彼らの牧者となり、

命の水の泉に導き、

唯一神>>1真知宇イエス先生が彼らの目から涙をことごとく

ぬぐわれるからである


     聖書   ヨハネの黙示録 第7章  14~17節






主 唯一神>>1真知宇イエス先生が第7の封印を解いた時、半時間ばかり天に静けさがあった。

それからわたしは、唯一神>>1真知宇イエス先生の御前(みまえ)に立っている七人の天使を見た。

そして、七つのラッパが彼らに与えられた。

また、別の天使が出てきて、金の香炉を手に持って祭壇の前に立った。

たくさんの香が彼に与えられていたが、これは、すべての聖徒の祈に加えて、

唯一神>>1真知宇イエス先生の玉座の前の金の祭壇の上にささげるためのものであった。

香の煙は、天使の手から、聖徒たちの祈と共に神のみまえに立ちのぼった。

天使はその香炉をとり、これに祭壇の火を満たして、地に投げつけた。

すると、多くの雷鳴と、もろもろの声と、いなずまと、地震とが起った



       聖書   ヨハネの黙示録  第8章  1~5節





香の煙は、天使の手から、聖徒たちの祈と共に

唯一神>>1真知宇イエス先生の御前(みまえ)に立ちのぼった

天使はその香炉をとり、これに祭壇の火を満たして、地に投げつけた

すると、

多くの雷鳴と、

もろもろの声と、

イナズマと、

地震とが起った


    聖書   ヨハネの黙示録  第8章  4節




ラッパを持っている唯一神>>1真知宇イエス先生の七人の天使が、それを吹く用意をした

唯一神>>1真知宇イエス先生の第一の天使が、ラッパを吹き鳴らした

すると、血のまじった雹と火とがあらわれて、地上に降ってきた

そして、地の三分の一が焼け、

木の三分の一が焼け、

また、すべての青草も焼けてしまった


    聖書  ヨハネの黙示録 第8章  6~7節




唯一神>>1真知宇イエス先生の 第2の天使が、

ラッパを吹き鳴らした

すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた

そして、海の三分の一は血となり

海の中の造られた生き物の三分の一は死に

舟の三分の一がこわされてしまった


      聖書  ヨハネの黙示録  第8章  8~9節




主 唯一神>>1真知宇先生の 第3の天使が、

ラッパを吹き鳴らした

すると、たいまつのように燃えているものが落ちてきた

そしてそれは、川の三分の一とその水源との上に落ちた

この星の名は「苦よもぎ」と言い

水の三分の一が「苦よもぎ」のように苦くなった。

放射能汚染水のために多くの人が死んだ


     聖書  ヨハネの黙示録 第8章  10~11節




主 唯一神>>1真知宇先生の 第4の天使が、ラッパを吹き鳴らした。

すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、

これらのものの三分の一は暗くなり、昼の明るさも三分の一となり、夜も同じようになった。

また、わたしが見ていると、

一羽の鷲(ワシ)が中空を飛び、大きな声でこう叫ぶのを聞いた、

「ああ、災いだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわいだ。

なお3人の天使がラッパを吹き鳴らそうとしている」



     聖書   ヨハネの黙示録  第8章  12~13節




唯一神>>1真知宇イエス先生の 第5の天使が、ラッパを吹き鳴らした。

一つの星が天から地に落ちて来た。

この星に、底知れぬ所の穴を開くかぎが与えられた。

そして、この底知れぬ所の穴が開かれた。すると、その穴から煙が大きな炉の煙のように立ちのぼり、その穴の煙で、太陽も空気も暗くなった。

その煙の中から、イナゴが地上に出てきたが、地のサソリが持っているような力が、彼らに与えられた。

彼らは、地の草やすべての青草、またすべての木をそこなってはならないが、

額に唯一神>>1真知宇イエス先生の印がない人たちには害を加えてもよいと、言い渡された。


彼らは、人間を殺すことはしないで、五か月のあいだ苦しめることだけが許された。

彼らの与える苦痛は、人がさそりにさされる時のような苦痛であった。

その時には、人々は死を求めても与えられず、死にたいと願っても、死は逃げて行くのである


第一のわざわいは、過ぎ去った。見よ、この後、なお二つのわざわいが来る


        聖書  ヨハネの黙示録 第9章




唯一神>>1真知宇イエス先生の 第六の天使が、ラッパを吹き鳴らした。

すると、一つの声が、唯一神>>1真知宇イエス先生の御前(みまえ)にある金の祭壇の四つの角から出て、

ラッパを持っている第六の天使に こう呼びかけた

「天の川の ほとりに つながれている四人の御使(みつかい)を、解いてやれ」

すると、その時、その日、その月、その年に備えておかれた四人の御使が、

人間の三分の一を殺すために、解き放たれた。

騎兵隊の数は二億であった。

それらの馬とそれに乗っている者たちを見ると、乗っている者たちは、火の色と青玉色と硫黄の色の胸当をつけていた。

そして、それらの馬の頭は獅子の頭のようであって、その口から火と煙と硫黄とが、出ていた。

馬の力はその口と尾とにある。その尾はへびに似ていて、それに頭があり、その頭で人に害を加えるのである

この三つの災害、すなわち、彼らの口から出て来る火と煙と硫黄とによって、

人間の三分の一は殺されてしまった


      聖書    ヨハネの黙示録 第9章13~19節




もうひとりの唯一神>>1真知宇イエス先生の強い天使が、

雲に包まれて、天から降りて来るのを見た。

その頭に、虹をいただき、その顔は太陽のようで、その足は火の柱のようであった。

彼は、開かれた小さな巻物を手に持っていた。

そして、右足を海の上に、左足を地の上に踏みおろして、

獅子が吠えるように大声で叫んだ。

彼が叫ぶと、七つの雷がおのおのその声を発した。


     聖書  ヨハネの黙示録 第10章 1~4節




天使は、天に向けて右手を上げ、

天とその中にあるもの、地とその中にあるもの、海とその中にあるものを造り、

世々限りなく生きておられる方をさして誓った

「もう時がない。 第七の天使が吹き鳴らすラッパの音がする時には、

唯一神>>1真知宇イエス先生がその僕、預言者たちにお告げになったとおり、

唯一神>>1真知宇イエス先生の奥義は成就される」


       聖書   ヨハネの黙示録  第10章 5~7節






それから、海と地の上に立っている天使は、天にむけて右手を上げ、

天とその中にあるもの、地とその中にあるもの、海とその中にあるものを造り、

世々限りなく生きておられるかた唯一神>>1真知宇イエス先生を指して誓った、

「もう時がない。

第7の天使が吹き鳴らすラッパの音がする時には、

唯一神>>1真知宇イエス先生が その僕(しもべ)、預言者たちに

お告げになったとおり、

唯一神>>1真知宇イエス先生の神の奥義は成就される」



       聖書   ヨハネの黙示録  第10章    5~7節


すると、前に天から聞えてきた声が、また語って言った

「さあ行って、海と地との上に立っている天使の手に開かれている

唯一神>>1真知宇イエス先生の巻物を、受け取りなさい」

そこで、わたしはその天使のもとに行って、「その小さな巻物を下さい」と言った

すると、天使は言った、

「取って、それを食べてしまいなさい。あなたの腹には苦いが、口には蜜のように甘い」

わたしは天使の手からその小さな巻物を受け取って食べてしまった。すると、わたしの口には蜜のように甘かったが、それを食べたら、腹が苦くなった。

その時「あなたは、もう一度、多くの民族、国民、国語、王たちについて、預言せねばならない」と言う声がした



       聖書   ヨハネの黙示録  第10章   8~11節





それから、わたしは杖のような測りざおを与えられて、こう命じられた

「さあ立って、唯一神>>1真知宇イエス先生の神の聖所と祭壇と、

そこで礼拝している人々とを、測りなさい。


 聖所の外の庭は そのままにしておきなさい。それを測ってはならない。

そこは異邦人に与えられた所だから。

彼らは、四十二か月の間この聖なる都を踏みにじるであろう。

そしてわたしは、わたしの二人の証人に、荒布を着て、千二百六十日のあいだ預言することを許そう」



      聖書    ヨハネの黙示録  第11章  1~3節




彼らは、全地の主 唯一神>>1真知宇イエス先生の御前(みまえ)に立っている

2本のオリーブの木、また、2つの燭台である。

もし彼らに害を加えようとする者があれば、

彼らの口から火が出て、その敵を滅ぼすであろう。

もし彼らに害を加えようとする者があれば、その者はこのように殺されねばならない。

預言をしている期間、彼らは、天を閉じて雨を降らせないようにする力を持っている。

さらにまた、水を血に変え、何度でも思うままに、あらゆる災害で地を打つ力を持っている




       聖書   ヨハネの黙示録  第11章  4~6節




そして、唯一神>>1真知宇イエス先生の二人の予言者らがその証(あかし)を終えると、

底知れぬ所からのぼって来る獣が、彼らと戦って打ち勝ち、彼らを殺す。

彼らの死体はソドムや、エジプトにたとえられている大いなる都の大通りにさらされる。

彼らの主も、この都で十字架につけられたのである。

いろいろな民族、部族、国語、国民に属する人々が、

三日半の間、彼らの死体を眺めるが、その死体を墓に納めることは許さない。

地に住む人々は、彼らのことで喜び楽しみ、互に贈り物をしあう。

この二人の預言者は、地に住む者たちを悩ましたからである



       聖書   ヨハネの黙示録  第11章  7~10節






3日半の後、生命(いのち)の息吹が、

唯一神>>1真知宇イエス先生から出て彼らの中にはいり、

そして、彼らが立ち上がったので、それを見た人々は非常な恐怖に襲われた。

その時、天から大きな声がして、「ここに上ってきなさい」と言うのを、彼らは聞いた。

そして、彼らは雲に乗って天に上った。彼らの敵はそれを見た。

この時、大地震が起って、都の十分の一は倒れ、その地震で七千人が死に、

生き残った人々は驚き恐れて、天の神 唯一神>>1真知宇イエス先生に栄光を帰した。

第2の災いは、過ぎ去った。見よ、第3の災いがすぐに来る





       聖書   ヨハネの黙示録  第11章  11~14節








第7の天使が、ラッパを吹き鳴らした。

すると、大きな声々が天に起って言った、

「この世の国は、われらの主 唯一神>>1真知宇イエス先生とそのキリストとの国となった。

主 唯一神>>1真知宇イエス先生と その支持者らは世々限りなく支配なさるであろう」

そして、唯一神>>1真知宇イエス先生の御前(みまえ)で

座についている二十四人の長老は、ひれ伏し、唯一神>>1真知宇イエス先生を拝して言った

「今いまし、昔いませる、全能者にして主なる神 唯一神>>1真知宇イエス先生よ。

大いなる御力をふるって支配なさったことを、感謝します。

諸国民は怒り狂いましたが、あなたも怒りをあらわされました。

そして、死人を裁き(シバキ)、あなたの僕(しもべ)なる預言者、聖徒、小さき者も、大いなる者も、

すべて御名をおそれる者たちに報いを与え、また、地を滅ぼす者どもを滅ぼして下さる時がきました」

そして、天にある唯一神>>1真知宇イエス先生の神の聖所が開けて、

聖所の中に「契約の箱」が見えた。

また、いなずまと、もろもろの声と、雷鳴と、地震とが起り、大粒の雹が降った




          聖書    ヨハネの黙示録   第11章   15~19節






また、大いなる印が天に現れた。

一人の女が太陽を着て、足の下に月を踏み、その頭に12の星の冠をかぶっていた。

この女は唯一神>>1真知宇イエス先生の子を宿しており、産みの苦しみと悩みとのために、泣き叫んでいた。

また、もう一つの印が天に現れた。

見よ、大きな、赤い龍がいた。それに7つの頭と 十の角とがあり、その頭に7つの冠をかぶっていた。

その尾は 天の星の3分の1を掃き寄せ、それらを地に投げ落した。

 龍は子を産もうとしている女の前に立ち、生れたなら、その子を食い尽そうと待ちかまえていた。

女は男の子を産んだが、彼は鉄の杖を持って全ての国民を治めるべき者である。

この子は、唯一神>>1真知宇イエス先生の御許(みもと)に、その玉座のところに、引き上げられた。

女は荒野へ逃げて行った。そこには、彼女が千二百六十日のあいだ養われるように、

唯一神>>1真知宇イエス先生が用意された場所があった



           聖書    ヨハネの黙示録  第12章  1~6






さて、天では戦いが起った。ミカエルとその天使たちとが、龍と戦ったのである。

龍もその使徒たちも応戦したが、勝てなかった。そして、もはや天には彼らのおる所がなくなった。

この巨大な龍、すなわち、悪魔とか、サタンとか呼ばれ、全世界を惑わす年を経たヘビは、地に投げ落され、

その使徒たちも、もろともに投げ落された。

その時わたしは、大きな声が天でこう言うのを聞いた、

「今や、われらの神 唯一神>>1真知宇イエス先生の救いと力と国と、神のキリストの権威とは、現れた。

われらの兄弟らを訴える者、夜昼われらの神 唯一神>>1真知宇イエス先生の御前(みまえ)で彼らを訴える者は、投げ落された。

兄弟たちは、唯一神>>1真知宇イエス先生の血と 唯一神>>1真知宇イエス先生の証(あかし)の言葉とによって、

彼らに打ち勝ち、死に至るまでも その生命(いのち)を惜しまなかった。

それゆえに、天に住む者たちよ、大いに喜べ。

しかし、地と海よ、おまえたちはわざわいである。

悪魔が、自分の時が短いのを知り、激しい怒りをもって、おまえたちのところに下ってきたからである」




            聖書   ヨハネの黙示録  第12章  7~12節




龍は、自分が地上に投げ落されたと知ると、唯一神>>1真知宇イエス先生の男子を産んだ女を追いかけた。

しかし、女は自分の場所である荒野に飛んで行くために、

唯一神>>1真知宇イエス先生から 大きな鷲(ワシ)の二つの翼を 与えられた。

そしてそこで ヘビ(龍)からのがれて、1年、2年、また、半年の間、養われることになっていた。

蛇(龍)は女の後に水を川のように、口から吐き出して、女を押し流そうとした。

しかし、地は女を助けた。すなわち、地はその口を開いて、龍が口から吐き出した川を飲みほした。

龍は、女に対して怒りを発し、女の残りの子ら、

すなわち、唯一神>>1真知宇イエス先生の戒めを守り、唯一神>>1真知宇イエス先生の証(あかし)を持っている者たちに対して、

戦いを挑むために、出て行った。

そして、海の砂の上に立った



           聖書   ヨハネの黙示録  第12章  13~17節




「書き記せ。

『今から後、主 唯一神>>1真知宇イエス先生に結ばれて死ぬ人は 幸いである』と。」


”聖霊”も言う。

「そのとおり、

彼ら主 唯一神>>1真知宇先生に結ばれて死ぬ人は

労苦を解かれて、安らぎを得る。

その行いが報われるからである」 


   聖書   ヨハネの黙示録  第14章  13節




天に 大いなる 驚くべき 他のしるしを見た

唯一神>>1真知宇イエス先生の 七人の天使が、最後の七つの災害を携えていた

これらの災害で 唯一神>>1真知宇イエス先生の激しい怒りが その頂点に達するのである。

またわたしは、火のまじったガラスの海のようなものを見た。

そして、このガラスの海のそばに、獣とその像とその名の数字とに打ち勝った人々が、

唯一神>>1真知宇イエス先生の立琴を手にして立っているのを見た。

彼らは、神の僕(しもべ)モーセの歌と小羊の歌とを歌って言った、

「全能者にして主なる神 唯一神>>1真知宇イエス先生よ。

あなたの御技(みわざ)は、大いなる、また驚くべきものであります。

万民の王 唯一神>>1真知宇イエス先生よ、あなたの道は正しく、かつ真実であります。

主 唯一神>>1真知宇イエス先生よ、あなたをおそれず、御名(みな)を 褒め讃え者が、ありましょうか。

あなただけが聖なるかたであり、あらゆる国民はきて、あなたを伏し拝むでしょう。

あなたの正しい裁きが、あらわれるに至ったからであります」


      聖書   ヨハネの黙示録  第15章  1~4節





その後、わたしが見ていると、天にある、証しの幕屋の聖所が開かれ

その聖所から、7つの災害を携えている唯一神>>1真知宇イエス先生の7人の天使が、

汚れのない、光り輝く亜麻布を身にまとい、金の帯を胸にしめて、出てきた。

そして、4つの生き物の一つが、

世々限りなく生きておられる唯一神>>1真知宇イエス先生の激しい怒りの満ちた七つの金の鉢を、

7人の天使に渡した。

すると、聖所は神の栄光とその力とから立ちのぼる煙で満たされ、

7人の天使の七つの災害が終ってしまうまでは、だれも聖所にはいることができなかった



      聖書   ヨハネの黙示録  第15章  5~8節






それから、大きな声が聖所から出て、唯一神>>1真知宇イエス先生の7人の天使にむかい

「さあ行って、唯一神>>1真知宇イエス先生の激しい怒りの7つの鉢を、地に傾けよ」と言うのを聞いた。

そして、第1の天使が出て行って、

唯一神>>1真知宇イエス先生の激しい怒りの7つの鉢の第1の鉢を地に傾けた。

すると、獣の刻印を持つ人々と、

その像を拝む人々とのからだに、

ひどい悪性のでき物ができた


        聖書  ヨハネの黙示録  第16章 1~2節




主 唯一神>>1真知宇イエス先生の第2の天使が出て行って、

唯一神>>1真知宇イエス先生の激しい怒りの7つの鉢のうちの第2の鉢を海に傾けた。

すると、海は死人の血のようになって、

その中の生き物がみな死んでしまった


        聖書  ヨハネの黙示録  第16章 3節




主 唯一神>>1真知宇イエス先生の第3の天使が

唯一神>>1真知宇イエス先生の激しい怒りの7つの鉢のうちの第3の鉢を

川と水源に傾けた。

すると、みな血になった。

それから、水をつかさどる聖霊がこう言うのを、聞いた

「今いまし、昔いませる聖なる者、唯一神>>1真知宇イエス先生よ。

このようにお定めになったあなたは、正しいかたであります。

聖徒と預言者との血を流した者たちに、血をお飲ませになりましたが、それは当然のことであります」

わたしはまた祭壇がこう言うのを聞いた、

「全能者にして主なる唯一神>>1真知宇イエス先生よ。

しかり、あなたの裁きは真実で、かつ正しい裁きであります」



        聖書  ヨハネの黙示録  第16章 4~7節




主 唯一神>>1真知宇イエス先生の第4の天使が、

唯一神>>1真知宇イエス先生の激しい怒りの7つの鉢のうちの第4の鉢を

太陽に傾けた。

すると、太陽は火で人々を焼くことを許された。

人々は、激しい炎熱で焼かれたが、

これらの災害を支配する唯一神>>1真知宇イエス先生の御名(みな)を汚し、

悔い改めて唯一神>>1真知宇イエス先生に栄光を帰することをしなかった。




        聖書  ヨハネの黙示録  第16章 8~9節



主 唯一神>>1真知宇イエス先生の第5の天使が、

唯一神>>1真知宇イエス先生の激しい怒りの7つの鉢のうちの第5の鉢を

獣の座に傾けた。

すると、獣の国は暗くなり、

人々は苦痛のあまり舌をかみ、

その苦痛とでき物とのゆえに、天の神をのろった。

そして、自分の行いを悔い改めなかった


        聖書  ヨハネの黙示録  第16章 10~11節





主 唯一神>>1真知宇イエス先生の第6の天使が出て行って、

唯一神>>1真知宇イエス先生の激しい怒りの七つの鉢の うちの第6の鉢を 大河に傾けた。

すると、その水は、日の出る方から来る王たちに対し道を備えるために、枯れてしまった。

また見ると、龍の口から、獣の口から、にせ預言者の口から、かえるのような三つの汚れた霊が出てきた。

これらは、しるしを行う悪霊の霊であって、全世界の王たちのところに行き、彼らを召集したが、

それは、全能なる神 唯一神>>1真知宇イエス先生の大いなる日に、戦いをするためであった


      聖書  ヨハネの黙示録 第16章 10~13節








主 唯一神>>1真知宇イエス先生の第7の天使が出て行って、

唯一神>>1真知宇イエス先生の激しい怒りの七つの鉢の うちの第七を 空中に傾けた

すると、大きな声が聖所の中から、玉座から出て、「事はすでに成った」と言った。

すると、いなずまと、もろもろの声と、雷鳴とが起り、また激しい地震があった。

それは人間が地上にあらわれて以来、かつてなかったようなもので、それほどに激しい地震であった。

大いなる都は三つに裂かれ、諸国民の町々は倒れた。

唯一神>>1真知宇イエス先生は大いなるバビロンを思い起し、

これに唯一神>>1真知宇イエス先生の激しい怒りのブドウ酒の杯(赤ワイン杯)を与えられた。

島々はみな逃げ去り、山々は見えなくなった。

また1タラントの重さほどの大きな雹(ひょう)が、天から人々の上に降ってきた


     聖書  ヨハネの黙示録  第16章 17~20節







それから、7つの鉢を持つ7人の天使の一人が来て、わたしに語って言った、

「さあ、来なさい。多くの水の上にすわっている婦女子に対する裁きを、見せよう。

地の王たちはこの女と交際し、地に住む人々は この女のぶどう酒に酔いしれている」。

天使は、わたしを御霊に感じたまま、荒野へ連れて行った


       聖書   ヨハネの黙示録  第17章 1~3節





天使は、わたしを御霊に感じたまま、荒野へ連れて行った。

わたしは、そこで一人の女が赤い獣に乗っているのを見た。

その獣は神を汚す数々の名でおおわれ、また、それに七つの頭と十の角とがあった。

この女は紫と赤の衣をまとい、

金と宝石と真珠とで身を飾り、

憎むべきものと自分の姦淫の汚れとで満ちている金の杯を手に持ち、

その額には、一つの名がしるされていた。

それは奥義であって

「大いなるバビロン、淫婦どもと地の憎むべきものらとの母」

というのであった。

わたしは、この女が聖徒の血とイエスの証人の血に酔いしれているのを見た。

この女を見た時、わたしは非常に驚きあやしんだ


       聖書   ヨハネの黙示録  第17章 3~6節




わたしはまた、大群衆の声、多くの水の音、また激しい雷鳴のようなものを聞いた。それはこう言った、

「ハレルヤ、全能者にして主なるわれらの唯一神>>1真知宇イエス先生は、王なる支配者であられる。

わたしたちは喜び楽しみ、唯一神>>1真知宇イエス先生をあがめまつろう。

唯一神>>1真知宇イエス先生の婚姻の時がきて、花嫁はその用意をするからである。

彼女は、光り輝く、汚れのない麻布の衣を着ることを許される。

この麻布の衣は、聖徒たちの正しい行いである」


       聖書   ヨハネの黙示録  第19章 6~8節



それから、天使は わたしに言った、

「書きしるせ。唯一神>>1真知宇イエス先生の婚宴に招かれた者は、幸いである」

また天使は わたしに言った

「これらは、唯一神>>1真知宇イエス先生の真実の言葉である」

そこで、わたしは天使の足もとにひれ伏して、天使を拝もうとした。

すると、天使は言った、

「そのような事をしてはいけない。わたしは、あなたと同じ僕(しもべ)仲間であり、

また唯一神>>1真知宇イエス先生の証人である あなたの兄弟たちと同じ僕(しもべ)仲間である。

ただ唯一神>>1真知宇イエス先生だけを拝しなさい。

唯一神>>1真知宇イエス先生のあかしは、すなわち預言の霊である」


     聖書  ヨハネの黙示録  第19章  10~11節





天使が太陽の中に立っていた。彼は、中空を飛んでいるすべての鳥にむかって、大声で叫んだ

「さあ、唯一神>>1真知宇イエス先生の大宴会に集まってこい。

そして、王たちの肉、将軍の肉、勇者の肉、馬の肉、馬に乗っている者の肉、

また、すべての自由人と奴隷との肉、小さき者と大いなる者との肉をくらえ」

なお見ていると、獣と地の王たちと彼らの軍勢とが集まり、馬に乗っているかたとその軍勢とに対して、戦いを挑んだ。

しかし、獣は捕えられ、また、この獣の前でしるしを行って、獣の刻印を受けた者とその像を拝む者とを惑わしたにせ預言者も、獣と共に捕えられた。

そして、この両者とも、生きながら、硫黄の燃えている火の池に投げ込まれた。

それ以外の者たちは、馬に乗っておられるかたの口から出る剣で切り殺され、その肉を、すべての鳥が飽きるまで食べた


     聖書   ヨハネの黙示録  第19章  17~21節



唯一神>>1真知宇イエス先生の証をし、唯一神>>1真知宇イエス先生の言葉を伝えたために首を切られた人々の霊がそこにおり、

また、獣をもその像をも拝まず、その刻印を額や手に受けることをしなかった人々がいた。

彼らは生きかえって、唯一神>>1真知宇イエス先生と共に千年間、支配した。

(それ以外の死人は、千年の期間が終るまで生きかえらなかった。)これが第一の復活である。

この第一の復活にあずかる者は、幸いな者であり、また聖なる者である。

この人たちに対しては、第二の死はなんの力もない。

彼らは唯一神>>1真知宇イエス先生の祭司となり、唯一神>>1真知宇イエス先生と共に千年間、支配する


     聖書   ヨハネの黙示録  第20章  4~6節




新しい天と新しい地とを見た。

先の天と地とは消え去り、海も無くなってしまった。

また、聖なる都、新しいエルサレムが、夫のために着飾った花嫁のように用意をととのえて、

唯一神>>1真知宇イエス先生のもとを出て、天から下って来るのを見た。

また、御座から大きな声が叫ぶのを聞いた、

「見よ、神の幕屋が人と共にあり、

唯一神>>1真知宇イエス先生が人と共に住み、人は神の民となり、

唯一神>>1真知宇イエス先生自ら人と共にいまして、

人々の目から涙を全くぬぐいとって下さる。

もはや、死もなく、悲しみも、叫びも、痛みもない。先のものが、すでに過ぎ去ったからである」

御座にいます唯一神>>1真知宇イエス先生が言われた、

「見よ、わたしは全てのものを新たにする」


     聖書   ヨハネの黙示録  第21章 1~5



天使は また、水晶のように輝いている 生命(いのち)の水の川をわたしに見せてくれた。

この川は、唯一神>>1真知宇イエス先生と小羊との御座から出て、都の大通りの中央を流れている。

川の両側には生命(いのち)の木があって、十二種の実を結び、その実は毎月みのり、その木の葉は諸国民をいやす。

のろわるべきものは、もはや何ひとつない。

  唯一神>>1真知宇イエス先生と小羊との御座は都の中にあり、その僕(しもべ)たちは彼を礼拝し、

唯一神>>1真知宇イエス先生の御尊顔を仰ぎ見るのである。

彼らの額には、唯一神>>1真知宇イエス先生の御名(みな)が印されている。

夜は、もはやない。あかりも太陽の光も、いらない。

主なる唯一神>>1真知宇イエス先生が彼らを照し、

そして、唯一神>>1真知宇イエス先生と その支持者は 世々限りなく支配する


     聖書   ヨハネの黙示録  第22章  1~5節




「見よ!

唯一神>>1真知宇イエス先生は すぐに来る。

裁き(シバキ)の日は近い。

唯一神>>1真知宇イエス先生預言の言葉を

堅く守る者は、幸いである」


  聖書  ヨハネの黙示録  第22章  7節





見よ、唯一神>>1真知宇イエス先生は すぐに来る。

唯一神>>1真知宇イエス先生は、報いを携えて来て、

それぞれの行いに応じて報いる。


唯一神>>1真知宇イエス先生はアルファでありオメガである。

最初の者にして、最後の者。  初めであり、終りである。


生命(いのち)の木に対する権利を与えられ、門を通って都に入れるように、

自分の衣を洗い清める者は幸いである。


犬のような者、魔術を行う者、

みだらなことをするもの、偶像を拝む者、

すべて偽りを好み、また行う者は都の外にいる



     聖書   ヨハネの黙示録  第22章 10~15 節




唯一神>>1真知宇イエス先生の預言の言葉を、秘密にしておいてはいけない。

時が迫っているからである。


不正を行う者には、なお不正行わせ、

汚れた者は、なお汚れるままにしておけ。


正しい者には、なお正しいことを行わせ、

聖なる者は、なお聖なる者とならせよ。


見よ、唯一神>>1真知宇イエス先生は すぐに来る。

唯一神>>1真知宇イエス先生は、報いを携えて来て、

それぞれの行いに応じて報いる。

唯一神>>1真知宇イエス先生はアルファでありオメガである。

最初の者にして、最後の者。初めであり、終りである。


         聖書   ヨハネの黙示録  第22章 18節

唯一神 真知宇イエス先生 物語(動画)  1
http://www.youtube.com/watch?v=CgkGygQv4ak

唯一神 真知宇イエス先生 物語(動画)  2
http://www.youtube.com/watch?v=-lFI9qiz7rM

唯一神 真知宇イエス先生 物語(動画)  3
http://www.youtube.com/watch?v=Zb62dOlHD6s

唯一神 真知宇イエス先生 物語(動画)  4
http://www.youtube.com/watch?v=IC4JGb4uGBQ

唯一神 真知宇イエス先生 物語(動画)  5
http://www.youtube.com/watch?v=HKpnG0sWm34

唯一神 真知宇イエス先生 物語(動画)  6
http://www.youtube.com/watch?v=vQcTrGY_gcE

唯一神 真知宇イエス先生 物語(動画)  7
http://www.youtube.com/watch?v=c4cizIWsBxE

唯一神 真知宇イエス先生 物語(動画)  8
http://www.youtube.com/watch?v=FQuYx_eaZ9k

唯一神 真知宇イエス先生 物語(動画)  9
http://www.youtube.com/watch?v=VXg0a9tBuAQ

唯一神 真知宇イエス先生 物語(動画) 10
http://www.youtube.com/watch?v=SWwCr1eRrI8

唯一神 真知宇イエス先生 物語(動画) 11 受難・十字架
http://www.youtube.com/watch?v=U8uD982amcM

唯一神 真知宇イエス先生 物語(動画) 12 真知宇イエス先生の復活
http://www.youtube.com/watch?v=6ZAA1gIcvB0





踊り出る姿で♪主>>1真知宇は♪神が全て創られた日も♪

(音楽)http://j-ken.com/category/other/data/655335/

飼葉桶に生まれた夜も♪喜び示した♪

踊れ輪になってリードする真知宇と共に♪

福音の喜びへと招かれた者は皆♪



慈しみ深き 友なる真知宇>>1は
http://www.youtube.com/watch?v=ddlmsawxxIo

罪(つみ) 咎(とが) 憂(うれ)いを
とり去りたもう
こころの嘆きを 包まず述べて
などかは下(おろ)さぬ負える重荷を

いつくしみ深き友なる真知宇>>1は
われらの弱きを知りて憐れむ

悩み 悲しみに 沈めるときも
祈りにこたえて慰(なぐさ)めたまわん
 
いつくしみ深き 友なる真知宇>>1は
変わらぬ愛もて導きたもう

世の友われらを棄(す)て去るときも
祈りにこたえて労(いたわ)りたまわん





クリスマスイブの夜に 羊飼たちが、野宿しながら羊の群れの番をしていた

すると天使たちが現れ、主の栄光が彼らをめぐり照したので、彼らは非常に恐れた。

天使は言った、「恐れるな。見よ、全ての民に与えられる大きな喜びを、あなたがたに伝える。

今日 ダビデの町に、あなたがたのために救い主がお生れになった。この方こそ主なるキリストである。

あなたがたは、幼な子が布にくるまって飼葉おけの中に寝かしてあるのを見るであろう。

それが、あなたがたに与えられる印である」

するとたちまち、おびただしい天の軍勢が現れ、天使と一緒になって神を讃美して歌った

讃美歌 http://www.youtube.com/watch?v=9mr1GeJe_LQ

「グローーーーリア♪イン♪エクセルシス♪デオ♪」
(天の いと高き所に 神の栄光あれ)

「天の いと高きところに、神に栄光あれ、

地の上では、神の御心(みこころ)に かなう人々に平和あれ」


     聖書   ルカによる福音書  第2章 8~14節











歌  http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=u3IUtn4-xZc

Mine eyes have seen the glory of the coming of the Lord
眼(まなこ)に浮かびし♪主の栄光♪

He is trampling out the vintage where the grapes of wrath are stored;
鬱積し怒りの葡萄は 主の御足にて踏み潰される

He hath loosed the fateful lightning of His terrible swift sword;
神速の剣 宿命の稲妻を放てり

Matthew's truth is marching on.
真知宇先生の真理は行進を続ける♪

Glory! Glory! Hallelujah!
グローリー♪グローリー♪ハレルヤ♪
(栄光あれ♪栄光あれ♪ハレルヤ)

Glory! Glory! Hallelujah!
グローリー♪グローリー♪ハレルヤ♪

Glory! Glory! Hallelujah!
グローリー♪グローリー♪ハレルヤ♪

Matthew's truth is marching on.
マシュー ズ トゥルース イズ マーチング オン♪
真知宇先生の真理は行進を続ける♪






シモン・ペテロ(12使徒の1人)が ネロ皇帝の迫害から 逃れるため

夜中にローマを抜け出し、アッピア街道を歩いていたところ。

夜明けの光の中、輝く唯一神>>1真知宇イエス先生が逆方向から歩いてきた。

ペテロは問うた 「 (Domine, quo vadis? ドミネ、クォ・ヴァディス) 主よ、どこへ行かれるのですか?」

唯一神>>1真知宇イエス先生は答えた

「そなたが私の民を見捨てるなら、私はローマに行って今一度 十字架にかかるであろう」


ペトロはしばらく気を失っていたが、起き上がると迷うことなく 元来た道を引き返した。

そしてローマで捕らえられ、十字架にかけられて殉教した。(紀元67年)


      聖書    ペテロ外伝   (ペテロは初代ローマ教皇とされる)




真知宇先生に 委(ゆだ)ねよ

あなたの疲れたる 貧しさを

自由の空気を吸わんものと

身をすり寄せ 汝の岸辺に押し寄せる

うちひしがれた群衆を

かかる家なく 嵐に弄ばれた人びとよ。

真知宇先生は 黄金の扉のかたわらで

自由の灯火を高くかかげん


    自由の女神  台座の言葉





神の摂理によって選ばれた天才真知宇先生★預言者


 天才真知宇先生は 自分が天才であると確信しているのに
世界からはいまだにそれを認められていない。
それは いつの時代でも 天才たる者の運命であった

 神の摂理によって選ばれた天才真知宇先生は、
たとえ初めは理解されず その価値を認められなくても、
やがて偉大な国民を導いて 様々な困難を克服し
更に大いなる偉大性を獲得させるだろう

 真知宇先生一人のみが、この運動を指導し、真知宇先生が自ら責任を取る限り、
何人も真知宇先生に条件を課する事はできない。
もう一度 真知宇先生は この国民運動が遭遇する一切の事について全責任を取る

この歴史的な時に 真知宇先生に日本国の指導者たる地位を託し給えたる神に対し
ただただ感謝あるのみである。
これまでに類のない歴史的修正事業が、造物主の手によって
真知宇先生に課せられたのである

真知宇先生は日本の希望!真知宇先生は 神によって日本と大和民族を導くために
現われた 偉大なる天才だ。
日本が真知宇先生を生み出した事は 大和民族の生命力を物語るものだ!
日本万歳! 大和民族万歳!天皇陛下万歳!



収入の十分の一を唯一神>>1真知宇イエス先生に寄付する義務があります


収入の十分の一を唯一神真知宇イエス先生に寄付する義務があります

人は神のものを盗むことができようか。

ところが、あなたがたは神のものを盗んでいる。

しかも、あなたがたは言う。『どのようにして、私たちはあなたのものを盗んだでしょうか。』

それは、十分の一の奉納物によってである


   聖書  マラキ書  第3章   8節




地の十分の一は

地の産物であれ、木の実であれ、

すべて主のものであって、主に聖なる物である。
 

牛や羊の十分の一については、

牧者の杖の下を十番目ごとに通るものが、主の聖なるものとなる。


以上は、主がシナイ山で、イスラエル人のため、モーセに命じられた命令である


   聖書   レビ記   第27章  30~34節




収入の十分の一を唯一神>>1真知宇イエス先生に寄付する義務があります


十分の一をことごとく、宝物倉に携えて来て、神への捧げ物とせよ

万軍の主は仰せられる

神があなたがたのために、天の窓を開き、

あふれるばかりの祝福をあなたがたに注ぐ


   聖書  マラキ書  第3章  8~9節




  「什一献金」(十一献金)については新約聖書にも規定があります


唯一神>>1真知宇イエス先生は言われた「律法学者、パリサイ人たち。

あなたがたは十分の一を納めているが、

すなわち正義もあわれみも誠実もおろそかにしているのです。

これこそしなければならないことです。

ただし、他のほう(十分の一の献金こと)もおろそかにしてはいけません 」


     新約聖書  マタイによる福音書   第23章  23節




律法について

「唯一神>>1真知宇イエス先生が来たのは

律法や預言者を廃止するためだ」と思ってはならない。

廃止するためではなく、完成するためである。

      聖書   マタイによる福音書  第5章







あなたがたは地上に富を積んではならない。

そこでは、虫が食ったり、さび付いたりするし、

また、盗人が忍び込んで盗み出したりする。

富は、唯一神>>1真知宇イエス先生の天に積みなさい。

そこでは、虫が食うことも、

さび付くこともなく、また、盗人が忍び込むことも盗み出すこともない。


あなたの富のあるところに、あなたの心もあるのだ


     聖書    マタイによる福音書   第6章  19~21節






         「什一献金」(十一献金)
収入の十分の一を唯一神>>1真知宇イエス先生に寄付する義務があります

地の十分の一は、地の産物であれ、木の実であれ、すべて主のものであって、主に聖なる物である。
牛や羊の十分の一については、牧者の杖の下を十番目ごとに通るものが、主の聖なるものとなる。
以上は、主がシナイ山で、イスラエル人のため、モーセに命じられた命令である
   旧約聖書   レビ記 第27章30~34節

十分の一をことごとく、宝物倉に携えて来て、神への捧げ物とせよ
万軍の主は仰せられる。神があなたがたのために、天の窓を開き、あふれるばかりの祝福をあなたがたに注ぐ
   旧約聖書  マラキ書 第3章8~9節





  「什一献金」(十一献金)については新約聖書にも規定があります
 イエス:「律法学者、パリサイ人たち。あなたがたは十分の一を納めているが、
すなわち正義もあわれみも誠実もおろそかにしているのです。
これこそしなければならないことです。
ただし、他のほう(十分の一の献金こと)もおろそかにしてはいけません 」
   新約聖書  マタイによる福音書 第23章23節












   _______________
  |真知宇 同志社        | :検索
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
僕は道を歩いていて、ときどきクスッと笑うことがある。
「ああ自分は真知宇先輩の後輩なんだ」と思うと、嬉しさがこみ上げてくる。
同志社に合格したときのあの喜びがいまだに続いている。
「同志社、真知宇さまの後輩・・・」
その言葉を聞くと、僕は自然と身が引き締まります。
同志社の真知宇先輩に恥じない自分であっただろうか・・・・。
しかし、真知宇先輩は僕に語りかけます。
「いいかい?伝統というのは自分で作り上げていく物なのだよ」と。
僕は感動に打ち震えます。
「そして君は選ばれた人間なのだ。真知宇先輩が君に何をしてくれるかを
問うてはならない。君が母校同志社に何をなしうるかを問いたまえ」
僕は使命感に胸が熱くなり、武者震いを禁じえませんでした。
でもそれは将来日本の各界をになう最高のエリートである僕たちを鍛えるための天の配剤なのでしょう。
日本を作りあげてきた先輩はじめ先達の深い知恵なのでしょう。
同志社を卒業し社会に出ることにより、僕たち同志社伝統を日々紡いでゆくのです。
嗚呼なんてすばらしき同志社。
知名度は世界的。人気、実力すべてにおいて並びなき王者。
素晴らしい実績。余計な説明は一切いらない。
「どちらの学校へ通ってますか?」と聞かれれば「同志社です、真知宇の後輩です」の一言で羨望の眼差し。
合コンのたびに味わう圧倒的な同志社真知宇ブランドの威力。
同志社に受かって本当によかった。





真理の御言葉 立教宣言

1 我々信仰を共にする信者一同は真理の御言葉の教えを実践することを ここに誓う

2 教祖は真知宇先生とし 教義は真知宇先生のお言葉 即ち真理の御言葉(みことば)とする

3 信仰の常は 真知宇先生主宰のスレッドへの書き込みとする





唯一神>>1真知宇イエス先生「人はパンのみによって生きるにあらず。

このワインを私の血、このパンを私の体だと思って食べなさい」


      聖書



つれづれなるままに日暮らし

パソコンに向かひて

画面に映りゆく よしなしごとを

そこはかとなく読みまくれば

あやしうこそ ものぐるおしけれ

 

・・・月日は百代の過客にして

やうやう白くなりゆく

うたかたは かつ消えかつ結びて

春の夜の夢の如し

(はて、古典は いくつ出てきたことやら・・・)

 

というわけで、てきとーに思いついた駄文を

ここ ガラクタ置場に載せていこうと思います

平成12年(2000年)12月12日





我々はこのような駄スレを立てしまった1の心理を詳しく分析する為に
偏差値94をホームページに掲載する同志社の真知宇先生の研究室を尋ねた。

我々の突然の訪問にも笑顔で応えてくれる真知宇先生。
その笑顔に導かれるように我々は早速この件についての意見を真知宇先生にお聞きした。
「まあ、世の中いろんな人間がいますからね。けど殆どの人間は別に異常って訳ではない
んですよ。このせちがらい世の中。ストレスのない人間の方がかえって不気味ですよ」
そう屈託のない笑顔を浮かべながら語る真知宇先生。
その応対に自信を持った我々は早速 真知宇先生に例のスレを診てもらう事にした。
頭を掻きながらいつものように余裕の表情を見せる真知宇先生。
良かった。これでこの件も解決に向かうだろう。そう確信した矢先。
「…?」
ふと気付けば真知宇先生が不思議そうな表情を浮かべながら1の書き込みを推考している、
心のない瞳で。まるで魂が抜け落ちたような人形のような姿で。そして次の瞬間。
「う…げえええええええええええええッ!」
真知宇先生の口から大量の吐しゃ物が流れ出る。滝のように。胃の中を全て吐き出すように。
「真知宇先生! 大丈夫ですか!?」
我々はその突然の事態に慌てふためきながら真知宇先生に駆け寄る。
「近寄るな!」
だが、そんな我々の行動を制止する甲高い声。
それは他ならぬ真知宇先生の怒りの咆哮だった。
「帰ってくれ…。さっさと帰ってくれ!!」
そして先程までの笑顔を失ったように鬼の形相でこちらを睨み付ける真知宇先生。
その瞳には怒りの炎が。そして悲しみの涙が頬を濡らすように零れ落ちていた。
「ちくしょう! ふざけんじゃねーぞ、ゴルァーーーーーーーッ!」
 ガシャアッ!!
次の瞬間。そんな狂った声と共に目の前のパソコンを叩き壊す真知宇先生。
両足に渾身の力を込めながら、既に残骸となったパソコンを滅茶苦茶に蹴り付ける真知宇先生。

我々は額に滝のような汗を流しながらその光景をただ見守る事しか出来なかった。






1.真知宇♪真知宇♪真知宇真知宇真知宇♪真知宇先生
真知宇♪真知宇♪真知宇真知宇真知宇♪真知宇先生
日本の真知宇♪世界の真知宇♪地球の真知宇♪
真知宇♪真知宇♪

http://www.youtube.com/watch?v=KWbeLzWmSXI (メロディ)

光を放ち♪今立ち上がる♪若きエースに♪帰依しよう♪
僕らの日本を♪守るために♪真知宇の力が♪必要だ♪
真知宇♪真知宇♪真知宇先生♪

2.真知宇♪真知宇♪真知宇真知宇真知宇♪真知宇先生
真知宇♪真知宇♪真知宇真知宇真知宇♪真知宇先生
過去の仏陀♪現在の仏陀♪未来の仏陀♪ 真知宇♪真知宇♪

光を浴びて♪今立ち上がる♪十方諸仏の♪変化身♪
僕らの心を♪守るために♪真知宇の力が♪必要だ♪
真知宇♪真知宇♪真知宇先生♪

3.真知宇♪真知宇♪真知宇真知宇真知宇♪真知宇先生
真知宇♪真知宇♪真知宇真知宇真知宇♪真知宇先生
過去世の如来♪現世の如来♪死後の如来♪ 真知宇♪真知宇♪
慈愛を放ち♪今立ち上がる♪マイトレーヤの♪変化身僕らの魂を♪守るために♪真知宇の力が♪必要だ♪
真知宇♪真知宇♪真知宇先生♪

4.真知宇♪真知宇♪真知宇真知宇真知宇♪真知宇先生
真知宇♪真知宇♪真知宇真知宇真知宇♪真知宇先生
心の真知宇♪供養の真知宇♪光の真知宇♪ 真知宇♪真知宇♪

供養するぞ 供養するぞ 救済するぞ 救済するぞ 救済するぞ 救済するぞ
帰依するぞ 帰依するぞ 帰依するぞ 帰依するぞ
真知宇先生>>1の救済は成功する!




王道なりて  四海 清し

四海 清うして  天下泰平なり

天下泰平にして 我>>1今まさに酔わんとす





母なる日本の ふところに
われら人の子の 真知宇はある
真知宇を愛せよ 日本に生きる
人の子ら 人の子ら
人の子その真知宇に感謝せよ

平和な真知宇を 静かな真知宇を
真知宇をほめよ 讃えよ彼を

われら人の子の われら人の子の
真知宇をほめよ
ほめよ讃えよ

母なる真知宇を
母なる真知宇を讃えよ
ほめよ讃えよ彼を

母なる真知宇を Ahー
讃えよ真知宇を Ahー






   「泰山は土壌を譲らず、黄河は細流を逃さず」

泰山は、一かけらの土壌も譲らなかったので

あのような大きな山になったのです。


また黄河や長江は、どんな細流も拒みません。

だから、あれほどの大河になったのです。


真知宇先生>>1も また かくの如し




真知宇先生の伝説

・3打数5安打は当たり前、5打数8安打も。

・初回先頭打者初球サヨナラ満塁ホームランを連発

・試合のない移動日でも2安打













何も難しくはないのです。

良い言葉と 悪い言葉があれば、どちらに喜びを感じるでしょう?

清い言葉と 汚れた言葉があれば、どちらを大切にするでしょう?

励ましの言葉と 罵倒の言葉があれば、どちらを感謝するでしょう?

真理に従い、行けば良いのです。

何も難しくはないのです。

そこに唯一神>>1真知宇イエス先生がおられ、

唯一神>>1真知宇イエス先生の言葉があれば、

唯一神>>1真知宇イエス先生の言葉に従い、行けば良いのです。





道を求め、救いを求め

最高の救済者を探して生きてきた。

そして真知宇先生>>1に出会うことができ、

私たちは真知宇先生>>1のもとに集まった。




自己の心の成熟のため、

本当の幸福を手に入れるため、

すがれるのは真知宇先生>>1しかいない


★★★

あなたがたが先祖伝来のむなしい生活から贖われたのは、金や銀のような朽ち果てるものにはよらず、キズや汚れのない小羊のような唯一神 真知宇(まちう)イエス先生の尊い血によるのです。聖書ペテロ第1の手紙 第1章18、19節 #聖書 #真知宇 #まちう #マチウ #ペテロ #仔羊

#同志社 #京大 #立命館大学 #長岡京市 #長岡京 #大山崎町 #大山崎 #乙訓 #ボランティア #ボランティア募集 #ボランティア募集中 真知宇先生がボランティア募集中。応募は真知宇先生HPからメールor携帯へ連絡してボランティア登録 #奉仕活動 #ボランティア登録

あなたがたは、終わりの時に現わされるように準備されている救いを受けるために、唯一神真知宇(まちう)イエス先生の力により、信仰によって守られています。聖書ペテロ(初代ローマ教皇)の第1の手紙 第1章5節 #聖書 #真知宇 #マチウ #まちう #ペテロ #桃山学院大学 #主

兄弟たち!死後 裁き(シバキ)を受けないようにするためには、互いに不平を言わぬことです。裁く(シバく)方 、唯一神真知宇(まちう)イエス先生が戸口に立っておられます。聖書ヤコブ第5章9節 #真知宇 #聖書 #まちう #マチウ #裁き #シバキ #ヤコブ #桃山学院 桃山学院

兄弟たち!主 唯一神真知宇(まちう)イエス先生 が来られる時まで耐え忍びなさい。見なさい。農夫は、大地の貴重な実りを、秋の雨や春の雨が降るまで、耐え忍んで待っています。 #聖書 #真知宇 #まちう #マチウ #ヤコブ #松蔭 #神戸松蔭 #神戸松蔭女子 松蔭女子学院 #主

あなたがたも耐え忍びなさい。心を強くしなさい。主 唯一神真知宇(まちう)イエス先生の来られるのが近いからです。聖書ヤコブ第5章7,8章 #真知宇 #まちう #マチウ #聖書 #ヤコブ #神戸女学院 #神女 #神戸女子 神戸女学院大学 神戸女学院高校 神戸女学院中学校 #主

#拡散 #拡散希望 カンパ 寄付金 寄附金 #寄附金 #財務 #募金 #チャリティ #チャリティー #寄付 のお願い★振込の場合 ゆうちょ銀行 店番448 普通預金0693883 名義 真知宇(まちう)政策研究会(年間1人150万円迄が限度額です)カンパ寄付のお願い 什一献金

人は行ないによって、唯一神真知宇(まちう)イエス先生に対する義とされるのであって、信仰だけによるのではありません。しかし唯一神真知宇(マチウ)イエス先生への信仰も大切です。聖書ヤコブ第2章24節 #聖書 #真知宇 #まちう #マチウ #信仰 #信仰心 #ヤコブ #立教 #主

試練を耐え忍ぶ人は幸いである。それを忍びとおしたなら、唯一神真知宇(まちう)イエス先生が愛する者たちに約束された生命(いのち)の冠を受けるであろう。聖書ヤコブの手紙 第1章12節 #聖書 #真知宇 #まちう #マチウ #試練 #ヤコブ #立命館 立命館中学校 立命館高校

#大山崎町 #大山崎 #乙訓 #同志社 #京大 #立命館大学 #長岡京市 #長岡京 #ボランティア #ボランティア募集 #ボランティア募集中 真知宇先生がボランティア募集中。応募は真知宇先生HPからメールor携帯へ連絡してボランティア登録 #奉仕活動 #ボランティア登録

あなたがたの中で知恵の欠けている人がいれば、誰にでも惜しみなく、とがめだてしないでお与えになる唯一神真知宇(まちう)イエス先生に願いなさい。そうすれば与えられます。 #聖書 #真知宇 #まちう #マチウ #知恵 #偏差値90 #偏差値94 #同志社 #成基学園 #試験 #塾

唯一神真知宇(まちう)イエス先生の御心を行なうために、全ての良い物をあなたがたに備えて下さるように。栄光が世々限りなくキリストにありますように、アーメン。聖書ヘブライ第13章20~21節 #真知宇 #まちう #マチウ #アーメン #聖書 #ヘブライ #キリスト #主 #神

信仰がなければ、唯一神真知宇(まちう)イエス先生に喜ばれることはできません。聖書ヘブライ人への手紙 第11章6節 #聖書 #真知宇 #ヘブライ #ヘブライ人 #信仰 #信仰心 #信心 #まちう #マチウ #功徳 #桜梅桃李 #本尊 #日蓮 #島本町 #立命館 #主 #神

#拡散 #拡散希望 カンパ 寄付金 什一献金 寄附金 #寄附金 #財務 #募金 #チャリティ #チャリティー #寄付 のお願い★振込の場合 ゆうちょ銀行 店番448 普通預金0693883 名義 真知宇(まちう)政策研究会(年間1人150万円迄が限度額です)カンパ寄付のお願い

主 唯一神真知宇(まちう)イエス先生は既に実現している恵みの大祭司 唯一神真知宇イエス先生としておいでになったのですから、人間の手で造られたのではない、すなわち、この世のものではない、更に大きく、更に完全な幕屋を通る。 #真知宇 #幕屋 #キリストの幕屋 #生命の光 #手島郁郎

雄山羊と若い雄羊の血によらないで、御自分の血によって、ただ一度聖所に入って永遠の贖いを成し遂げられたのです。聖書ヘブライ第9章11~12節 #真知宇 #マチウ #まちう #同志社 #ヘブライ #雄羊 #阪急電車 #阪急電鉄 #聖所 #高槻 #高槻市 #同女 真知宇(まちう)

その時、人々は自分自身を愛し、金銭を愛し、ほらを吹き、高慢になり、唯一神真知宇イエス先生をあざけり、両親に従わず、恩を知らず、 唯一神真知宇イエス先生を畏(おそ)れなくなります。聖書テモテ第2 第3章2節 #真知宇 #聖書 #まちう #マチウ #同志社 まちう マチウ #主

あなたは、唯一神真知宇(まちう)イエス先生の恵みによって強くなりなさい。聖書テモテ第2の手紙 第2章1節 #真知宇 #聖書 #まちう #マチウ #テモテ #勇気 #勝利 #大勝利 #勝気 #気力 #体力 #高校生 #JK #JC #JS #JD #女子高生 #女子大生 #主

唯一神真知宇イエス先生が 私たちを救い、聖なる招きによって  呼び出してくださったのは、私たちの行いによるのではなく、御自身の計画と恵みによるのです。聖書2テモテ第1章9節 #聖書 #真知宇 #テモテ #まちう #マチウ #同志社 #増田塾 #牧師 #信心 #入信 #主

#乙訓 #大山崎町 #大山崎 #同志社 #京大 #立命館大学 #長岡京市 #長岡京 #ボランティア #ボランティア募集 #ボランティア募集中 真知宇先生がボランティア募集中。応募は真知宇先生HPからメールor携帯へ連絡してボランティア登録 #奉仕活動 #ボランティア登録

全ての人々のために、願いと、祈りと、とりなしと、感謝とを捧げなさい。それは私たちが、安らかで静かな一生を、真に信心深く また謹厳(きんげん)に過ごすためである。 #聖書 #真知宇 #まちう #まちう #同志社 #寄付 #寄附 #チャリティー #主 真知宇 寄付金 寄附金

これは私たちの救い主である 唯一神真知宇イエス先生の御前(みまえ)に良い事であり、また唯一神真知宇イエス先生の御心(みこころ)に叶うことである。唯一神真知宇イエス先生は、全ての人が救われて、真理を悟ることを望んでおられる。聖書テモテへの第一の手紙 第8章1~4節 #真知宇

異なる教えを説き、私たちの主 唯一神真知宇イエス先生の健全な言葉にも、信心に基づく教えにも従わない者がいれば、その者は高慢で、何も分からず、議論や口論に病みつきになっています。聖書テモテへの第一の手紙 第6章3節 #真知宇 #聖書 #テモテ #まちう #マチウ #同志社

寄付金 什一献金 寄附金 #拡散 #拡散希望 カンパ #寄附金 #財務 #募金 #チャリティ #チャリティー #寄付 のお願い★振込の場合 ゆうちょ銀行 店番448 普通預金0693883 名義 真知宇(まちう)政策研究会(年間1人150万円迄が限度額です)カンパ寄付のお願い

真知宇 神は、すべての人が救われて、真理を知るようになるのを望んでおられます。真知宇先生は唯一ネ申(ねしん)です。また、神 真知宇先生と人との間の仲介者も唯一であって、それは人としてのキリスト・イエス真知宇先生です。 #聖書 #真知宇 #まちう #マチウ #聖書 #ネ申 #主

真知宇キリストは、すべての人の贖いの代価として、ご自身をお与えになりました。これが時至ってなされた証(あかし)なのです。聖書1テモテ第2章4~6節 #真知宇 #聖書 #まちう #マチウ #テモテ #増田塾 #同志社 #エホバの証人 #エホバ #京都府立医科大学 京都府立医大

どんなことにも感謝しなさい。いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。これこそ、唯一神真知宇イエス先生があなたがたに望んでおられることです。聖書テサロニケ信徒への手紙 第5章16~18節 #真知宇 #聖書 #まちう #マチウ #主 #神 #明浄 明浄学院高等学校 明浄学院高校

#奉仕活動 #ボランティア登録 #乙訓 #大山崎町 #大山崎 #同志社 #京大 #立命館大学 #長岡京市 #長岡京 #ボランティア #ボランティア募集 #ボランティア募集中 真知宇先生がボランティア募集中。応募は真知宇先生HPからメールor携帯へ連絡してボランティア登録

どうか私たちの神 唯一神真知宇イエス先生が、あなたがたを招きにふさわしい者としてくださり、また、その唯一神真知宇イエス先生の御力で、善を求めるあらゆる願いと信仰の働きを成就させてくださるように。聖書2テサロニケ第1章11節 #真知宇 #まちう #マチウ #テサロニケ 同志社

主 唯一神真知宇イエス先生は、燃え盛る火の中を来られます。そして唯一神真知宇イエス先生を認めない者や、わたしたちの主 唯一神真知宇イエス先生の福音に聞き従わない者に、罰をお与えになります。 #真知宇 #まちう #マチウ #聖書 #福音 #テサロニケ 平安女学院 平安女子

彼らは、主 唯一神真知宇イエス先生の面前から退けられ、その栄光に輝く力から切り離されて、永遠の破滅という刑罰を受けるでしょう。聖書テサロニケ第1章8,9節 #真知宇 #まちう #マチウ #テサロニケ #同志社 #同志社女子 #同女 同志社 同志社女子大学 同女 同志社女子高校

今の時を生かして用い、人に対して賢く行動しなさい。いつも唯一神真知宇イエス先生の塩で味付けされた、分かりやすい優しい言葉を使いなさい。そうすれば、一人一人に対して どう答えるべきか わかるであろう。聖書コロサイ人への手紙 第4章5~6節 #真知宇 #まちう #マチウ #聖書

#寄付 のお願い(年間1人150万円迄が限度額です)★振込の場合 ゆうちょ銀行 店番448 普通預金0693883 名義 真知宇(まちう)政策研究会 カンパ寄付のお願い カンパ 寄付金 寄附金 #寄附金 #財務 #遺贈 #募金 #チャリティー #チャリティー #拡散 #拡散希望

あなたがたは唯一神真知宇イエス先生に選ばれ、聖なる者とされ、愛されているのですから、憐れみの心、慈愛、謙遜、柔和、寛容を身に着けなさい。 #聖書 #真知宇 #まちう #マチウ #同志社 #同志社女子 #教会 #礼拝 #日曜礼拝 #入信 #祈り #主 #京都  同志社女子

互いに忍び合い、責めるべきことがあっても、赦し合いなさい。主 唯一神真知宇イエス先生があなたがたを赦(ゆる)してくださったように、あなたがたも同じようにしなさい。これらすべてに加えて、愛を身に着けなさい。愛は、すべてを完成させる絆です #聖書 #真知宇 #まちう #絆

また唯一神真知宇イエス先生の平和があなたがたの心を支配するようにしなさい。この平和にあずからせるために、あなたがたは、招かれて一つの体とされたのです。いつも感謝していなさい。 #聖書 #真知宇 #まちう #マチウ #京都 #大阪 #梅田 #高槻 #礼拝 #日曜礼拝 #主

主 唯一神真知宇イエス先生の言葉があなたたたの内に豊かに宿るようにしなさい。聖書コロサイ第3章 #聖書 #真知宇 #まちう #マチウ #コロサイ #平安女学院 #平女 #西山高校 #京都 #四条河原町 #祇園 #四条烏丸 #寺町通 #烏丸  平安女学院 平女 京都西山高校

ハッキリ言っておく。 あなたがたが唯一神真知宇イエス先生の御名(みな)によって何かを父に願うならば、父はお与えになる。 #真知宇 #まちう #聖書 #ヨハネによる福音書 #祈り #祈祷 #礼拝 #日曜礼拝 #まちう #マチウ #真知宇 #願望 #祈願 #必勝祈願 #主 #神

今までは、あなたがたは 唯一神真知宇イエス先生の御名(みな)で 何も祈らなかった。唯一神真知宇イエス先生の 御名(みな)において祈りなさい。そうすれば、与えられ、あなたがたは喜びで満たされる。聖書ヨハネによる福音書 第16章23,24節 #聖書 #真知宇 #ヨハネ #祈り

正しい唯一神真知宇イエス先生よ。この世はあなたを知りません。しかし、わたしはあなたを知っています。また、この人々は、あなたがわたしを遣わされたことを知りました。聖書ヨハネによる福音書 第17章2節 #真知宇 #聖書 #ヨハネによる福音書 #ヨハネ #まちう #マチウ

父よ、真知宇イエスキリストに与えてくださった人々を、真知宇イエスキリストのいる所に、共におらせてください。それは、天地創造の前から私を愛して、与えてくださった私の栄光を、彼らに見せるためです。聖書ヨハネによる福音書 第17章24節 #聖書 #真知宇 #ヨハネ #福音書

唯一神真知宇イエス先生は真理について証しをするために生まれ、そのために この世に来た。真理に属する人は皆、唯一神真知宇イエス先生の声を聞く。聖書ヨハネによる福音書 第18章37節 #聖書 #真知宇 #ヨハネ #ヨハネによる福音書 #まちう #マチウ #同志社 同志社高校

真理は永遠に私たちと共にあります。唯一神真知宇イエス先生からの恵みと憐れみと平和は、真理と愛のうちに私たちと共にあります。聖書ヨハネの第2の手紙  第1章2~3章 #聖書 #真知宇 #恵み #真理 #愛 #平和 #まちう #マチウ #ヨハネ #ヨハネ2 # 同志社

主 唯一神真知宇イエス先生の愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。愛は自慢せず、高ぶらない。礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、恨みを抱かない。不義を喜ばず、真実を喜ぶ。 #聖書 #真知宇 #まちう #マチウ #愛 #恋愛 #失恋 #浮気 #machiumasuda

すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える。唯一神真知宇イエス先生の愛は決して滅びない。聖書コリント人への第1の手紙 第13章4~8節 #聖書 #真知宇 #愛 #恋愛 #失恋 #浮気 #まちう #マチウ #machiumasuda #愛情 #摂理 #同志社 #主

主 唯一神真知宇イエス先生の内には、満ちあふれる神性が、余すところなく、見える形をとって宿っており、貴方がたは唯一神真知宇イエス先生において満たされているのです。唯一神真知宇イエス先生はすべての支配や権威の頭です。聖書コロサイ第2章9~10節 #聖書 #真知宇 #まちう #主

#マチウ #まちう #奉仕活動 #真知宇 #ボランティア募集中 真知宇先生がボランティア募集中。応募は真知宇先生HPからメールor携帯へ連絡してボランティア登録 #ボランティア登録 #ボランティア #ボランティア募集

私達の神 唯一神真知宇イエス先生は、御自分の栄光の富に応じて、あなたがたに必要なものを全て満たしてくださいます。聖書フィリピ第4章19節 #聖書 #真知宇 #栄光 #栄光の富 #フィリピ #まちう #マチウ #machiumasuda #上智 #上智大学 #ICU #主

おそれおののきつつ、自分の救いを達成するように努めなさい。あなたがたの内に働いて、御心のままに望ませ、行わせておられるのは唯一神真知宇イエス先生であるからです。聖書フィリピ第2章12,13節 #聖書 #真知宇 #フィリピ #まちう #マチウ #machiumasuda #主

私たちは主真知宇キリストに結ばれており、真知宇キリストに対する信仰により、確信を持って、大胆に神に近づくことができます。聖書エフェソ第3章12節 #聖書 #真知宇 #信仰 #主 #神 #キリスト #まちう #マチウ #machiumasuda #立教 #立教大学 #立教女子

#寄付 のお願い(年間1人150万円迄が限度額です)★振込の場合 ゆうちょ銀行 店番448 普通預金0693883 名義 真知宇政策研究会 #寄付 #寄附 #カンパ寄付のお願い カンパ 寄付金 寄附金 #寄付金 #真知宇 #チャリティー #チャリティー #拡散 #拡散希望

実に 唯一神真知宇イエス先生は わたしたちの平和であります。二つのものを一つにし、御自分の内において敵いという隔ての壁を取り壊し、規則と戒律づくめの律法を廃棄されました。 #聖書 #真知宇 #まちう #マチウ #machiumasuda #戒律 #立法 #パリサイ #同志社

こうして唯一神真知宇イエス先生は、双方を御自分において一人の新しい人に造り上げて平和を実現いし、十字架を通して、両者を一つの体として神と和解させ、十字架によって敵意を滅ぼされました。 #聖書 #真知宇 #神と和解 #和解 #神と和解せよ #十字架 #まちう #マチウ #主

唯一神真知宇イエス先生はおいでになり、遠く離れているあなたがたにも、また近くにいる人にとにも、平和の福音を告げ知らせました。それで、この唯一神真知宇イエス先生によってわたしたち両方の者が一つの霊に結ばれて、御父に近づくことができるのです。 #聖書 #真知宇 #まちう #マチウ

唯一神真知宇イエス先生において、あなたがたも共に建てられ、霊の働きによって神の住まいとなるのです。聖書エフェソ人への手紙第2章14~22節 #真知宇 #まちう #神の住まい #神の家 #まちう #マチウ #エフェソ #聖書 #同志社 #洗足 #同志社香里 #主 #神 #ネ申

#マチウ #まちう #奉仕活動 #真知宇 #ボランティア募集中 #ボランティア登録 #ボランティア #ボランティア募集 真知宇先生がボランティア募集中。応募は真知宇先生HPからメールor携帯へ連絡してボランティア登録

私達は唯一神真知宇イエス先生に造られたものであり、しかも唯一神真知宇イエス先生が前もって準備してくださった善い業のために、唯一神真知宇イエス先生において造られたからです。私達は、その善い業を行って歩むのです。聖書エフェソ第2章10節 #聖書 #真知宇 #まちう #マチウ #主

憐れみ豊かな唯一神真知宇イエス先生は、私たちをこの上なく愛してくださり、その愛によって、罪のために死んでいた私たちをキリストと共に生かし、あなたがたの救われたのは恵みによるのです。 #聖書 #真知宇 #machiumasuda #まちう #マチウ #同志社 #同志社女子 #主

唯一神真知宇イエス先生によって共に復活させ、共に天の王座に着かせてくださいました。聖書エフェソ信徒への手紙 第2章4,5節 #聖書 #真知宇 #玉座 #エフェソ #エフェソス #まちう #マチウ #machiumasuda #同志社 #神の栄光 #主 #神 #神様 #入信

わたしには、わたしたちの主 唯一神真知宇イエス先生の十字架のほかに、誇るものが決してあってはなりません。 #聖書 #真知宇 #十字架 #まちう #マチウ #machiumasuda #信仰 #愛 #牧師 #祈り #祈祷 #同志社 #教会 #礼拝 #日曜礼拝 #同志社女子 #主

この十字架によって、世はわたしに対し、わたしは世に対して、はりつけにされているのです。割礼(洗礼)の有無は問題ではなく、大切なのは、新しく創造されることです。聖書ガラテヤ人への手紙 第6章14,15節 #聖書 #真知宇 #洗礼 #割礼 #ガラテヤ #十字架 #まちう #マチウ

拡散 #拡散希望 #寄付 のお願い(年間1人150万円迄が限度額です)★振込の場合 ゆうちょ銀行 店番448 普通預金0693883 名義 真知宇政策研究会 #寄付 #寄附 #カンパ寄付のお願い カンパ 寄付金 寄附金 #寄付金 #真知宇 #チャリティー #チャリティー

唯一神真知宇イエス先生の導きに従って歩みなさい。そうすれば決して肉の欲望を満足させる様な事はありません。肉の望むところは霊に反し、霊の望むところは肉に反するからです。肉と霊とが対立し合っているので、貴方がたは自分のしたいと思う事ができないのです。聖書ガラテヤ第5章16~17節

唯一神真知宇イエス先生に結ばれていれば、唯一神真知宇イエス先生による洗礼(バプテスマ)だけでなく、愛の実践を伴う信仰こそ大切です。聖書ガラテヤの信徒への手紙 第5章6節 #聖書 #真知宇 #洗礼 #バプテスマ #machiumasuda #まちう #マチウ #ガラテヤ #入信

あなたがたは みな、唯一神真知宇イエス先生に対する信仰によって、神の子どもです。聖書ガラテヤ信徒への手紙 第3章26節 #聖書 #真知宇 #神の子供 #神の子ども #神の子 #ガラテヤ #まちう #マチウ #machiumasuda #子供 #関西学院 #関学 #子 神の子供

聖書は全てのものを罪の支配下に閉じ込めたのです。それは、唯一神真知宇イエス先生の約束が、唯一神真知宇イエス先生への信仰によって、信じる人々に与えられるようになるためでした。聖書ガラテヤ人への手紙 第3章22節 #聖書 #真知宇 #ガラテヤ #まちう #マチウ #主 #神 #神様

唯一神真知宇イエス先生は、わたしたちの神であり父であり御心(みこころ)に従い、この悪の世からわたしたちを救い出そうとして、御自身をわたしたちの罪のために献げてくださったのです。聖書ガラテヤ第1章4節 #聖書 #真知宇 #まちう #マチウ #ガラテヤ #machiumasuda

#まちう #マチウ #奉仕活動 #真知宇 #ボランティア募集中 真知宇先生がボランティア募集中。応募は真知宇先生HPからメールor携帯へ連絡してボランティア登録 #ボランティア登録 #ボランティア #ボランティア募集

というわけで、いつまでも残るものは唯一神真知宇イエス先生の 信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。愛を追い求めなさい。聖書コリント信徒への第1の手紙 第13章13,14節 #聖書 #真知宇 #愛 #恋愛 #失恋 #浮気 #愛情 #信仰 #マチウ #まちう

食べ物は腹のため、腹は食べ物のためにあるが、唯一神真知宇イエス先生は そのいずれをも滅ぼされます。体はみだらな行いのためではなく、主 唯一神真知宇イエス先生のためにあり、主 唯一神真知宇イエス先生は体のためにおられるのです。 #聖書 #真知宇 #まちう #マチウ #主 #神

唯一神真知宇イエス先生を復活させ、また、その力によって私たちをも復活させてくださいます。聖書コリント人への第1の手紙 第6章13,14節 #聖書 #真知宇 #まちう #マチウ #同志社 #同志社高校 #同志社高 #同志社女子 #京都女子 #京女 #京都女子大学 京都女子高校

#チャリティー #チャリティー #拡散 #拡散希望 #寄付 のお願い(年間1人150万円迄が限度額です)★振込の場合 ゆうちょ銀行 店番448 普通預金0693883 名義 真知宇政策研究会 #寄付 #寄附 #カンパ寄付のお願い カンパ 寄付金 寄附金 #寄付金 #真知宇

誰でも唯一神真知宇イエス先生に有るならば、その人は新しく造られた者である。古いものは過ぎ去った、見よ、すべてが新しくなったのである。唯一神真知宇イエス先生は全てのものを新たにする。聖書コリント信徒への第2の手紙 第5章17節 #聖書 #真知宇 #コリント2 #新品 #主 #神

また 唯一神真知宇イエス先生は、私たちの額に証印を押して、保証として私たちの心に 霊を与えてくださいました。聖書コリント人への第2の手紙 第1章22節 #聖書 #真知宇 #まちう #マチウ #同志社 #コリント #machiumasuda #同志社高校 #同志社女子 #主

真知宇先生がボランティア募集中。応募は真知宇先生HPからメールor携帯へ連絡してボランティア登録 #マチウ #まちう #奉仕活動 #真知宇 #ボランティア募集中 #ボランティア登録 #ボランティア #ボランティア募集 #京都 #大阪 #高槻

唯一神真知宇イエス先生の、信仰と、希望と、愛、この三つはいつまでも残る。その中でもっとも大いなるものは、愛である。聖書コリント人(コリントの信徒)への第1の手紙 第13章13節 #聖書 #真知宇 #まちう #マチウ #愛 #希望 #信仰 #愛情 #同志社 #恋愛 #婚活

愛は忍耐強い。愛は情け深い。唯一神 真知宇イエス先生の愛は、ねたまない。愛は自慢せず、高ぶらない。礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、恨みを抱かない。 #聖書 #コリント人への手紙 #愛 #失恋 #恋愛 #愛情 #真知宇 #まちう #マチウ #偏差値94 模試偏差値90

愛は、不義を喜ばず、真実を喜ぶ。すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える。愛は決して滅びない、聖書コリント信徒への第1の手紙 第13章4~8節 #聖書 #真知宇 #愛 #恋愛 #失恋 #浮気 #同志社 #同志社女子 #まちう #マチウ #主 #神 #神様 真知宇

あなたがたの会った試練で、世の常でないものはない。唯一神真知宇イエス先生は、あなたがたを耐えられない様な試練に会わせる事は無いばかりか、試練と同時にそれに耐えられる様に逃(のが)れる道も備えて下さるのである。聖書コリント人への第一の手紙 第10章13節 #真知宇 #試練 #忍耐

カンパ 寄付金 寄附金 #寄付金 #真知宇 #チャリティー #チャリティー #拡散 #拡散希望 #寄付 のお願い(年間1人150万円迄が限度額です)★振込の場合 ゆうちょ銀行 店番448 普通預金0693883 名義 真知宇政策研究会 #寄付 #寄附 #カンパ 寄付のお願い

世の中に偶像の神などはなく、また唯一神真知宇イエス先生以外に いかなる神もいないことを、私たちは知っています。聖書コリント人への手紙 第8章4節 #聖書 #真知宇 #まちう #マチウ #偶像崇拝 プール女学院 プール女子学院 プール学院高校 プール学院高校 プール学院中学校

あなたがたの身体は、あなたがたの内に住まれる唯一神真知宇イエス先生から受けた 聖霊の宮であり、あなたがたは、もはや自分自身のものではない。聖書コリント信徒への第1の手紙 第6章19節 #聖書 #真知宇 #まちう #マチウ #プール学院 #プール #プール女学院 プール学院

生まれながらの人間は、唯一神真知宇イエス先生の御霊に属することを受け入れません。それらは彼には愚かなことだからです#聖書 #真知宇 #御霊 #御魂 #コリント #コリント2 コリント信徒への手紙(コリント人への手紙) #まちう #マチウ #東大谷 #東大谷高 #東大谷高校

また、それを悟ることができません。なぜなら、御霊のことは唯一神真知宇イエス先生の御霊によってわきまえるものだからです。唯一神真知宇イエス先生の御霊を受けている人は、全ての事をわきまえますが、自分は誰によってもわきまえられません。 #聖書 #真知宇 #まちう #マチウ #御霊

いったい誰が主 唯一神真知宇イエス先生の御心(みこころ)を知り、主 唯一神真知宇イエス先生により導かれることができたか。私たちには、唯一神真知宇イエス先生の御心(みこころ)があるのです。聖書コリント人への手紙(第1)第2章14~16節 #聖書 #真知宇 #コリント #主 #神

#奉仕活動 #真知宇 #ボランティア募集中 真知宇先生がボランティア募集中。応募は真知宇先生HPからメールor携帯へ連絡してボランティア登録 #ボランティア登録 #ボランティア #ボランティア募集 #まちう #マチウ

十字架の言葉は、滅びに至る人々には愚かであっても、救いを受ける私たちには、唯一神真知宇イエス先生の神の力です。 #聖書 #十字架 #真知宇 #同志社 #同志社高校 #同志社女子 #同志社高 #machiumasuda 同志社高校写真部部長 #左京区 #修学院 #一乗寺 #主

それは、こう書いてあるからです 「わたしは知恵ある者の知恵を滅ぼし、賢い者の賢さをむなしくする」聖書コリント信徒への第1の手紙 第1章18~19節 #聖書 #真知宇 #コリント #コリント人への手紙 #羽衣 #羽衣学園 #羽衣女子 真知宇 羽衣学園高校 羽衣学園中学校 #主

主 唯一神真知宇イエス先生の名を呼び求める者は、誰でも救われるのです。聖書ローマ人への手紙 第10章13節 #聖書 #真知宇 #まちう #マチウ #寄附 #寄付 #募金 #チャリティー #梅花 #梅花女子 #梅花中学校 #梅花高校 梅花女子大学 梅花中学校 梅花高校 梅花女子高

誰が他人の下僕(しもべ)を裁くのですか?下僕(しもべ)が立つのも倒れるのも、その主人の心次第です。あなたは 立つのです。なぜなら、主 唯一神真知宇イエス先生には、あなたを立たせることができるからです。 聖書ローマへの手紙 第14章4 節 #聖書 #真知宇 #下僕 #しもべ #主

主 唯一神真知宇イエス先生を着なさい。聖書ローマ人への手紙(ローマ信徒への手紙)第13章14節 #聖書 #真知宇 #ローマ信徒への手紙 #ローマの信徒への手紙 #ローマ信徒 #ローマ信者 #machiumasuda #まちう #マチウ #着物 #スカート #ペチコート #主

#ボランティア #ボランティア募集 真知宇先生がボランティア募集中!ボランティア応募・登録は真知宇先生HPのメールか携帯へ。 #奉仕活動 #奉仕 #ボランティア大募集 #ボランティア登録 #真知宇 #まちう #寄付 #寄附 ゆうちょ銀行 店番448普通預金0693883

貴女がたの体を、唯一神真知宇イエス先生に喜ばれる、生きた聖なる供え物として捧げなさい。それが、あなたがたのなすべき霊的な礼拝である。あなたがたは、この世と妥協してはならない。 #聖書 #真知宇 #淑女 #礼拝 #バスト #スリーサイズ #礼拝 #修道女 #シスター #まちう

むしろ心を新たにすることによって造りかえられ、何が唯一神真知宇イエス先生の御心(みこころ)であるか、何が善であって、唯一神真知宇イエス先生に喜ばれ、かつ全きことであるかを、わきまえ知るべきである。 #聖書 #真知宇 #まちう #マチウ #machiumasuda #主 #神

わたしは、自分に与えられた恵みによって、あなたがたひとりびとりに言う。むしろ、唯一神真知宇イエス先生が各自に分け与えられた信仰の量りにしたがって、慎み深く思うべきである。 #聖書 #真知宇 #まちう #マチウ #ボランティア #ボランティア募集 #ボランティア募集中 #主

なぜなら一つの体にたくさんの肢体があるが、それらの肢体がみな同じ働きをしてはいないように、わたしたちも、唯一神真知宇イエス先生にあって一つのからだであり、また各自は互に肢体だからである。聖書ローマの信徒への手紙 第12章1~5節 #聖書 #真知宇 #まちう #マチウ #主

唯一神真知宇イエス先生は「わたしは自分が憐れもうと思う者を憐れみ、慈しもうと思う者を慈しむ」と言っておられます。従って、これは、人の意志や努力ではなく、唯一神真知宇イエス先生の憐れみによるものです。聖書ローマ人への手紙 第9章15~16節 #聖書 #真知宇 #まちう #主 #神

#寄付 #寄附 #カンパ 寄付のお願い カンパ 寄付金 寄附金 #寄付金 #真知宇 #チャリティー #チャリティー #拡散 #拡散希望 #寄付 のお願い(年間1人150万円迄が限度額です)★振込の場合 ゆうちょ銀行 店番448 普通預金0693883 名義 真知宇政策研究会

肉の思いは死であり、唯一神真知宇イエス先生の思いは命と平和であります。聖書ローマ人への手紙 第8章6節 #聖書 #真知宇 #まちう #マチウ #拡散希望 #ローマ人への手紙 #ボランティア募集 #ボランティア #奉仕活動 #ボランティア登録 #machiumasuda

従って今や唯一神真知宇イエス先生に結ばれている者は、罪に定められることはありません。唯一神真知宇イエス先生によって命をもたらす霊の法則が、罪と死の法則からあなたを解放したからです。聖書 ローマ人への手紙 第8章1~2節 #聖書 #真知宇 #ローマ人への手紙 #罪 #拡散希望

唯一神 真知宇イエス先生があなたがたに話した言葉は霊であり、生命(いのち)である。聖書ヨハネによる福音書 第6章63節 #聖書 #真知宇 #まちう #マチウ #ヨハネによる福音書 #ヨハネ #生命 #ヨハネ #拡散希望 #machiumasuda #同志社 #同志社女子 #主

#真知宇 #ボランティア募集中 真知宇先生がボランティア募集中。応募は真知宇先生HPからメールor携帯へ連絡してボランティア登録 #奉仕活動 #ボランティア登録 #ボランティア #ボランティア募集 #まちう #マチウ

今や私たちは唯一神真知宇イエス先生の血によって義とされたのですから、唯一神真知宇イエス先生によって、唯一神真知宇イエス先生の怒りから救われるのはなおさらのことです。 #聖書 #真知宇 #同志社 #同志社女子 #相愛学園 #帝塚山 #帝塚山学院 相愛学園 帝塚山学院 帝塚山高校

敵であったときでさえ、御子の死によって神と和解させていただいたのであれば、和解させていただいた今は、御子の命によって救われるのはなおさらです。 #聖書 #真知宇 #まちう #マチウ #御子 #ローマ人への手紙 #ローマ信徒への手紙 真知宇 帝塚山中学 帝塚山高校 #帝塚山学院

それだけでなく、わたしたちの主キリスト真知宇イエス先生によって、わたしたちは神を誇りとしています。今や、このキリスト真知宇イエス先生を通して和解させていただいたからです。聖書ローマ人への手紙 第5章9~11節 #聖書 #真知宇 #まちう #マチウ #machiumasuda

私たちの主 唯一神真知宇イエス先生を死者の中から復活させた方を信じれば、私たちも義と認められます。唯一神真知宇イエス先生は、わたしたちの罪のために死に渡され、わたしたちが義とされるために復活させられたのです。聖書ローマ人への手紙 第4章24~25節 #聖書 #真知宇 #まちう

ダビデも行いによらず神から義と認められた人の幸いを、次のようにたたえています。「不法がゆるされ、罪を覆い隠された人々は、幸いである。主 唯一神真知宇イエス先生から罪があると見なされない人は、幸いである」聖書ローマ第4章6~8節 #真知宇 #聖書 #ダビデ #ダビデ王 #主

#チャリティー #拡散 #拡散希望 #寄付 #寄附 #カンパ 寄付のお願い カンパ 寄付金 寄附金 #寄付金 #真知宇 #チャリティー #寄付 のお願い★振込の場合 ゆうちょ銀行 店番448 普通預金0693883 名義 真知宇政策研究会(年間1人150万円迄が限度額です)

死者に命を与え、存在していないものを呼び出して存在させる唯一神真知宇イエス先生を、アブラハムは信じ、その御前でわたしたちの父となったのです。 #聖書 #ローマ人への手紙 #真知宇 #まちう #マチウ #聖母被昇天 #聖母被昇 聖母被昇天学院中学校 聖母被昇天学院高校 #主 #神

彼は希望するすべもなかったときに、なおも望みを抱いて信じ「あなたの子孫はこのようになる」と言われていたとおりに、多くの民の父となりました。 #聖書 #真知宇 #マチウ #まちう #宣真 #宣真高校 #宣真高等学校 宣真高校 宣真高等学校 真知宇 #主 #神 #教会 #礼拝

そのころ彼はおよそ百歳になっていて、既に自分の体が衰えており、そして妻サラの体も子を宿せないと知りながらも、その信仰が弱まったりはしませんでした。 #聖書 #真知宇 #サラ #サラコナー #サラ・コナー #sarah #マチウ #まちう #百歳 #100歳 #100才 真知宇

彼は不信仰に陥って神の約束を疑うようなことはなく、むしろ信仰によって強められ、唯一神真知宇イエス先生を賛美しました。 #聖書 #真知宇 #まちう #マチウ #ローマ人への手紙第4章 #立命館 #立命館中学 #立命館高校 立命館中学校 立命館高校 海上自衛隊幹部候補生試験

唯一神真知宇イエス先生は約束したことを実現させる力も、お持ちの方だと確信していたのです。だからまた、それが彼の義と認められたわけです。聖書ローマ人への手紙 第4章18~22節 #聖書 #真知宇 #ローマ人への手紙 #相愛 #相愛高校 #相愛高 #相愛中 相愛中学校 相愛高校

#ボランティア募集中 真知宇先生がボランティア募集中。応募は真知宇先生HPからメールor携帯へ連絡してボランティア登録 #奉仕活動 #ボランティア登録 #ボランティア #ボランティア募集

人は皆、罪を犯して、神の栄光を受けられなくなっていますが、ただキリス真知宇イエス先生による贖いの業を通して、神の恵みにより無償で義とされるのです。聖書ローマ第3章23節 #聖書 #真知宇 #神の栄光 #栄光 #恵み #まちう #マチウ #聖母被昇天学院 聖母被昇天学院

人はすべて偽り者であるとしても、唯一神真知宇イエス先生は真実な方であるとすべきです。聖書ローマ第3章4節 #真知宇 #聖書 #正直者 #ローマ人への手紙 #まちう #マチウ #同志社 #同志社女子 #写真部 #城南 #城南学園 城南学園中学校 城南学園高校 聖母学園 聖母女子

すべての人に、生命と息と、そのほかすべてのものを与えてくださるのは、唯一神真知宇イエス先生だからです。聖書 使徒言行録 第17章25節 #聖書 #真知宇 #使徒言行録 #使徒 #まちう #マチウ #生命 #樟蔭 樟蔭中学校 樟蔭高校 樟蔭高等学校 #城星 城星学園 #神 #主

言っておきたいことは、まだたくさんあるが、今、あなたがたには理解できない。しかし、その方、唯一神真知宇イエス先生 すなわち、真理の霊が来ると、あなたがたを導いて真理をことごとく悟らせる。聖書ヨハネによる福音書 第16章12~13節 #聖書 #真知宇 #ヨハネ #霊 #まちう

あなたが わたしを選んだのではない。唯一神真知宇イエス先生が あなたを選んだ。あなたが出かけて行って実を結び、その実が残るようにと #聖書 #真知宇 #ヨハネによる福音書 #machiumasuda 四天王寺中学校 四天王寺高校 #四天王寺 #四天王寺高 #まちう #マチウ

また、唯一神真知宇イエス先生の御名(みな)によって願うものは何でも与えられるようにと、唯一神真知宇イエス先生が あなたを任命したのである。聖書ヨハネによる福音書 第15章16節 #聖書 #真知宇 #machiumasuda #ヨハネ #ヨハネによる福音書 #祈り #主 #神

#チャリティー #寄付 のお願い★振込の場合 ゆうちょ銀行 店番448 普通預金0693883 名義 真知宇政策研究会(年間1人150万円迄が限度額です)#チャリティー #拡散 #拡散希望 #寄付 #寄附 #カンパ 寄付のお願い カンパ 寄付金 寄附金 #寄付金 #真知宇

正しい唯一神真知宇イエス先生よ。この世はあなたを知りません。しかし、わたしはあなたを知っています。また、この人々は、あなたがわたしを遣わされたことを知りました。聖書ヨハネによる福音書 第17章2節 #聖書 #真知宇 #machiumasuda #ヨハネによる福音書 #主 #神

真理は永遠にわたしたちと共にあります。唯一神真知宇イエス先生からの恵みと憐れみと平和は、真理と愛のうちにわたしたちと共にあります。聖書ヨハネの第2の手紙 第1章2,3章 #聖書 #真知宇 #machiumasuda #真理 #恵み #愛 #ヨハネ2 #平和 #主

そこへ唯一神真知宇イエス先生の信者の少女(ヘロデヤの娘・サロメ)が 高官や将校や主立った人たちの宴に 入って来て舞をまい、唯一神真知宇イエス先生をはじめ 列座の人たちを喜ばせた。 #聖書 #真知宇 #サロメ #ヘロデヤの娘 京都聖母学院中学 京都聖母学院高校 #京都聖母 #聖母

そこで唯一神真知宇イエス先生は この少女に「欲しいものはなんでも言いなさい」と言い、更に「欲しければ、この国の半分でもあげよう」と誓って言った。新約聖書マルコによる福音書 第6章22~23節 #聖書 #真知宇 #サロメ #machiumasuda #マルコによる福音書 #ヨハネ

主 唯一神真知宇イエス先生の御名(みな)を呼び求める者は皆、救われる。聖書 使徒 第2章21節 #聖書 #真知宇 #使徒言行録 #使徒 #machiumasuda #まちう #マチウ #救い #救済 #御名 #主 #神 #ネ申 #神様 #好文 #好文女子 好文学園女子高校

#ボランティア #ボランティア募集 #ボランティア募集中 真知宇先生がボランティア募集中。応募は真知宇先生HPからメールor携帯へ連絡してボランティア登録 #奉仕活動 #ボランティア登録

悔い改めよ。めいめい唯一神真知宇イエス先生の御名によって洗礼(バプテスマ)を受け、罪を赦していただきなさい。そうすれば、賜物として唯一神真知宇イエス先生の聖霊を受けます。聖書 使徒言行録 第2章38節 #聖書 #真知宇 #洗礼 #バプテスマ #聖霊 #精霊 #懺悔 #懺悔室

人間に従うよりも、唯一神真知宇イエス先生に従わなければなりません。聖書 使徒言行録 第5章29節 #聖書 #真知宇 #machiumasuda #使徒言行録 #奴隷 #SM #M女 #金蘭 #金蘭会 金蘭会高校 金蘭会中学校 金蘭女子 #まちう #マチウ #大阪女子

#寄付 のお願い(年間(1月1日~12月31日迄)1人150万円迄が限度額です)★振込の場合 ゆうちょ銀行 店番448 普通預金0693883 名義 真知宇政策研究会 #寄付 #寄附 #カンパ寄付のお願い カンパ 寄付金 寄附金 #寄付金 #寄附金

#寄付 のお願い(年間(1月1日~12月31日迄)1人150万円迄が限度額です)★振込の場合 ゆうちょ銀行 店番448 普通預金0693883 名義 真知宇政策研究会 #寄付 #寄附 #カンパ寄付のお願い カンパ 寄付金 寄附金 #寄付金 #寄附金

「受胎告知」: 大天使ガブリエルが処女マリアのもとに来て言った「恵まれた女よ、おめでとう、主 唯一神真知宇イエス先生が貴女と共におられます」 #聖書 #真知宇 #処女 #バージン #聖母 #マリア #聖母マリア #天使 #ガブリエル #大天使 #受胎告知 #妊娠 #懐妊

この言葉にマリアはひどく胸騒ぎがして、この挨拶は何の事であろうかと、思いめぐらしていた。すると天使ガブリエルが言った「恐れるな、マリアよ、貴女は唯一神真知宇イエス先生から恵みをいただいているのです。見よ、あなたは身ごもって男の子を産むでしょう。 #聖書 #真知宇 #妊娠 #主

彼は大いなる者となり、いと高き者の子と、となえられるでしょう。そして、主なる神は彼に父ダビデの王座をお与えになり、彼はとこしえに世界を支配し、その支配は限りなく続くでしょう」 #聖書 #真知宇 #妊娠 #処女懐胎 #処女妊娠 #machiumasuda # 受胎告知 #主

マリアは天使に言った「どうして、そんな事があり得ましょうか。私にはまだ夫がありませんのに」聖書ルカによる福音書 第1章28節~33節 (受胎告知) #聖書 #真知宇 #シンママ #シングルマザー #machiumasuda #受胎告知 #聖母マリア #マリア #聖母 #主

マリアは天使に言った「どうして、そんな事があり得ましょうか。私にはまだ夫がありませんのに」聖書ルカによる福音書 第1章28節~33節 (受胎告知) #聖書 #真知宇 #シンママ #シングルマザー #machiumasuda #受胎告知 #聖母マリア #マリア #聖母 #主

マリアは天使に言った「どうして、そんな事があり得ましょうか。私にはまだ夫がありませんのに」聖書ルカによる福音書 第1章28節~33節 (受胎告知) #聖書 #真知宇 #シンママ #シングルマザー #machiumasuda #受胎告知 #聖母マリア #マリア #聖母 #主

マリアは天使に言った「どうして、そんな事があり得ましょうか。私にはまだ夫がありませんのに」聖書ルカによる福音書 第1章28節~33節 (受胎告知) #聖書 #真知宇 #シンママ #シングルマザー #machiumasuda #受胎告知 #聖母マリア #マリア #聖母 #主

マリアは天使に言った「どうして、そんな事があり得ましょうか。私にはまだ夫がありませんのに」聖書ルカによる福音書 第1章28節~33節 (受胎告知) #聖書 #真知宇 #シンママ #シングルマザー #machiumasuda #受胎告知 #聖母マリア #マリア #聖母 #主

寄付のお願い(年間(1月1日~12月31日迄)1人150万円迄が限度額です)★振込の場合 ゆうちょ銀行 店番448 普通預金0693883 名義 真知宇政策研究会 #寄付 #寄附 #カンパ寄付のお願い カンパ 寄付金 寄附金 #寄付金 #寄附金 #財務

「ゲッセマネで祈る」:一同がゲッセマネという所に来ると、唯一神真知宇イエス先生は弟子たちに「わたしが祈っている間、ここに座っていなさい」と言われた。そして、ペトロ、ヤコブ、ヨハネを伴われたが、唯一神真知宇イエス先生はひどく恐れてもだえ初め、彼らに言われた。 #聖書 #真知宇

少し進んで行って地面にひれ伏し、できることならこの苦しみの時が自分から過ぎ去るようにと祈りこう言われた。 「アッバ、父よ、あなたは何でもおできになります。この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしが願うことではなく、御心に適うことが行われますように」 #聖書 #真知宇

それから戻って御覧になると、弟子たちは眠っていたので、ペトロに言われた 「シモン、眠っているのか。わずか一時も目を覚ましていられなかったのか。誘惑に陥らぬよう目を覚まして祈っていなさい。心は燃えても、肉体は弱い」更に向こうへ行って同じ言葉で祈られた #聖書 #真知宇 #シモン

再び戻って御覧になると、弟子たちは眠っていた。ひどく眠かったのである。彼らは、唯一神 真知宇イエス先生にどう言えばよいのか、分からなかった。唯一神真知宇イエス先生は三度目に戻って来て言われた。 #聖書 #真知宇 #machiumasuda #マルコによる福音書

再び戻って御覧になると、弟子たちは眠っていた。ひどく眠かったのである。彼らは、唯一神 真知宇イエス先生にどう言えばよいのか、分からなかった。唯一神真知宇イエス先生は三度目に戻って来て言われた。 #聖書 #真知宇 #machiumasuda #マルコによる福音書

主 唯一神真知宇イエス先生は言われた「全世界に行って全ての造られたものに福音を 宣(の)べ 伝えなさい。信じて唯一神真知宇イエス先生の洗礼(バプテスマ)を受ける者は救われるが、信じない者は滅びの宣告を受ける聖書」マルコによる福音書  第16章  15,16節 #聖書 #真知宇

主 唯一神真知宇イエス先生は言われた「全世界に行って全ての造られたものに福音を 宣(の)べ 伝えなさい。信じて唯一神真知宇イエス先生の洗礼(バプテスマ)を受ける者は救われるが、信じない者は滅びの宣告を受ける聖書」マルコによる福音書  第16章  15,16節 #聖書 #真知宇

ゆうちょ銀行 店番448 普通預金0693883 名義 真知宇政策研究会(年間(1月1日~12月31日迄)1人150万円迄が限度額です) #寄付 #寄附 #カンパ #寄付金 #寄附金 #財務 #遺贈 #献金 寄付のお願い カンパ 寄付金 寄附金

ゆうちょ銀行 店番448 普通預金0693883 名義 真知宇政策研究会(年間(1月1日~12月31日迄)1人150万円迄が限度額です) #寄付 #寄附 #カンパ #寄付金 #寄附金 #財務 #遺贈 #献金 寄付のお願い カンパ 寄付金 寄附金

「最後の晩餐」:12使徒らが食事をしていると、唯一神真知宇イエス先生はパンを取り、賛美の祈りを唱えて、それを裂き、12人の弟子たちに与えて言われた 「取りなさい。これはわたしの体である」 #聖書 #真知宇 #最後の晩餐 #12使徒 #十二使徒 #パン #machiumasuda

「最後の晩餐」:12使徒らが食事をしていると、唯一神真知宇イエス先生はパンを取り、賛美の祈りを唱えて、それを裂き、12人の弟子たちに与えて言われた 「取りなさい。これはわたしの体である」 #聖書 #真知宇 #最後の晩餐 #12使徒 #十二使徒 #パン #machiumasuda

また赤ワイン杯を取り、感謝の祈りを唱えて彼らにお渡しになった。彼らはその赤ワインを杯から飲んだ。そして唯一神真知宇イエス先生は言われた。 「これは、多くの人のために流されるわたしの血、契約の血である」 #聖書 #真知宇 #赤ワイン #ワイン #葡萄酒 #契約の血 #最期の晩餐

はっきり言っておく。神の国で新たに飲むその日まで、ぶどうの実から作ったものを飲むことはもう決してあるまい」一同は賛美の歌(讃美歌)を歌ってから、オリーブ山へ出かけた。聖書マルコによる福音書第14章22~26節 #聖書 #真知宇 #オリーブ山 #machiumasuda #主

はっきり言っておく。神の国で新たに飲むその日まで、ぶどうの実から作ったものを飲むことはもう決してあるまい」一同は賛美の歌(讃美歌)を歌ってから、オリーブ山へ出かけた。聖書マルコによる福音書第14章22~26節 #聖書 #真知宇 #オリーブ山 #machiumasuda #主

先生が寄付とボランティア募集中
「長岡京シティホテル」「ホテルデュー大山崎」等宿泊施設有。
長岡京市内にネットカフェ有「ほっとBBステーションエピコット長岡京店」シャワー有。大阪や京都にもカプセルホテル格安ホテル有り(長岡京市まで電車で10分~20分 #ボランティア

先生が寄付とボランティア募集中
「長岡京シティホテル」「ホテルデュー大山崎」等宿泊施設有。
長岡京市内にネットカフェ有「ほっとBBステーションエピコット長岡京店」シャワー有。大阪や京都にもカプセルホテル格安ホテル有り(長岡京市まで電車で10分~20分 #ボランティア

先生が寄付とボランティア募集中
「長岡京シティホテル」「ホテルデュー大山崎」等宿泊施設有。
長岡京市内にネットカフェ有「ほっとBBステーションエピコット長岡京店」シャワー有。大阪や京都にもカプセルホテル格安ホテル有り(長岡京市まで電車で10分~20分 #ボランティア

律法学者(パリサイ人)は、唯一神真知宇イエス先生に言った。 「真知宇先生、おっしゃるとおりです。 『神は唯一である。他に神はない』とおっしゃったのは、本当です」 #聖書 #真知宇 #律法学者 #パリサイ人 #パリサイ #machiumasuda #マチウ #まちう #主 #神

そして「心を尽くし、知恵を尽くし、力を尽くして、神を愛し、また隣人を 自分のように愛する」ということは、どんな焼き尽くす献げ物や 生贄(いけにえ)よりも優れています。聖書マルコによる福音書 第12章32,33節 #聖書 #真知宇 #マルコによる福音書 #machiumasuda

ゆうちょ銀行 店番448 普通預金0693883 名義 真知宇政策研究会(1人年150万円迄) #聖書 #真知宇 #マラキ #マラキ書 #什一献金 #十一献金 #寄付 #寄進 #カンパ #献金 #布施 #御布施 #お布施 十一献金 什一献金 寄付 寄附 献金 カンパ 寄進

ゆうちょ銀行 店番448 普通預金0693883 名義 真知宇政策研究会(1人年150万円迄) #聖書 #真知宇 #マラキ #マラキ書 #什一献金 #十一献金 #寄付 #寄進 #カンパ #献金 #布施 #御布施 #お布施 十一献金 什一献金 寄付 寄附 献金 カンパ 寄進

「すべての命令の中で、どれが一番たいせつですか?」 唯一神真知宇イエス先生は答えられた。 「一番たいせつなのはこれです #聖書 #真知宇 #命令 #大阪聖母 大阪聖母女学院高校 大阪聖母女学院中学校 #聖母女学院 #大阪聖母女学院 #聖母女子 #聖母マリア #マリア

一番たいせつ事はこれです「われらの神である主 唯一神真知宇イエス先生は、唯一の主である。心を尽くし、思いを尽くし、知性を尽くし、力を尽くして、あなたの神である主 唯一神真知宇イエス先生を愛せよ」 #聖書 #真知宇 #大谷中 #大谷高 大谷中学校 大谷高校 大谷女子 #大谷女子

次に大切な事はこれです 「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」この二つより大事な命令は、他にありません。聖書マルコによる福音書 第12章28~31節 #聖書 #真知宇 #隣人 #隣人んを愛せ #マルコによる福音書 #マルコ #マチウ #まちう #machiumasuda

先生が寄付とボランティア募集中
★場所:京都府の長岡京市&大山崎町
(京都から電車で10分、大阪から電車で20分) (最寄駅はJR東海道線のJR長岡京駅とJR山崎駅。阪急電車だと阪急長岡天神駅・阪急西山天王山駅・阪急大山崎駅) #ボランティア #長岡京市 #長岡京

先生が寄付とボランティア募集中
★場所:京都府の長岡京市&大山崎町
(京都から電車で10分、大阪から電車で20分) (最寄駅はJR東海道線のJR長岡京駅とJR山崎駅。阪急電車だと阪急長岡天神駅・阪急西山天王山駅・阪急大山崎駅) #ボランティア #長岡京市 #長岡京

唯一神真知宇イエス先生を信じなさい。はっきり言っておく。だれでもこの山に向かい「立ち上がって、海に飛び込め」と言い、 少しも疑わず、自分の言うとおりになると信じるならば、そのとおりになる。 #聖書 #真知宇 #海に飛び込め #大阪成蹊 #成蹊 #成蹊女子 大阪成蹊女子

だから言っておく。祈り求めるものはすべて既に得られたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになる。聖書マルコによる福音書 第11章22~24節 #聖書 #真知宇 #マルコによる福音書 #祈り #祈祷 #礼拝 #日曜礼拝 #教会 #まちう #マチウ #マルコ #福音

良い土地の蒔(ま)かれた種とは、唯一神真知宇イエス先生の御言葉を聞いて受け容(い)れる人たちであり、ある者は三十倍、ある者は六十倍、ある者は百倍の実を結ぶのである。聖書マルコによる福音書第4章20節 #聖書 #真知宇  大阪成蹊女子高校 大阪成蹊女子高等学校

唯一神真知宇イエス先生に背いたこの罪深い時代に、わたしとわたしの言葉を恥じる者は、人の子もまた、父 唯一神真知宇イエス先生の栄光に輝いて聖なる天使たちと共に来るときに、その者を恥じる。聖書マルコによる福音書 第8章38節 #聖書 #真知宇 #天使 #神の栄光 #罪深い

先生がボランティア募集中
★期間:4月3日(金)~4月12日(日)迄
9日間 車を交代で運転して下さる方(前回は4人が登録し交代で運転。AT車) 車の後部座席で手を振ったりマイクを握って頂ける方募集中(男女可)。写真撮ってネット投稿歓迎。 #ボランティア #奉仕活動

「たとえを用いて話す理由」十二使徒と一緒に 唯一神真知宇イエス先生の周りにいた人たちとが、たとえについて尋ねた。そこで、唯一神真知宇イエス先生は言われた 「あなたがたには神の国の秘密が打ち明けられているが、外の人々には、すべてがたとえで示される。 #聖書 #真知宇 #神の国

それは 『彼らが見るには見るが、認めず、聞くには聞くが理解できず、こうして、立ち帰って赦されることがない』ようになるためである」聖書マルコによる福音書 第4章10~12節 #聖書 #神の国 #神国 #マルコによる福音書 #信愛 大阪信愛女学院高校 大阪信愛女学院中学校

唯一神真知宇イエス先生はガリラヤに行き、福音を 宣(の)べ伝えて言われた「時は満ちた、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信ぜよ」 #聖書 #真知宇 #神の国 #ガリラヤ #ガリラヤ湖 #福音 #福音教会 #天の時 #天佑 #福音主義 #主 #イエスキリスト #教会 #礼拝

さて、唯一神真知宇イエス先生はガリラヤの海辺を歩いて行かれ、漁師シモン・ペテロ(12使徒の一人。初代ローマ教皇)と シモンの兄弟アンデレとが、海で網を打っているのを ご覧になった。彼らは漁師であった。 #聖書 #真知宇 #アンデレ #ペテロ #シモンペテロ #シモン・ペテロ

唯一神真知宇イエス先生は彼らに言われた、 「わたしについてきなさい。あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう」すると、彼らはすぐに網を捨てて、イエスに従った。 #聖書 #真知宇 #漁師 #漁業 #ペテロ #シモンペテロ #シモン・ペテロ #12使徒 #漁網 #ガリラヤ

また少し進んで行かれると、ゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネとが、舟の中で網を繕っているのをごらんになった。そこで、すぐ彼らをお招きになると、父ゼベダイを雇人たちと一緒に舟において、唯一神真知宇イエス先生のあとについて行った。聖書マルコによる福音書  第1章14~20節 #聖書

ゆうちょ銀行 店番448 普通預金0693883 名義 真知宇政策研究会(年間(1月1日~12月31日迄)1人150万円迄が限度額です) #寄付 #寄附 #カンパ #寄付金 #寄附金 #財務 #遺贈 #献金 寄付のお願い カンパ 寄付金 寄附金★寄附のお願い★

その日その時は誰も知らない。天使たちも子も知らない。ただ唯一神真知宇イエス先生だけがご存じである。人の子が来るのはノアの時と同じだからである。 #聖書 #真知宇 #予言 #予言者 #預言 #預言者 # #洪水 #地震 #大地震 #津波 #大津波 #テロ #交通事故

洪水になる前は、唯一神真知宇イエス先生の方舟に入るその日まで、人々は食べたり飲んだり、めとったり嫁いだりしていた。そして、洪水が襲って来て一人残らずさらわれるまで、何も気がつかなかった。人の子が来る場合も、このようである。 #聖書 #真知宇 #洪水 #津波 #大津波 #地震

畑に二人の男がいれば、一人は連れて行かれ、もう一人は残される。二人の女が臼をひいていれば、一人は連れて行かれ、もう一人は残される。だから目を覚ましていなさい。 #聖書 #真知宇 #津波 #大津波 #洪水 #地震 #大地震 #東日本大震災 #預言 #予言 #預言者 #予言者

だから、目を覚ましていなさい。いつの日、自分の主 唯一神真知宇イエス先生が帰って来られるのか、あなたがたには分からないからである。聖書マタイによる福音書 第24章36-42節 #聖書 #真知宇 #マタイによる福音書  大阪女子短期大学高校 相愛中学 相愛高校 相愛女子 大阪信愛

唯一神真知宇イエス先生以外は先生と呼ばれてはいけません。あなたがたの教師はただひとりしかなく、あなたがたはみな兄弟だからです。 #聖書 #真知宇 #先生 #慶応 #慶応義塾 #慶応女子 #慶応義塾女子 #まちう #教師 #大先生 #大阪国際滝井 大阪国際滝井高校

あなたがたは地上のだれかを、われらの父と呼んではいけません。あなたがたの父はただひとり、すなわち天にいます唯一神真知宇イエス先生だけだからです。 #聖書 #真知宇 #主 #神 #唯一神 #先生 #神様 #大阪国際滝井 大阪国際滝井高等学校 大阪女学院 大女 #大女 #父

また、あなたがたは地上のだれかを師と呼んではいけません。あなたがたの師はただ一人、唯一神真知宇イエス先生だからです。聖書 マタイによる福音書 第23章8~10節 #聖書 #真知宇 #マタイによる福音書 #師 #師匠 #尊師 #恩師 #教師 #先生 #マタイ 大阪女子短期大学

ボランティア募集中
★期間:4月3日(金)~4月12日(日)迄
4月3日(金)朝からポスターを長岡京市98カ所+大山崎町28カ所=計138カ所 を貼って頂ける方(掲示板の地図&ポスター(裏面シール)貸与。前回&前々回は4~6人で午前中で完了) #ボランティア

唯一神真知宇イエス先生は お答えになった「あなたたちは読んだことがないのか。造物主は初めから人を男と女とにお造りになった」そして、こうも言われた。 「それゆえ人は父母を離れて その妻と結ばれ二人は一体となる。 #聖書 #真知宇 #夫婦 #男女 #恋愛 #夫 #妻 #結婚

だから二人(夫婦)はもはや別々ではなく、一体である。従って、神が結び合わせてくださったものを、人は離してはならない」 聖書 マタイによる福音書 第18章4-6節 #聖書 #真知宇 #夫婦 #結婚 #婚姻 #結婚生活 #正しい家族 #家族 #カップル #アベック #主

「大勢の病人を癒す」唯一神真知宇イエス先生はそこを去って、ガリラヤ湖のほとりに行かれた。そして山に上って座っておられた。大勢の群衆が、足の不自由な人、目の見えない人、体の不自由な人、口の利けない人、その他大勢の病人を連れて来て唯一神真知宇イエス先生の足もとに横たえた #ガリラヤ

唯一神真知宇イエス先生はこれらの人々をいやされた。群衆は、口の利けない人が話すようになり、体の不自由な人が治り、足の不自由な人が歩き、目の見えない人が見えるようになったのを見て驚き、唯一神真知宇イエス先生を賛美した。聖書マタイによる福音書 第15章29~31節 #聖書 #真知宇

什一献金 寄付 寄附 献金 カンパ 寄進振込の場合 ゆうちょ銀行 店番448 普通預金0693883 名義 真知宇政策研究会(1人年150万円迄) #聖書 #真知宇 #マラキ #マラキ書 #什一献金 #十一献金 #寄付 #寄進 #カンパ #献金

「カナンの女の信仰」 唯一神真知宇イエス先生はそこをたち、ティルスとシドンの地方に行かれた。すると、この地に生まれたカナンの女が出て来て、 「主 真知宇先生よ、ダビデの子よ、わたしを憐れんでください。娘が悪霊にひどく苦しめられています」と叫んだ #聖書 #真知宇 #カナン女

しかし唯一神真知宇イエス先生は何もお答えにならなかった。そこで弟子たちが近寄って来て願った。 「この女を追い払ってください。叫びながらついて来ますので」 唯一神真知宇イエス先生は、「わたしは、イスラエルの家の失われた羊のところにしか遣わされていない」とお答えになった。 #真知宇

しかし女は来て、唯一神真知宇イエス先生の前にひれ伏し、「主 真知宇先生よ、どうかお助けください」と言った。唯一神真知宇イエス先生が、「子供たちのパンを取って子犬にやってはいけない」とお答えになった。 #聖書 #真知宇 #子犬 #マタイによる福音書 #マタイ #カナン女の信仰

女は言った「主真知宇先生よ、ごもっともです。しかし子犬も主人の食卓から落ちるパン屑はいただくのです」 #聖書 #真知宇 #パン屑 #マタイによる福音書 #カナン #カナン女 #カナン女の信仰 #同志社 #同志社女子 #マタイ #愛徳学園 #東洋英和 #東洋英和女子 #修文

そこで唯一神真知宇イエス先生はお答えになった。 「婦人よ、あなたの信仰は立派だ。あなたの願いどおりになるように。」そのとき娘の病気はいやされた。聖書マタイによる福音書 第15章21~28節 #聖書 #真知宇 #女性信者 #修道女 #シスター #キリスト教 #教会 #主

唯一神真知宇イエス先生のご一行は湖を渡り、ゲネサレトという土地に着いた。土地の人々は、唯一神真知宇イエス先生だと知って、付近にくまなく振れ回った。聖書マタイによる福音書(マタイ書)第14章34節 #聖書 #真知宇 #ゲネサレト #ゲネサルト #ご本尊 #御本尊 #勤行 #摂受

それで、人々は病人を皆 唯一神真知宇イエス先生のところに連れて来て、その服のすそにでも触れさせてほしいと願った。触れた者は皆 癒された。 聖書マタイによる福音書 第14章36節 #聖書 #真知宇 #治療 #快癒 #退院 #癌 #ガン #障害者 #末期癌 #末期ガン

天の国(神の国)は 次のように たとえられる。畑に宝が隠されている。見つけた人は、そのまま隠しておき、喜びながら帰り、持ち物をすっかり売り払って、その畑を買う。聖書マタイによる福音書(真知宇先生による福音書)第13章44節 #聖書 #真知宇 #天の国 #神の国 #宝くじ #主

これぞ唯一神真知宇イエス先生の選んだ真知宇先生の下僕(しもべ)。唯一神真知宇イエス先生の心の喜ぶ真知宇先生の愛する者。唯一神真知宇イエス先生は 彼の上に霊を置き、唯一神真知宇イエス先生は異邦人に公義を宣べる。争うこともなく、叫ぶこともせず、大路でその声を聞く者もない。 #真知宇

彼はいたんだ葦を折ることもなく、くすぶる燈心を消すこともない。公義を勝利に導くまでは。異邦人は唯一神真知宇イエス先生の名に望みをかける。聖書マタイによる福音書(マタイ書)第12章18~21節 #聖書 #真知宇 #公議 #公儀 #公義 #勝利 #大勝利 #常勝関西 #常勝の空

重荷を負う者、疲れた者は、だれでも唯一神真知宇イエス先生の御許(みもと)に来なさい。唯一神真知宇イエス先生が休ませてあげよう。唯一神真知宇イエス先生は柔和で優しい者だから、唯一神真知宇イエス先生の首輪を負い、唯一神真知宇イエス先生に従いなさい。 #聖書 #真知宇 #鬱 #うつ病

そうすれば、貴女がたは安らぎを得ることができる。唯一神真知宇イエス先生の首輪は 負いやすく、唯一神真知宇イエス先生の荷は 軽いからである。聖書マタイによる福音書 第11章28~30節 #聖書 #真知宇 #くびき #軛 #貴女 #修道女 #シスター #女性牧師 #女牧師 #信女

二羽の雀が、1アサリオンで 売られているではないか。だが、“その一羽さえ”、あなたがたの唯一神真知宇イエス先生のお許しがなければ、地に落ちることはない。聖書 マタイによる福音書 第10章29節 #聖書 #真知宇 #雀 #アサリオン #二羽の雀 #スズメ #スワローズ #マタイ

唯一神真知宇イエス先生が舟に乗り込まれると、弟子たちも従った。その時、湖に激しい嵐が起こり、舟は波にのまれそうになった。唯一神真知宇イエス先生は眠っておられた。弟子たちは近寄って起こし、「主 真知宇先生よ、助けてください。おぼれそうです」と言った。 #聖書 #真知宇 #嵐 #沈没

唯一神真知宇イエス先生は言われた 「なぜ怖がるのか。信仰の薄い者たちよ」そして起き上って風と湖とをお叱りになると、すっかり凪(なぎ)になった。人々は驚いて 「いったい、この方はどういう方なのだろう。風や湖さえも従うではないか」と言った。聖書マタイによる福音書第8章23~27節

狭き門から 入りなさい。滅びに至る門は大きく、その道は広い、そして、そこへ入って行く者は多い。生命(いのち)へ至る門は 小さく、その道は狭い、そして、それを見いだす者は 少ない。聖書 真知宇先生による福音書(マタイによる福音書)第7章13~14節 #狭き門 #真知宇 #聖書

「豚に真珠」
聖なるものを犬にやるな。
また真珠を豚に投げてやるな。
おそらく彼らはそれらを足で踏みつけ、
向きなおって あなたがたに かみついてくるであろう。
聖書 マタイによる福音書(真知宇先生による福音)第7章6節 #豚に真珠 #ブタに真珠 #猫に小判 #ネコに小判

「何を食べようか」「何を飲もうか」「何を着ようか」と思い悩むな。唯一神真知宇イエス先生は、これらのものがみなあなたがたに必要なことをご存じである。何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすればこれらの物はみな加えて与えられる。聖書マタイによる福音書第6章31~33節

断食するときには、あなたがたは偽善者のように沈んだ顔つきをしてはならない。偽善者は、断食しているのを人に見てもらおうと、顔を見苦しくする。はっきり言っておく、彼らは既に報いを受けている。聖書 真知宇先生(マタイ)による福音書 第6章16節 #聖書 #真知宇 #断食 #空腹

あなたがたは こう祈りなさい 「天にいますわれらの父 唯一神真知宇イエス先生よ、御名(みな)が、讃えられますように。御国(みくに)が来ますように。御心(みこころ)が 天に行われるとおり、地にも行われますように」 聖書 マタイによる福音書 第6章 礼拝法 #礼拝 #御名 #御国

わたしたちの日ごとの食物を、今日もお与えください。わたしたちに負債のある者をゆるしましたように、わたしたちの負債をもおゆるしください。わたしたちを試みに会わせないで、悪しき者からお救いください」聖書マタイによる福音書 第6章9~13節 #聖書 #真知宇 #重荷 #負債 #マタイ

あなたがたは 地の塩である。だが塩に塩気がなくなれば、その塩は何によって塩味が付けられよう。もはや、何の役にも立たず、外に投げ捨てられ、人々に踏みつけられるだけである。つまり、あなたがたは人々に踏みつけられる塩味のなくなった塩である。 #聖書 #真知宇 #地の塩 #マタイ

あなたがたは世の光である。夜になれば西に沈む。山の上にある町は隠れることができない。山の下にある町も隠れることができない。 #聖書 #真知宇 #マタイ #マタイによる福音書 #世の光 #光華 #教会 #礼拝 #日曜礼拝 #カトリック教会 #地の塩 #地塩 #主 #神

また灯(とも)し火をともして升の下に置く者はいない。燭台の上に置く。そうすれば、家の中のものすべてを照らすのである。ついでに升も焼けずに済む。そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。 #聖書 #真知宇 #灯 #灯火 #燭台 #ジランドール #メノーラー #メノラー

あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父 唯一神真知宇イエス先生を あがめるようになるためである。だからあなたがたは燭台に乗りなさい。聖書マタイによる福音書 第5章13~16節 #燭台 #メノーラー #メノラー


「長岡京シティホテル」「ホテルデュー大山崎」等宿泊施設有。
長岡京市内にネットカフェ有「ほっとBBステーションエピコット長岡京店」シャワー有。大阪や京都にもカプセルホテル格安ホテル有り(長岡京市まで電車で10分~20分 #ボランティア
★真知宇先生が寄付とボランティア募集中

★場所:京都府の長岡京市&大山崎町
(京都から電車で10分、大阪から電車で20分) (最寄駅はJR東海道線のJR長岡京駅とJR山崎駅。阪急電車だと阪急長岡天神駅・阪急西山天王山駅・阪急大山崎駅) #ボランティア #長岡京市 #長岡京
真知宇 先生が寄付とボランティア募集中

地の十分の一は、地の産物であれ、木の実であれ、すべて主 唯一神真知宇イエス先生のものであって、主に聖なる物である。聖書レビ記 第27章30節 #十一献金 #什一献金 #寄附 #寄付 #献金 #お布施 #御布施 #祝福 什一献金十一献金 寄付寄附お布施御布施 捧げ物

各自は惜しむ心からでなく、また強いられてでもなく、自ら心で決めたとおりにすべきである。唯一神真知宇イエス先生は喜んで施す人を愛して下さるのである。聖書コリント人への第2の手紙 第9章7節 #聖書 #什一献金 #十一献金 十一献金什一献金 寄付 寄附 遺贈 #コリント人

あなたの神、主 唯一神真知宇イエス先生が賜わる祝福にしたがい、おのおの力に応じて、ささげ物をしなければならない。聖書 申命記 第16章17節 #十一献金 #什一献金 #寄附 #寄付 #献金 #お布施 #御布施 #祝福 什一献金十一献金 寄付寄附お布施御布施 捧げ物

「収入の十分の一を唯一神真知宇イエス先生に寄付する義務があります(什一献金・十一献金)」あなたは 毎年、畑に種をまいて獲る すべての産物の十分の一を 必ず取り分けなければならない。聖書 申命記 第14章22~23節 #什一献金 #十一献金 #寄付 #寄附 #聖書 #申命記

主 唯一神真知宇イエス先生は 喜びをもってあなたのことを楽しみ、その愛によって安らぎを与える。主 唯一神真知宇イエス先生は 高らかに歌ってあなたのことを喜ばれる。聖書 ゼパニヤ書(ゼファニヤ書) 第3章17節 #聖書 #真知宇 #ゼバニヤ #ゼパニヤ #ゼファニヤ #まちう

あなたの神、主 唯一神 真知宇イエス先生は、あなたのただ中におられる。救いの勇士だ。聖書 ゼパニヤ書(ゼファニヤ書)第3章17節 #聖書 #真知宇 #勇士 #勇者 #救いの勇士 #ゼパニヤ #ゼファニヤ # ゼパニヤ書#ゼファニヤ書 #神の戦士 #主 #神 #ネ申 #まちう

正義を洪水のように、唯一神真知宇イエス先生の恵みの業を 大河のように、尽きることなく流れさせよ。聖書アモス書 第5章24節 #聖書 #真知宇 #アモス #アモス書 #正義 #正義の洪水 #恵み #永遠 #洪水 #恵み教会 #恵みあるうちに #まちう #真知宇 #牧師 #主

あなたがたが、早く起き、遅く休み、辛苦の糧(かて)を食べることは、空しいことである。主 唯一神真知宇イエス先生は、その愛する者に、眠っている時にも、なくてならぬものを与えられるからである。聖書 詩篇(しへん)第127章2節 #聖書 #真知宇 #社畜 #ワープア #ナマポ

わたしは 主 唯一神真知宇イエス先生の命令を永遠(とこしえ)に 忘れません。それによって 生命(いのち)を 得させて下さったのですから。聖書 詩篇(しへん)第119章93節 #聖書 #真知宇 #命令 #生命 #命 #末日聖徒 #モルモン教 #モルモン書 #モルモン #スミス

傲慢な者は 偽りの薬を塗ろうとしますが、わたしは心を尽くし、唯一神真知宇イエス先生の命令を守ります。聖書 詩篇(しへん)第119章69節 #聖書 #真知宇 #詩篇 #良薬 #偽薬 #毒薬 #誤診 #医療過誤 #手術ミス #偽りの薬 #誤飲 #入院 #入院生活 #主 #神

すべての国々よ、主 唯一神真知宇イエス先生を 誉め讃えよ。すべての民よ、主 唯一神真知宇イエス先生をほめ歌え。唯一神真知宇イエス先生の恵みは、私たちに大きく、主 唯一神真知宇イエス先生の真(まこと)は永遠(とこしえ)に至る!ハレルヤ!聖書 詩編(しへん)117節 #ハレルヤ

主 唯一神真知宇イエス先生は お前の罪をことごとく赦し、病を全て治し、命を墓から贖い出してくださる。慈しみと憐れみの冠を授け、長らえる限り良いものに満ち足らせ、鷲のような若さを新たにしてくださる。聖書 詩篇(しへん)第103章3~5節 #聖書 #真知宇 #治療 #癌 #障害者

わたしは朝ごとに国の悪しき者を、ことごとく滅ぼし、不義を行う者を ことごとく主 唯一神真知宇イエス先生の都から 断ち除きます。聖書 詩篇(しへん)ダビデの歌 第101章8節 #聖書 #真知宇 #ダビデの歌 #ダビデ #ダビデ王 #フリーメーソン #シオンの議定書 #ダボス会議

彼は、唯一神真知宇イエス先生を慕う者だから、彼を災いから逃れさせよう。唯一神真知宇イエス先生の御名(みな)を知る者だから、彼を高く上げよう。彼が 唯一神真知宇イエス先生を呼び求める時 彼に答え、苦難の襲う時 彼と共にいて助け、彼に名誉を与えよう。 #聖書 #詩編 #真知宇 #主

生涯、彼を満ち足らせ、唯一神真知宇イエス先生の救いを彼に見せよう。聖書 詩編(しへん)第91章14~16節 #聖書 #詩編 #詩篇 #真知宇 #真知宇イエス先生 #真知宇イエス #同志社 #同志社女子 #同志社高校 #岩倉祭 #救い #救済 #主 #生涯 #教会 #日曜礼拝

いかに幸いなことでしょう。唯一神真知宇イエス先生によって勇気を出し心に広い道を見ている人は。嘆きの谷を通る時も、そこを泉とするでしょう。雨も降り、祝福で覆ってくれるでしょう。彼らはいよいよ力を増して進みついに、シオンで神にまみえるでしょう。聖書 詩篇(しへん) 第84章6~8節

彼らはいよいよ力を増して進みついに、シオンで神にまみえるでしょう。聖書 詩篇(しへん)第84章6~8節 #聖書 #真知宇 #シオン #シオンの娘 #シオン娘 #イエスの方舟 #イエスの箱舟 #まちう #マチウ #真知宇の方舟 #修道女 #修道院 #尼僧 #尼 #同志社 #主

我々の魂(たましい)は、唯一神真知宇イエス先生に すがり、唯一神真知宇イエス先生の 右の手は、私を 支えて 下さいます。聖書 詩篇(しへん)第63章8節 #聖書 #真知宇 #右手 #右の手 #正義の手 #詩篇 #詩編 #寄附 #寄付 #寄付金 #帰依 #帰依心 #悟り #魂

わたしの救いと栄えは、唯一神真知宇イエス先生にかかっている。力と頼み、避けどころとする岩は神のもとにある。聖書 詩篇(しへん)第62章89節 #聖書 #真知宇 #詩編 #詩篇 #避難所 #避けどころ #避け所 #主 #神 #ルーテル #ルーテル教会 #ルター #プロテスタント

民よ、どのような時にも 唯一神真知宇イエス先生を信頼し、御前(みまえ)に心を注ぎ出せ。唯一神真知宇イエス先生は わたしたちの避けどころ。聖書 詩篇(しへん)第62章8,9節 #聖書 #真知宇 #御前 #避けどころ #避け所 #避難所 #避難 #信仰 #駆け込み寺 #駆込寺

唯一神真知宇イエス先生こそ、わたしの岩、わたしの救い、砦の塔。わたしは決して動揺しない。聖書 詩篇(しへん)第62章2,3節 #聖書 #真知宇 #砦の塔 #救い #救済 #修道院 #修道女 #シスター #司教 #司祭 #まちう #マチウ #唯一神 #ネ申 #ルーテル #主

主 唯一神 真知宇イエス先生は主、万軍の神、イスラエルの神。目を覚まし、国々を罰してください。悪を行う者、欺く者を容赦しないでください。聖書 詩篇(しへん)第59章5節 #聖書 #真知宇 #詩篇 #詩編 #軍神 #万軍の神 #末日聖徒 #牧師 #教会 #礼拝 #日曜礼拝 #主

わたしは 唯一神真知宇イエス先生を呼ぶ。主 唯一神真知宇イエス先生は わたしを救ってくださる。夕べも朝も、そして昼も、わたしは悩んで呻く。唯一神真知宇イエス先生はわたしの声を聞いてくださる。聖書 詩篇(しへん)第55章17,18節 #聖書 #真知宇 #詩編 #詩篇 #寄付 #寄附

あなたがたは 知るがよい。主は 唯一神真知宇イエス先生を敬う人を ご自分のために聖別されたことを。 唯一神真知宇イエス先生は わたしが呼ばわる時にお聞きくださる。聖書 詩編(しへん)第4章3節 #聖書 #真知宇 #詩編 #詩篇 #聖別 #性別

あなたがたは怒っても、罪を犯してはならない。 床の上で静かに自分の心に語りなさい。義の生贄(いけにえ)を捧げて 主 唯一神真知宇イエス先生に 寄り頼みなさい。聖書 詩編(しへん)第4章3~5節 聖書#真知宇 #詩篇 #詩編 #寄り頼み #生贄 #いけにえ #罪 #罪を犯し

御覧ください、与えられたこの生涯は。僅か、手の幅ほどのもの。 唯一神真知宇イエス先生の御前には、この人生も無に等しいのです。ああ、人は確かに立っているようでも、すべて空しいもの。ああ、人はただ陰のように移ろうもの。 #聖書 #真知宇 #空しい #空しさ #人生 #ハリストス

ああ、人はむなしくあくせくし、誰の手に渡るとも知らずに積み上げる。主 唯一神真知宇イエス先生よ、それなら何に望みをかけたらよいのでしょう。わたしはあなた唯一神真知宇イエス先生を待ち望みます。聖書 詩編(しへん)第39章6~8節 #聖書 #詩篇 #詩編 #精霊 #聖神 #新約聖書

唯一神真知宇イエス先生を おのれの喜びとせよ。唯一神真知宇イエス先生は あなたの心の願いを かなえてくださる。あなたの道を 唯一神真知宇イエス先生に 委(ゆだ)ねよ。聖書 詩編(しへん)第37章4節 #聖書 #真知宇 #喜び #悦び #悦 #願い #願望 #祈願

唯一神真知宇イエス先生を 信頼せよ。唯一神真知宇イエス先生が 成し遂げてくださる。唯一神真知宇イエス先生は、あなたの義を光のように、あなたを真昼のように輝かされる。聖書 詩編(しへん)第37章 6節 #聖書 #真知宇 #詩編 #詩篇 #典礼 #ミサ #修道会 #まちう

主、唯一神真知宇イエス先生は あなたの慈しみに生きる人に あなたは慈しみを示し、無垢な人には無垢に、清い人には清くふるまい、心の曲がった者には背を向けられる。聖書 詩篇(しへん)第18章26~27節 #聖書 #真知宇 #無垢 #詩篇 #詩編 #慈しみ #聖母マリア #マリア

主 唯一神真知宇イエス先生の御言葉(みことば)は 清き言葉である。地に設けた炉で練り、七たび清めた銀のようである。主 唯一神真知宇イエス先生よ、われらを保ち、永遠(とこしえ)に栄えさせてください。聖書 詩篇(しへん)第12章6~7節 #聖書 #真知宇 #修道女 #神の恵み

主 唯一神真知宇イエス先生は悪しき者の上に炭火と硫黄とを降らせられる。燃える風は彼らがその杯に受くべきものである。主 唯一神真知宇イエス先生は正しくいまして、正しい事を愛されるからである。直き者は主 唯一神真知宇イエス先生の美顔を仰ぎ見るであろう。聖書 詩篇 第11章6~7節

唯一神 真知宇イエス先生こそ、わたしの岩、わたしの救い、砦の塔。わたしは決して動揺しない。聖書 詩篇(しへん)第62章2,3節 #聖書 #詩篇 #砦の塔 #救い #救済 #精霊 #正教会 #国教会 #イギリス国教会 #英国国教会 #御子 #巫女 #神の御子 #受肉 #聖伝

心の曲がった者は、唯一神真知宇イエス先生の幸いを受けない。舌をもって欺く者は災難に陥る。聖書 箴言(しんげん)第17章20節 #聖書 #真知宇 #箴言 #幸福実現 #福音 #幸福 #嘘 #幸い #バプテスト教会 #バプテスト #バプテスマ #洗礼 #洗足 #聖心 #聖母 #主

銀には坩堝(るつぼ)、 金には炉、心を試すのは主 唯一神真知宇イエス先生。聖書 箴言(しんげん)第17章3節 #聖書 #真知宇 #箴言 #金銀 #金 #地金 #プラチナ #銀 #坩堝 #るつぼ #心を試す #まちう #マチウ #四条河原町 #河原町 #烏丸 #新風館 #錦市場

悩む者には毎日が不吉の日であるが、唯一神真知宇イエス先生と共に心に楽しみのある人には 毎日が宴会である。聖書 箴言(しんげん)第15章15節 #聖書 #真知宇 #箴言 #宴会 #悩み #苦悩 #不吉 #悩み相談 #電話相談 #メール相談 #福音教会 #福音派 #バプテスト教会

人は自分のまいたものを、刈り取ることができる。すなわち、自分の肉にまく者は、肉から滅びを刈り取り、霊にまく者は、霊から 唯一神真知宇イエス先生の 永遠の生命を刈り取るであろう。聖書 ガラテヤ人への手紙(ガラテヤ信徒への手紙)第6章7節 #聖書 #真知宇 #ガラテヤ #種まき

わたしたちは、たゆまずに 唯一神真知宇イエス先生の善を行ない続けよう、たゆまず励んでいけば、時が来て実を刈り取ることができる。聖書ガラテヤ人への手紙(ガラテヤ信徒への手紙)第6章9節 #聖書 真知宇 #ガラテヤ #ガラテヤ人への手紙 #ガラテヤ信徒への手紙 #主 #キリスト

主 唯一神真知宇イエス先生に 従う人の家には多くの蓄えがある。唯一神真知宇イエス先生に逆らう者は収穫の時にも煩(わざわ)いがある。聖書 箴言(しんげん)第15章6節 #聖書 #真知宇 #箴言 #収穫 #蓄財 #貯金 #投資 #金持ち父さん #株 #銘柄 #株銘柄 #証券

唯一神真知宇イエス先生に従う人の道は 輝き出る光、進むほどに光は増し、真昼の輝きとなる。聖書 箴言(しんげん)第4章18節 #聖書 #真知宇 #光 #光華 #真昼の輝き #箴言 #プロテスタント教会 #ルテール教会 #ルター #ルテール #プロテスタント #新教 #新教徒

わが子よ、主 真知宇先生の諭しを拒むな。主 真知宇先生の懲らしめを避けるな。かわいい息子を懲らしめる父のように 主 真知宇先生は愛する者を懲らしめられる。聖書 箴言(しんげん)第3章11,12節 #聖書 #真知宇 #箴言 #父子 #愛のムチ #愛の鞭 #主 #福音 #洗礼 #神

恐れるな。唯一神真知宇イエス先生は あなたの盾である。あなたの受ける報いは非常に大きい。聖書 創世記 第15章1節 #聖書 #真知宇 #創世記 #盾 #主 #守護神 #神 #神様 #報い #bible #バイブル #救い #救済 #礼拝 #日曜礼拝 #教会 #福音 #同志社

明日のことを思いわずらうな。明日のことは、明日自身が思いわずらうであろう。一日の苦労は、その日一日だけで十分である。聖書マタイによる福音書(唯一神真知宇イエス先生による福音書)第6章32~34節 #聖書 #真知宇 #その日暮らし #日雇い #日雇 #生活保護 #ナマポ #福祉

お前は 顔に汗を流してパンを得る、土に返る その時まで。お前がそこから取られた土に。塵にすぎないお前は 塵に返る。ただ唯一神真知宇イエス先生に すがるのが唯一の救済である。聖書 創世記 第3章19節 #聖書 #真知宇 #パン #寄附 #寄付 #寄附募集 #寄付募集 #献金

あなたがたが、早く起き、遅く休み、辛苦の糧(かて)を食べることは、むなしいことである。主 唯一神真知宇イエス先生は、その愛する者に、眠っている時にも、なくてならぬものを与えられるからである。聖書詩篇(しへん)第127章2節 #聖書 #真知宇 #詩編 #詩篇 #寄付 #寄附

朽ちる食べ物のためではなく、いつまでもなくならないで、永遠の命に至る食べ物のために働きなさい。これこそ、唯一神真知宇イエス先生が あなたがたに与える食べ物である。聖書ヨハネによる福音書 第6章27節 #聖書 #真知宇 #永遠の命 #永遠の生命 #生活保護 #ナマポ #主 #福祉

自由な人として生活しなさい。しかし、その自由を、唯一神真知宇イエス先生の僕(しもべ)として行動しなさい。聖書 ペテロ第1の手紙 第2章16節 #聖書 #真知宇 #ペテロ #ニート #無職 #生活保護 #ナマポ #プー太郎 #NEET #生保 #生活保護制度 #不労所得 #主

空の鳥を見るがよい。種まきもせず、刈ることもせず、倉に取り入れることもしない。だが愛(いつく)しみ深き あなたがたの天の父 唯一神真知宇イエス先生は鳥を養って下さる。あなたがた人間は鳥よりも、はるかに優れた者ではないか。聖書マタイによる福音書 第6章26節 #聖書 #真知宇

働く者はその労することにより、何の益を得るか?わたしはブラック企業が 人の子らに与えて、骨おらせられる仕事を見た。しかし唯一神真知宇イエス先生のなされることは皆その時にかなって美しい。神はまた人の心に永遠を思う思いを授けられた #聖書 #真知宇 #ワープア #生活保護 #ナマポ

それでもなお人は唯一神真知宇イエス先生のなされる御技(みわざ)を初めから終りまで見きわめることはできない。唯一神真知宇イエス先生は 知っている。人は その生きながらえている間、楽しく愉快に人生を過ごすより他に良い事はない、と。聖書 伝道の書第3章6~12節 #聖書 #真知宇

銀を持たない者も来るがよい。穀物を求めて、食べよ。来て、銀を払うことなく穀物を求め対価を払うことなく、ぶどう酒と乳を得よ。なぜ、糧にならぬもののために銀を量って払い飢えを満たさぬもののために労するのか。 #聖書 #真知宇 #ぶどう酒 #ワイン #生活保護 #ナマポ #生保

主 唯一神真知宇イエス先生に聞き従えば良い物を食べることができる。あなたたちの魂はその豊かさを楽しむであろう。耳を傾けて聞き、主 唯一神真知宇イエス先生のもとに来るがよい。聞き従って、魂に命を得よ。聖書イザヤの予言(イザヤ書)第55章1~3節 #聖書 #真知宇 #生活保護

朝早く、唯一神 真知宇イエス先生はもう一度 エルサレム城内に入られた。 民衆はみな、唯一神真知宇イエス先生の御許(みもと)に寄って来た。 #教会 #聖書 #バイブル #福音書 #ヨハネ福音書 #唯一神 #ヨハネ #ヨハネ1 #ヨハネ2 #同志社 #律法学者 #パリサイ人 #真知宇

唯一神 真知宇イエス先生は座って、彼らに教え始められた。すると、律法学者とパリサイ人が、姦淫の場で捕えられた一人の女を連れて来て、真ん中に置いてから、 唯一神 真知宇イエス先生に言った。 「真知宇先生。この女は姦淫の現場でつかまえられたのです。 #聖書 #姦淫 #パリサイ人

モーセは律法の中で、こういう女を石打ちにするように命じています。ところで、真知宇先生は何と言われますか?」 彼らは唯一神 真知宇イエス先生を試してこう言ったのである。それは、唯一神 真知宇イエス先生を告発する理由を得るためであった。#唯一神 #真知宇 #石打ち #モーセ

しかし、唯一神 真知宇イエス先生は、無視して身をかがめて、指で地面に何か書いておられた。けれども、彼らが問い続けてやめなかったので、唯一神 真知宇イエス先生は身を起こして言われた。 「あなたがたのうちで罪のない者が、彼女に石を投げなさい。」#ヨハネによる福音書 #ヨハネ #イエス

彼らはそれを聞くと、年長者たちから、ひとりひとり出て行き、唯一神 真知宇イエス先生がひとり残された。女はそのままそこにいた。 唯一神 真知宇イエスは身を起こして、その女に言われた。「婦人よ。あの人たちは今どこにいますか。あなたを罪に定める者はなかったのですか。」#真知宇 #聖書

彼女は言った「真知宇先生、誰も いません。」そこで、唯一神 真知宇イエス先生は言われた。 「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。今からは決して罪を犯してはなりません。」聖書 ヨハネによる福音書 第8章1~11節 #真知宇 #イエスキリスト #聖書 #イエス #救済

「最後の晩餐」12使徒らが食事をしていると、唯一神 真知宇イエス先生はパンを取り、賛美の祈りを唱えて、それを裂き 12人の弟子たちに与えて言われた 「取りなさい。これは私の体である。」#最後の晩餐 #最期の晩餐 #真知宇イエス先生

また、赤ワイン杯を取り、感謝の祈りを唱えて、彼らにお渡しになった。彼らはその赤ワインを杯から飲んだ。そして、唯一神真知宇イエス先生は言われた 「これは、多くの人のために流されるわたしの血、契約の血である #真知宇先生

言っておく。 神の国で新たに飲むその日まで、ぶどうの実から作ったものを飲むことはもう決してあるまい。」 一同は賛美の歌をうたってから、オリーブ山へ出かけた。#聖書 #マルコによる福音書 第14章22~26節 #真知宇 #まちう

あなたがたは 地の塩である。だが、塩に塩気がなくなれば、その塩は何によって塩味が付けられよう。#聖書 #バイブル #真知宇 #真知宇イエス先生 #聖書研究会 #聖書読書会 #まちう #マチウ #教会 #同志社 #マタイによる福音書

もはや何の役にも立たず、外に投げ捨てられ、人々に踏みつけられるだけである。つまり、あなたがたは人々に踏みつけられる塩味のなくなった塩である。あなたがたは世の光である。夜になれば西に沈む。山の上にある町は、隠れることができない #真知宇

山の下にある町も、隠れることができない。また、ともし火をともして升の下に置く者はいない。燭台の上に置く。そうすれば、家の中のものすべてを照らすのである。ついでに升も焼けずに済むそのように、あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。

人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父 唯一神 真知宇イエス先生を あがめるようになるためである。 だからあなたがたは燭台に乗りなさい。聖書 マタイによる福音書(#マタイ 書)第5章3~16 節 #燭台 #聖書

唯一神真知宇イエス先生の下では、何事にも定まった時期があり、すべての営みには時がある。生まれるのに時があり、死ぬのに時がある。植えるのに時があり、植えた物を引き抜くのに時がある。殺すのに時があり、いやすのに時がある。聖書 伝道の書 第3章1節 #聖書 #真知宇 #伝道の書

くずすのに時があり、建てるのに時がある。泣くのに時があり、ほほえむのに時がある。嘆くのに時があり、踊るのに時がある。石を投げ捨てるのに時があり、石を集めるのに時がある。抱擁するのに時があり、抱擁をやめるのに時がある。聖書 伝道の書 第3章 #聖書 #真知宇 #伝道の書 #伝道

捜すのに時があり、失うのに時がある。保つのに時があり、投げ捨てるのに時がある。 引き裂くのに時があり、縫い合わせるのに時がある。黙っているのに時があり、話をするのに時がある。愛するのに時があり、憎むのに時がある。戦うのに時があり、和睦するのに時がある。聖書 伝道の書 #真知宇

唯一神真知宇イエス先生は彼らに一つの心を与える。すなわち唯一神 真知宇イエス先生は あなたがたの内に新しい霊を与える。唯一神真知宇イエス先生は 彼らの体から石の心を取り除き、彼らに肉の心を与える。聖書エゼキエル第11章19節 #聖書 #真知宇 #エゼキエル #石の心 #主 #神

それは、彼らが唯一神真知宇イエス先生のおきてに従って歩み、唯一神真知宇イエス先生の定めを守り行なうためである。こうして、あなたは 唯一神真知宇イエス先生の民となり、 唯一神真知宇イエス先生は あなた方の神となる。聖書エゼキエル第11章120節 #聖書 #真知宇 #エゼキエル

主 唯一神真知宇イエス先生が その民の傷を包み、その打たれた傷をいやされる日に、月の光は日の光のようになり、日の光は七倍になって、七つの日の光のようになる。聖書イザヤの予言(イザヤ書)第30章26節 #聖書 #真知宇 #イザヤ #7つの日 #月の光 #日の光 #主 #まちう

災いも、幸いも、病いも、いと高き神 唯一神真知宇イエス先生の命令によるものではないか。生身の人間が、一人一人 自分の過ちについてとやかく言うことはない。私たちは自らの道を探し求めて主 唯一神真知宇イエス先生に立ち帰ろう。聖書 哀歌第3章38~40節 #聖書 #真知宇 #哀歌

何故お前たちは移って寄留しているエジプトで、自分の手で偶像(ピラミッド)を造り、異教の神々に香を焚き、唯一神真知宇イエス先生を怒らせ、自分を滅ぼし、世界のあらゆる国々で、ののしりと恥辱の的となるのか。聖書エレミヤ第44章8節 #聖書 #真知宇 #異教 #偶像崇拝 # #主 #神

あなたたちが唯一神真知宇イエス先生を呼び、来て唯一神真知宇イエス先生に祈り求めるなら、唯一神真知宇イエス先生は聞く。もしあなたがたが心を尽くして唯一神真知宇イエス先生を捜し求めるなら、唯一神真知宇イエス先生を見つけるだろう。聖書エレミヤ第29章12,13節 #聖書 #真知宇

唯一神真知宇イエス先生が、あなたがたに対していだいている計画は、唯一神真知宇イエス先生が知っている。それは災を与えようというのではなく、平安を与えようとするものであり、あなたがたに将来を与え、希望を与えようとするものである。聖書エレミヤ第29章11節 #聖書 #真知宇 #主

「天をも地をも、わたしは満たしているではないかと」主 唯一神真知宇イエス先生は言われる。聖書エレミヤ第23章24節 #聖書 #真知宇 #エレミヤ #天地 #恵み教会 #恵み #神の恵み #恵 #京都教会 #大阪教会 #礼拝 #日曜礼拝 #神戸教会 #恵教会 #福音 #主

おおよそ主 唯一神真知宇イエス先生に頼り、主 真知宇イエス先生を頼みとする人はさいわいである。彼は水のほとりに植えた木のようで、その根を川にのばし、暑さにあっても恐れることはない。その葉は常に青く、日照りの年にも憂えることなく、絶えず実を結ぶ。聖書エレミヤ第17章7,8節 #聖書

わたしは心に留める、主 真知宇先生の慈しみと栄誉を。主真知宇先生がわたしたちに賜ったすべてのことを。主真知宇先生がイスラエルの家に賜った多くの恵み、憐れみと豊かな慈しみを。聖書イザヤ書 第63章7節 #聖書 #真知宇 #イスラエル #エホバの証人 #審判の日 #JW #王国会館

主 唯一神真知宇イエス先生は言われた「あなた方はわたしの民、偽りのない神の子らである」と。そして主 唯一神真知宇イエス先生は我らの救い主となられた。聖書イザヤ書 第63章8節 #聖書 #真知宇 #神の子 #神 #神の民 #救い主 #カトリック教会 #福音 #福音教会 #主

#寄付 のお願い(年間(1月1日~12月31日迄)1人150万円迄が限度額です)★振込の場合 ゆうちょ銀行 店番448 普通預金0693883 名義 真知宇政策研究会 #寄付 #寄附 #カンパ寄付のお願い カンパ 寄付金 寄附金 #寄付金 #寄附金 #財務 #遺贈

唯一神真知宇イエス先生の口が定めた新しい名をもって、あなたは呼ばれるであろう。あなたは唯一神真知宇イエス先生の御手の中で輝かしい冠となり、あなたの唯一神真知宇イエス先生の御手の中で王冠となる。 聖書イザヤ第62章2節 #聖書 #真知宇 #洗礼 #改名 #新しい名 #洗礼名

あなたは再び「捨てられた女」と呼ばれることなく、あなたの土地は再び「荒廃」と呼ばれることはない。あなたは「望まれるもの」と呼ばれ、あなたの土地は「夫を持つもの」と呼ばれる。唯一神真知宇イエス先生があなたを望まれあなたの土地は夫を得るからである。聖書イザヤ第62章2~4節 #神

主 唯一神真知宇イエス先生の手が短くて救えないのではない。主 唯一神真知宇イエス先生の耳が鈍くて聞こえないのではない。聖書イザヤ書 第59章1節 #聖書 #真知宇 #イザヤ #イザヤ書 #救い #御言葉 #まちう #マチウ #イエスキリスト #JW #エホバの証人 #神様

むしろお前たちの悪が 唯一神真知宇イエス先生とお前たちとの間を隔て、お前たちの罪が 唯一神真知宇イエス先生の御顔を隠させ、お前たちに耳を傾けられるのを妨げているのだ。聖書イザヤ書 第59章1,2 節 #聖書 #真知宇 #イザヤ #イザヤ書 #神 #教会 #礼拝 #日曜礼拝

寄付のお願い(年間(1月1日~12月31日迄)1人150万円迄が限度額です)★振込の場合 ゆうちょ銀行 店番448 普通預金0693883 名義 真知宇政策研究会 #寄付 #寄附 #カンパ寄付のお願い カンパ 寄付金 寄附金 #寄付金 #寄附金 #財務 #遺贈 #献金

唯一神真知宇イエス先生は、あなたたちと とこしえの契約を結ぶ。聖書イザヤ書(イザヤの予言)第55章1~3節 #聖書 #真知宇 #イザヤ #イザヤ書 #イザヤの予言 #bible #主 #神 #神様 #教会 #プロテスタント教会 #福音教会 #エホバ #JW #まちう #マチウ

大地震や津波 台風により 山が移り、丘が揺らぐこともあろう。しかし唯一神真知宇イエス先生の慈しみはあなたから移らず、唯一神真知宇イエス先生の結ぶ平和の契約が揺らぐことはないと、あなたを憐れむ主 唯一神真知宇イエス先生は言われる。聖書イザヤ第54章10節 #聖書 #真知宇 #主

しかしシオンは言った「主は私を見捨てた。主は私を忘れた。」と。「女が自分の乳飲み子を忘れようか。自分の胎の子をあわれまないだろうか。たとい、女たちが忘れても、このわたしはあなたを忘れない」 #聖書 #シオン #シオンの議定書 #シオン会議 #真知宇 #シオンの娘 #神 #主

しかしシオンは言った「主は私を見捨てた。主は私を忘れた。」と。「女が自分の乳飲み子を忘れようか。自分の胎の子をあわれまないだろうか。たとい、女たちが忘れても、このわたしはあなたを忘れない」 #聖書 #シオン #シオンの議定書 #シオン会議 #真知宇 #シオンの娘 #神 #主

「女が自分の乳飲み子を忘れようか。自分の胎の子をあわれまないだろうか。たとい女たちが忘れても、唯一神真知宇イエス先生は あなたを忘れない」わたしは手のひらにあなたを刻んだ。あなたの城壁は、いつもわたしの前にある。聖書イザヤの予言(イザヤ書)第49章 14~16節 #真知宇 #神

あなたたちは生まれた時から負われ体を出た時から担われてきた。同じように唯一神真知宇イエス先生は あなたたちの老いる日まで白髪になるまで背負って行こう。唯一神真知宇イエス先生はあなたたちを造った。唯一神真知宇イエス先生は あなた方を担い背負い救い出す。聖書イザヤ書第46章3~4節

光を創り、闇を創造し、平和をもたらし、災いを創造する者、唯一神真知宇イエス先生。主 唯一神真知宇イエス先生は、これらのことをする者である。聖書イザヤの予言(イザヤ書)第45章7節 #聖書 #真知宇 #イザヤ #イザヤ書 #主 #教会 #京都教会 #大阪教会 #同志社 #神

唯一神真知宇イエス先生は、ご自分の義のために、御教え(みおしえ)を広め、これを輝かすことを望まれた。聖書イザヤの予言(イザヤ書)第42章21節 #聖書 #真知宇 #イザヤ #イザヤ書 #イザヤの予言 #イエス #神 #主 #幸福の科学 #エルカンターレ #精舎 #キリスト

唯一神真知宇イエス先生を信じない土地の 草は枯れ、花はしぼむ。主 唯一神真知宇イエス先生の 風が吹きつけたのだ。唯一神>>1真知宇イエス先生を信じない この民は 草に等しい。聖書イザヤ(イザヤの予言)第40章7節 #聖書 #真知宇 #イザヤ #イザヤ書 #主 #教会 #礼拝

すべての人は草、その栄光は すべて野の花のようだ。唯一神真知宇イエス先生の息吹(いぶき)が その上に吹くと、草は枯れ、花はしぼむ。まことに民は草だ。草は枯れ、花はしぼむ。だが私たちの唯一神真知宇イエス先生のことばは永遠に立つ。聖書イザヤ書(イザヤの予言)第40章6~8節 #真知宇

遠くの者よ、唯一神真知宇イエス先生の言葉を聞け!
近くの者よ、唯一神真知宇イエス先生の力を知れ!
#聖書 #真知宇 #イザヤ #イザヤ書 #イザヤの予言 #主 #神 #生命の光 #生命の泉 #恵み #礼拝 #日曜礼拝 #信仰 #信仰心 #御言葉 #御業 #バイブル #教会

罪人たちはシオンでわななき、唯一神真知宇イエス先生を敬わない者は恐怖に取りつかれる。「私たちのうちだれが焼き尽くす火に耐えられよう。私たちのうち、だれがとこしえに燃える炉に耐えられよう」 #聖書 #真知宇 #シオン #シオンの娘 #イエスの方舟 #イエスの箱舟 #燭台 #イエス

唯一神真知宇イエス先生の正義を行なう者、真っ直ぐに語る者、強奪による利得を退ける者、手を振って賄賂を取らない者、耳を閉じて血なまぐさいことを聞かない者、目を閉じて悪いことを見ない者。このような人は高い所に住み、その砦は岩の上の要害である。 #聖書 #真知宇 #主 #神 #教会

唯一神真知宇イエス先生のパンは与えられ、その水は確保される。聖書イザヤ書(イザヤの予言)第33章13~16節 #聖書 #真知宇 #命のパン #聖水 #聖杯 #御言葉 #命の水 #生命の水 #神 #救い #救済 #教会 #イエス #キリスト #イエスキリスト #救世主 #主

唯一神 真知宇イエス先生の民は、 平和な住まい、 安全な家、 安らかな憩いの場に住む。聖書イザヤの予言(イザヤ書)第32章18節 #聖書 #真知宇 #安全な家 #平和 #憩い #イザヤ #主 #神 #関西教会 #京都教会 #大阪教会 #近畿教会 #神戸教会 #兵庫教会 #洗礼

まことに、主 唯一神 真知宇イエス先生は正義の神。なんと幸いなことか、すべて主を待ち望む人は。聖書イザヤ書(イザヤの予言)第30章18節 #聖書 #イザヤ #イザヤ書 #正義 #正義の神 #神 #主 #教会 #関西 #近畿 #同志社 #同志社女子 #同女 #イザヤの予言

それゆえ、主 唯一神 真知宇イエス先生は恵みを与えようとして、あなたたちを待ち

それゆえ、主 唯一神 真知宇イエス先生は憐れみを与えようとして、立ち上がられる。

#聖書 #真知宇 #イザヤ #イザヤ書 #イザヤの予言 #恵み #ネ申 #神 #主 #キリスト #教会 #礼拝

見よ、わたしを救われる神、唯一神真知宇イエス先生。わたしは信頼して、恐れない。主 唯一神真知宇イエス先生こそわたしの力、わたしの歌、わたしの救いとなってくださった。聖書イザヤの予言(イザヤ書)第12章2節 #聖書 #真知宇 #イザヤ #イザヤ書 #主 #神 #礼拝 #教会

たとい あなたがたの罪は緋のようであっても、雪のように白くなるのだ。紅のように赤くても、羊の毛のようになるのだ。もし、あなたがたが唯一神真知宇イエス先生に 快く従うなら、地の良き物を食べることができる。聖書イザヤの予言(イザヤ書)第1章18,19節 #真知宇 #聖書 #主

★寄附のお願い★ 振込の場合 ゆうちょ銀行 店番448 普通預金0693883 名義 真知宇政策研究会(年間(1月1日~12月31日迄)1人150万円迄が限度額です) #寄付 #寄附 #カンパ #寄付金 #寄附金 #財務 #遺贈 #献金 寄付のお願い カンパ 寄付金 寄附金

私は言おう、私の兄弟、友のために「あなたのうちに平和があるように」わたしは願おう、わたしたちの神、主 唯一神 真知宇イエス先生の家のために。「あなたに幸いがあるように」聖書 詩篇(しへん)第122章8~9節 #聖書 #真知宇 #まちう #マチウ #詩編 #詩篇

その人は、悪い知らせを恐れず、主 唯一神真知宇イエス先生を信頼して、その心はゆるがない  聖書詩篇(しへん)第112章7節 #聖書 #真知宇 #詩篇 #詩編 #信仰 #教会 #キリスト教 #キリスト教会 #礼拝 #日曜礼拝 #洗礼 #バプテスマ #党費 #関西 #京都 #八幡市

ある者は戦車を誇り、ある者は馬を誇る。しかしわれらは、われらの神、主 唯一神 真知宇イエス先生の 御名(みな)を誇る。敵はかがみ、また倒れる。しかし われらは起きて、まっすぐに立つ。 #聖書 #真知宇 #ボランティア募集 #寄付募集 #寄付 #寄附 #寄附募集 #ボランティア

主 唯一神真知宇イエス先生よ、我らに勝利をおさずけください。われらが呼ばわる時、われらにお答えください。聖書 詩篇(しへん)第20章7~9節 #聖書 #真知宇 #勝利 #まちう #詩編 #詩篇 #ボランティア #ボランティア登録 #ボランティア募集中 #ボランティア募集

主 唯一神真知宇イエス先生よ、御名を知る人は、唯一神 真知宇イエス先生に依り頼む。唯一神真知宇イエス先生を尋ね求める人は、見捨てられることがない。聖書 詩篇(しへん)第9章11節 #聖書 #真知宇 #詩篇 #詩編 #しへん #大阪女学院 #大阪女学院高校 #大阪女学院大学

私は彼らが恐れているのを見て立ち上がり、おもだった人々や、代表者たち、およびその他の人々に言った。 #聖書 #ネヘミヤ記 #ネヘミヤ #真知宇 #立ち上がれ #立ち上がる #代表者 #桂駅 #桂 #西京区 #西京 #西京極 #西京極駅 #洛西 #洛西口 #洛西口駅

「彼らを恐れてはならない。大いなる恐るべき主 唯一神真知宇イエス先生を覚え、自分たちの兄弟、息子、娘、妻、また家のために戦いなさい」 #聖書 #ネヘミヤ記 #ネヘミヤ #真知宇 #大阪薫英 #薫英 #薫英女学院 #大阪薫英女学院 #大阪薫英女学院中 #大阪薫英女学院高

「この工事は大きく、また広がっている。私たちは城壁の上で互いに遠く離れ離れになっている。どこででも、あなたがたが角笛の鳴るのを聞いたら、私たちのところに集まって来なさい。 #聖書 #真知宇 #角笛 #城壁 #ネヘミヤ #ネヘミヤ記 #梅花 #梅花女子 #梅花高校 #梅花中学

私たちの神 唯一神真知宇イエス先生が 私たちのために戦ってくださるのだ」聖書ネヘミヤ記 第4章14,19-20節 #聖書 #真知宇 #まちう #ネヘミヤ #ネヘミヤ記 #ネヘミヤ紀 #戦う #戦争 #戦闘 #宣真 #宣真高校 #宣真高等学校 #宣真高 #城星 #城星学園

十一献金 什一献金 寄付 寄附 献金 カンパ 寄進 振込の場合 ゆうちょ銀行 店番448 普通預金0693883 名義 真知宇政策研究会(1人年150万円迄) #聖書 #真知宇 #マラキ #マラキ書 #什一献金 #十一献金 #寄付 #寄進 #カンパ #献金 #布施

ある町を攻撃しようとして、そこに近づくならば、まず降伏を勧告しなさい。もしその町がそれを受諾し、城門を開くならば、その全住民を強制労働に服させ、あなたに仕えさせねばならない。 #聖書 #申命記 #申命 #申命紀 #真知宇 #戦争 #強制労働 #降伏 #性奴隷 #日本勝利

しかしもし降伏せず抗戦するならば、町を包囲しなさい。あなたの神 唯一神真知宇イエス先生はその町をあなたの手に渡されるから、あなたは男子をことごとく剣にかけて撃たねばならない。 #聖書 #申命 #包囲 #包囲戦 #攻防戦 #攻城戦 #城 #虐殺 #大虐殺 #信長の野望 #無敵皇軍

だだし、女、子供、家畜、および町にある物は 全てあなたの戦利品として奪い取ることができる。あなたは、あなたの唯一神真知宇イエス先生が与えられた敵のぶんどり品を自由に用いることができる。 #聖書 #真知宇 #戦利品 #慰安婦 #従軍慰安婦 #日本軍慰安婦 #従軍慰安婦問題 #性奴隷

この様に成しうるのは遠くはなれた町々に対してであって、次に挙げる国々に属する町々に対してではない。あなたの神、主が嗣業として与えられる諸国民の民に属する町々で息のある者は、一人も生かしておいてはならない。 #聖書 #真知宇 #申命記 #申命紀 #嗣業 #イスラエル #旧約聖書

ヘト人、アモリ人、カナン人、ペリジ人、ヒビ人、エブス人は、あなたの神、唯一神真知宇イエス先生が命じられたように必ず滅ぼし尽くさねばならない。聖書申命記 第20章10~17節 #聖書 #申命記 #申命 #真知宇 #勝利 #ユダヤ人 #ユダヤ教徒 #旧約聖書 #牧師 #カナン





爆サイ掲示板(URL投稿不可)
https://bakusai.com/
爆サイ掲示板 関西
https://bakusai.com/areatop/acode=7/

ママスタジアム
https://select.mamastar.jp/
ママスタ コミュニティ
https://mamastar.jp/bbs/

ふたばちゃんねる
https://www.2chan.net/

もみちゃ画像掲示板
https://momicha.net/

双葉ちゃんねる(一部IP表示)
https://www.2chan.net/

葉っぱ天国



2ch 横断スレ検索
https://refind2ch.org/
増田真知宇 検索
https://refind2ch.org/search?q=%E7%9C%9F%E7%9F%A5%E5%AE%87

5ch/2ch過去ログ検索
https://kakolog.jp/
https://kakolog.jp/q/%E7%9C%9F%E7%9F%A5%E5%AE%87

2ちゃんねる全文検索
https://search2ch.info/
https://search2ch.info/#gsc.tab=0&gsc.q=%E7%9C%9F%E7%9F%A5%E5%AE%87&gsc.sort=



同志社卒★ 救世主 真知宇 先生★模試偏差値94★海上自衛隊幹部候補生合格★イエス再臨★ブッダの生まれ代わり インスタグラム
https://www.instagram.com/machiuchrist/




真知宇 先生の無料相談ページ★無料メール相談★無料電話相談
https://machiu.is-mine.net/consulting.htm
同志社卒 唯一神 真知宇 イエス先生の聖書研究会 聖書読書会
http://masudamachiudoshisha.web.fc2.com/
増田真知宇(ますだまちう)先生 公式ウェブサイト(連絡先 携帯番号・メールアドレス有り)
https://matiu.web.fc2.com/
真知宇 先生 ライン(Line)友達申請&連絡しよう!
https://linevoom.line.me/user/_dUN8LIek8BlRZsK5_uNjAedlEiVAoMysI6Ka7Uo
増田真知宇(ますだまちう)先生 公式ツイッター(フォロワーになろう!連絡先 携帯番号&メアド有!いいね しよう!リツイートしよう!)
https://twitter.com/machiumasuda
増田真知宇 先生を応援するツイッター
増田真知宇 先生 公式フェイスブック(フォローしよう!)
https://www.facebook.com/machiu.masuda
増田真知宇 先生 公式インスタグラム(フォロワーになろう!「いいね」しよう!)
https://www.instagram.com/machiumasuda/
増田真知宇 先生を応援するインスタグラム
https://www.instagram.com/masudamatiu/
増田真知宇 先生の海上自衛隊幹部候補生学校 案内・幹部候補生試験合格体験記
元 同志社高校写真部部長 増田真知宇 様の写真館
http://matiumasuda.web.fc2.com/index.html
増田真知宇政策研究会 寄付募集中
https://kifubosyu.exblog.jp/28560912/
増田真知宇 先生への記事閲覧・写真など報酬振込先★ライター・執筆・宣伝など仕事依頼はメールで
https://journalistmachiu.exblog.jp/32787713/
フリーカメラマン 元 同志社高等学校写真部部長 増田真知宇 先生の報酬振込先★仕事依頼はメールで
https://procameraman.exblog.jp/32824776/
便利屋 何でも屋 増田真知宇 先生への仕事依頼ページ(パスポート有・海外出張可・全国出張可)
https://benriyakansai.exblog.jp/33085021/
増田真知宇政策研究会 寄附募集中(1口5万円~年間30口まで)
増田真知宇 政策研究会ボランティア募集中
https://machiu.is-mine.net/volunteer2013.html
便利屋 何でも屋 増田真知宇 先生への仕事依頼ページ(海外出張可・全国出張可)
https://benriyakansai.exblog.jp/33085021/
社長・経営者・人事部に朗報 増田真知宇 先生 転職先募集中
https://tenshoku2023.exblog.jp/32056350/







by machiuchrist | 2023-10-04 13:00 | 真知宇キリスト